今日も元気で頑張るニャン

出会ったノラニャンコたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンの奮闘記

弱り足テンちゃん

2017-06-09 23:55:12 | テン (店・H17年生推定・雄去)
このブログにはいろんなニャンコが登場します。彼らの生き様をもっともっと伝えたくても、順番を回すのに時間がかかってうまくいきません。ちょっと面白いエピソードがあっても、書くのを待っていると冷めちゃって結局お蔵入りとか。

じゃあもっと(頻繁に)書けば? とか言われればその通りなんですが、トシがトシでして、それにお店に厄介になっている身分としては気遣いだの何だので結構忙しいんです。もちろんそんなオジンの世迷い言(ノラ救済)を理解してくれているお店の人たちには感謝感激雨あられ。

てなことで、これからは気になっていることを優先して書くことにしました。
今日はさっそくテンちゃんです。つい先日の記事で「達者です」と言い切ったばかりですが、実は気になっていることがありまして、まあ自分自身に対する警告も込めて書いています。

            
               ただいま日陰で休息中

気になっているのはテンちゃんの脚力低下。体力そのものが低下しているのかもしれません。理由は明白。何しろ狭い部屋とリード付の生活、運動不足が歴然なのです。かつて体調が戻った当初は、軽々と机に飛び乗り、さらにロッカーに飛び乗り、ロッカーからロッカーへと空中を飛び跳ねていました。

今はどうかというと、昼も夜(多分)も一日中寝そべっています。最近では、散歩に出ても歩こうともせずにその場にドテッ。日向だととりあえず日陰まで歩いてドテッ。とにかく何があってもドテッ。

            
        裏の草場から(自分の事務所がある)店内を見つめる

事務所では机に飛び乗るのに一苦労。まず前足でしがみついて、後足でバタバタと(引き出しの辺りを)蹴ってよじ登ってます。そのときの顔が必死の形相で・・。いや笑えません、これは心配しなければいけない状況だと思うのです。

ニャーもそうですが、何だかニャンコってのは感受性が強いのか、リードを付けられると被拘束感を強く感じて厭世的になっちゃうんじゃないかと。今のテンちゃんは無気力これに極まれり、の感すらあります。

            
           自然の風に当たってのお昼寝が大好き
                (いつも寝てるくせに)

さてさて、こんなことでいいのでしょうか。
果たしてテンちゃんは幸せだと言えるのかどうか。
動く必要がないから寝てるのであって、これは安心安全のなせる業だ。ニャンコはもともと怠惰な動物だから、厭世的だなんてとんでもない、むしろ幸せいっぱいなんじゃないかと。

逆に、やはりリード付じゃかわいそうだから、せめて野に放って自由気ままに暮らさせたら、と考える人もいる。テンちゃんが求めてきたときだけお世話する考えだ。かつてニャー、シャッポ、チビがそうだったように。

いずれにしても、テンちゃんにその判断はできない。
保護者にしかわからない情報があるからです。それは、もしかしたらテンちゃんのエイズが発症するかもしれないこと(今は軽い口内炎)、それに疥癬がいつ再発してもおかしくないこと。テンちゃんには不本意かもしれないけど、保護管理下にないとまっとうな生活ができなくなる可能性が高いのです。

だから、テンちゃんを自由にする選択はありません。本人(猫)と一緒に保護者も悩んで、悩んで悩んでよりよい生活を送るしかないのだと思ってます。ニャンコの保護者になること、それはひとつの命、そしてひとつの人生(猫生)を預かること。だから悩む。でもどんなに悩んでも、ニャンコはそれを補って余るほどの癒しをもたらしてくれるのです。

            
          最近のテンちゃんの居場所はドア横のサブ机


『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テツとの対話 その10・君の... | トップ | ニャーへの手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テン (店・H17年生推定・雄去) 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。