石川県 金沢市の司法書士・行政書士 松村義信のブログ(不動産登記、会社登記、相続、遺言、後見、債務整理・過払、簡裁裁判)

今でも時々聞かれます。司法書士って何する人?それは・・・ (石川県 金沢市 の司法書士・行政書士事務所のブログ)

関わりたくない親戚の相続

2016-11-15 18:09:08 | 相続、遺言
数年前に亡くなった父とどう付き合うか、未だに悩むことがあります。松村です。



憎いあんちきしょうだって亡くなってしまったら許してあげれば良いじゃない、とは思う。
でもね、それでも許せないって人がいたとしても、人の数だけ生活があって、その中で感情の動きがあって、色々な関わりがあって生きているので、安易に他人様の私生活に批判や論評を加えたりしちゃあいけないと思うの。
なんか、最近は他人の私生活にケチをつけるのが流行っているみたいだけれど。

二度と関わりたくないあの人が死んで、あなたが相続人になった場合。どうすれば良いか。
相続人である以上、他の共同相続人その他利害関係人から連絡が入ることになると思います。
この連絡を一切無視する方がいますが、これは悪手です。
あなたが相続人である以上、あなたの関与なしに手続きは終わりません。
なので、無視し続けているあいだ中、ずっと連絡が来ることになります。
関わりたくないから無視しているつもりが、無視しているが故に関わりが終わらない、という事になってしまう。

んじゃあどうすれば良いか、ですが。
・相続放棄をする。   又は
・我慢して遺産分割協議に応じる。  
 (その際、弁護士に代理人になってもらえば直接連絡を取る機会が減って気が楽)
のどちらかにしましょう。

ちなみに相続人は負債も含めた遺産の一切を引き継ぐ事になります。
相続放棄ができるのは、相続があったことを知ってから3カ月以内。
無視しているうちに、相続放棄が出来なくなって、負債を引き継ぐことになるという怖さもあります。
相続の連絡を受けた場合に、事情はどうあれ無視をするのは自分のためになりません。



(遺影の前で)どんな顔をすればいいかわからないの。
司法書士 ブログランキングへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県金沢市 司法書士・行政書士 松村義信
事務所ホームページは http://www.office-ym.net
相続・遺言について(作成中)http://kanazawa-souzoku.com/
後見について(作成中)http://kanazawa-kouken.com/
不動産登記、相続・遺言、会社登記、成年後見、裁判、帰化
債務整理(任意整理・破産・個人再生)、過払い金返還請求、
その他相談無料です。
お問合せはoffice-matsumura@mountain.ocn.ne.jp 
又は 076-213-5071 まで。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週のご予約について(無料... | トップ | 旧姓でも登記できます(会社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL