今日も元気で頑張るニャン

出会ったノラニャンコたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンの奮闘記

夏の夜は見回りテンちゃん

2017-05-03 23:14:44 | テン (店・H17年生推定・雄去)
昼間は初夏の暑さでも、日が落ちるとぐっと冷えてくるこの頃、巷はGWの真っ最中です。

テンちゃんは元気、つつがなく暮らしております。
相変わらず外ノラ相手に血気盛んではありますが、性格が少し温和になったかな?

手術から2週間経ちました。
気になるあそこは徐々にしぼみつつも、まだしっかりとぶら下がってます。外に出ると相変わらずスプレーしまくり。でも、よく見ると空撃ちマックが多くなった。本人(猫)は出してるつもりでも実際には出ていない。

リードにもだいぶ慣れて、昼間はそよ風吹く日陰の草むらで昼寝。夕方から夜にかけは店内の見回りです。(付き添いも大変。) 当初はガニ股で殆ど歩けなかったのが、今ではリードもうまくこなして、相変わらずガニ股だけどテクテク歩きます。店内は車も自転車もないので安全。テンちゃんも見回りに専念できます。

ダイフクはたまに夕方やって来るけど、ニャーモドキやカブキは殆ど見なくなりました。店に来てはいるようで、夜遅くまでいるとたまに会ったり、ダイフクの残り餌が空になったり。そのせいか、テンちゃんは夕方に騒がなくなりました。(その分夜騒いでる?) ただ、おそらく臭いがあるのでしょう。熱心に店内を見回りです。

そんなテンちゃんの夜散歩風景を写真に収めました。

          
           まずはダイフクの通り道をチェック

          
       ここは、食べ終わったダイフクが時々遊んでいく場所

          
            ここはシャッポがよくいた場所

          
            ニャーモドキの食事場所の近くで

          
               ここはカブキかな


思うにテンちゃん、昔は相当喧嘩っ早くてしかも番張ってたりして。でも何処となくポヤッとして大物の風格も。そんなテンちゃんが不覚を取って、ダニにやられて半死半生に。この店に助けられたはいいけど、結果として狭い部屋とリード付の散歩。

今のテンちゃんは、落ち着いてきたのか覇気がなくなったのかよくわからない。アフリカの草原から動物園に連れてこられたライオンなのか、ノラ生活に疲れて死にかけたはずが安住の地を見つけたラッキーキャットなのか。

ただ、テンちゃんは間違いなく家猫だった痕跡がある。家猫特有の甘え方と番張るくらいの血気。この2つを重ねて考えると、テンちゃんの壮絶な過去を推し量ることができるのです。


『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガニ股散歩のジャックさん | トップ | お見送りは下心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テン (店・H17年生推定・雄去) 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。