たのしい夢日記

京都奈良寺社巡り・思い出・読んだ本…日々のあれこれを写真と共に。

空梅雨。

2017-06-19 22:06:06 | 西国三十三所観音巡礼
梅雨入りしてどのくらい経つだろうか?

今年は相当の空梅雨らしいが、今日も6月末近く、梅雨真っ最中の時期なのにかんかん照りの暑さ、京都では30度を越したらしい。

このブログも、生活環境が変わってからしばらく放ってしまった。

先月も奈良の西国三十三所のお寺をいくつか回ったのだけれど、写真も整理する余裕がなく。


今日は滋賀県の長命寺、西国三十三所三十一番。

数年前、同居人が前の会社のバーベキューで滋賀県に行ったときに寄ったというお寺である。

「石段が大変だった」と言っていたのが記憶にあった。「そういえば西国って札があったな」とも。





バスを降り、お土産屋さんの前を通ると石段が見える。これか。

しかしながら、私の持っている「まっぷる西国三十三所」では、「きついのでお勧めしない」と書いてある。また、NAVITMEでも、車の通る道路を上がるようにナビしてくれている。

・・・でもまっぷるは、おそらく「ゆるめ」をお勧めするのではないだろうか。後から文句言われても困るだろうし。

現場で聞いてみよう! お土産屋さんの人に声をかける。


「あの、この石段、きついんですよね?」

「そうだけど…車の道行ったら時間3倍かかるからね…」(山道だからくねくね上がるのだ)

「どっちがお勧めですか?」

「行きしは石段、帰りは車の道だね」

じゃ、行ってみよう…え!808段だって!! お気に入りの長谷寺の登廊400段の2倍か。 でも400段上ったからって死ぬほど大変でもないしな。一回降りてからまたあそこの400段、登れると思うしな…


うん、石段だけど…登るにつれて石段と言うよりは石組と言うか…山道に石がはめ込まれてると言うか…いやいやなかなかのものだ。

道理で、一緒にバスを降りた60代ほどの女性4人組、山登りするような恰好だったわけだ。

私はというと、帰りに京都か大阪で買い物をする予定だったので、ロングスカートに今時の薄手のロングカーディガン、というちゃらちゃらした服装で、しっかり浮いてしまっている。


まあしかし、足元は無論、楽な靴で来ているので、別に山ガールしなくても、石段位登れるのだ。

つづくつづく。



時折お地蔵さんも現れる。








登り切って境内に入ったらまた石段(笑)

駐車場からでも、「きつ~い、こんなん年取ったら参拝なんか出来ひんわ」と手すりつかみながら女性がやってくる。

私がバス停から上がってきたと言うとあきれていた。




まっぷるでも紹介されていた通り、ちょっと早いがあちこちに大好きな紫陽花が。境内はとてもきれいに整備されている。

遠くにちょっとだけ琵琶湖の端っこが見える。のどかな田園風景。ずいぶん上がってきたんだなあ。










いつもどおり参拝、ろうそくとお線香を供え、ご朱印を頂く。

頑張って登ってきたので「心願成就」のお線香も供える事にする。観音様も聞いて下さるかな。

帰りはお勧め通り、車の道をのんびり降りる。正解。石段登ってよれよれぐらぐらの脚では、あの急な石段、手すりもないから危なかっただろう。地元の人の意見は聞いておくものだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しかった3月。 | トップ | メディアワークスの本...ビブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。