さんぽ道 blog



ジイジとばぁばと若い彼ら♪

恵まれた猫

2017-06-22 23:35:16 | 吾輩は猫である。


2年前の大雨の7/7 七夕さまの早朝に家の近くの溝の処の電信柱の根元で びしょびしょに濡れて、微かな みゃーみゃーと鳴く声で 助かった子猫。



大きくなったもんだ。
全く、外の世界を知らずに育ってしまった。

その前の7/2、先代猫、くろっぴの命日の日に、くろっぴのの墓前で呟いた一言。
「お母さん、寂しいから かえっておいでよ」
きっと、彼が身代わりで送って来た猫だと思ってるよ。
元気で大きくなってるからね。

外猫のクロちゃんも、頑張ってるからね。
こちらも守ってやってね🎵
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広くなった庭 | トップ | 棚から柏餅(笑) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keba)
2017-06-23 14:26:41
いろんなところで縁がつながっているんですねぇ

それにしても立派になりましたね~
家猫ちゃん (ゆり)
2017-06-23 16:35:01
こんにちは。

外猫ちゃんだけではなく、家猫ちゃんもいたのですね。
わたくしも・・・飼いたかったんですが・・・
ですが、あの猫ちゃんは家猫だと何人かが言うんです。
野良だと家の中には入りたがらないって・・・
幸せな猫ちゃんにほろり・・・
kebaさま (てちこ)
2017-06-23 18:41:33
ご縁なんでしょうねぇ~♪
てちゅが現れた日、うちより近いお家でも鳴き声が聞こえたそうですが、いくら探しても見つからなかったって・・後で言われました。
きっと先代猫のクロッピが私の処に送った猫だったのでしょう。

先代猫を知る人は、てちゅと違って、温和な子だったね!って。(笑)
また・・もうすぐ命日が来ます。
ゆりさま (てちこ)
2017-06-23 18:47:49
きっとミーちゃんは、どこかの飼い猫か?飼い猫だったかでしょう。
ずっと野良だった子は滅多に人を信用しませんもの。
ばあちゃんちに、前足の腐った猫が現れました。
誰かが捨てたのか?迷子になったのか?ご近所のお家に上がり込んで、皆困っていました。
足が腐敗して凄い匂いがするんです。
だけど、ちょっと優しくすると、飼い猫のご飯どころか?寝床まで占領してしまう。
助けてあげたいけど・・ねぇ。
無理でした。市に電話しても何もしてくれませんでしたよ。

うさぎさんや鳥さんを飼っていると無理ですよね。
外ネコさんでよかったら・・で。(^_-)-☆

コメントを投稿

吾輩は猫である。」カテゴリの最新記事