たのしい夢日記

京都奈良寺社巡り・思い出・読んだ本…日々のあれこれを写真と共に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暑さもおさまって。

2017-10-03 00:01:59 | 御朱印帳
「ご朱印集めるのやってみようと思って、ご朱印帳買ったんです」

今年の新卒のS先生が言う。

「あ、私もやってるよ。どこで買ったの?」

「今宮神社です」

あ、なんか人気あるよね…

「野菜の絵がついたのです」

ああ、そうだった!! あの可愛いのね!


神社のご朱印帳の、人気筋の中の一つだ。 そう言えば、まだ行ったことがないのだ。西陣の八百屋の娘だった女性が徳川綱吉の御生母になり…と言う事で「玉の輿神社」と言われているそう。野菜の絵がご朱印帳に描いてあるのはそういうことなのね。

暑さもさすがにおさまってきたし、てくてく歩いても大丈夫だろう。S先生は京都にある大学の出身、京都歩きは慣れており、自転車でまわるらしい。


日曜日は最高のお天気。

締日翌日というのに6時起き、でも起きられるものだ。電車では少し居眠りしたけれど。

まずは今宮神社。




あれ?なんか妙に賑やかだ。 市がたっているのだ。小道具、きもの、漬物などの出店がならんでおり、なぜかスピーカーからアニメソングのようないかにも、というアニメ声の歌が。そのスピーカーを調節しているのはダークスーツの紳士、という…

良く歌を聴いてみると、「ネクタイしようぜ~~たまにはネクタイしようぜ~~」

傍の織姫社の辺りには、「ネクタイ供養」という幟がたっている。「ネクタイ協会」のお詣りが行われているのだ。織姫、だから西陣の会社がお詣りに来るということだが、ネクタイも無論関係あるだろう。そんな協会もあるんだなあ…。代表の方が挨拶をし、禰宜のお祓いがある。

「クールビズが始まり…我々の状況も年々、厳しくなっております…」確かにそうだろうなあ…


さて、ここでのお楽しみは、あぶり餅。



以前清凉寺で初めて食べたが、一口大のお餅を焼いて、その上から味噌味のたれがかかったもので、実に美味しい。

今宮神社前には2つ店が並んでて、不倶戴天の敵同士だとか(笑)

呼び込みがすごい。

まだ店に近寄ってもいない私に「おひとり様ですか」

あれ? まだ入ってないけど…まあいいや、食べるつもりだったんだから。

ここから南に歩くとすぐにあるのが、船岡山。ここの南端が平安京の北端、と決められたという場所である。ここには建勲神社。織田信長が主祭神の神社だ。
信長ファンとしては行っておかなくては。





信長と言えばやっぱり、これだよね。私より若い時に亡くなったんだなあ…









ひと気はないが、立派に整備された神社だ。なんたって、酒樽がいっぱいある。明治天皇が決定されたという官幣社だそうで。

幣が置いてあって、「左右と振ってお詣りください」とあるので振ってきた。



普通の人でも振っていいのね。




船岡山はそう高いというわけではないが、なかなか景色が良い。信長が焼いた、という比叡山がまっすぐ前に見えるのはわざと、か?



さ、次は「sodakyoto」で見た「平野神社の紫式部」観賞。

ここは桜の方が有名だが、今時期は庭園で紫式部が花盛り。





うん…地味よね。

綺麗なんだけど、あんまり、フォトジェニックじゃない。肉眼で見た方が味がある花の典型だ。

紫式部もこういう人だったのでは。地味だけど、そばで会ってみると味がある、というような。そんな気がする。




さて、4つ目の神社は、平野神社からまた10分ほど。住宅街を南へ歩いていくと突然、ストップがかかる。

傍を通った車も係の人に止められる。

「お祭り通るからね、行けませんよ!!」

お祭り通る???




おお、この梅マークは天神様、菅原道真公の!!

そういえばここを東に行くと北野天満宮。北野祭、というものらしい。

可愛らしいお稚児さんたちも行く。面白いものに出会った。











さて、今回の神社パワースポットめぐり最後は、大将軍八神社。

一昨年かな?ここのご朱印帳が欲しくて行ったら、「もう全部出てしまいました。次いつ入るかわからないですし、入ったらすぐ出てしまうんですよ」と言われすごすごと帰ったのだが、今回はどうだろう。ネットでも「売り切れでした」と書いていた人がいたが…そろそろ、今使っている平安神宮のものがいっぱいになるので、今回はぜひ欲しいのだが。


ご朱印受付には、ご朱印のサンプルと、ご朱印帳が置いてある!! 前回の様に売切れの札も立っていない。

「前に来た時買えなくて」と話すと、「ああそうですか…最近はいつもありますよ」とのこと。

かなりの人気だから、在庫増やすようにしたのだろう。収穫だった!!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜散歩・なら燈花会

2017-08-12 22:27:42 | 現実
暑い。

大阪の夏が暑いのはいつものことだが、相方が茨城に住むようになり、関西は「とりわけ」暑い、と確信を持てた感あり。とにかく湿度の高さと、陽が落ちてもむっとこもった暑さ。

茨城は夜になると、北海道のように、夜になったら真夏でも「寒い」という言葉が出るほどではないが幾分過ごしやすかったし、昼間も湿度が低かった。


折角の夏休み、どこかに出かけよう、と思ってもこの暑さでは、歩き回るのもためらわれる。夜にしようか、あちこちライトアップもあるし…。



「京の七夕」もいいが、何度も行っている。

奈良のライトアップはどこも行ったことないし、試してみようか。


夕方の日差しの長さとこもる熱気の中、近鉄電車で奈良へ向かう。 

すでに薄暗くなりかけているが、興福寺の辺りは人でいっぱい。




石段を降りて猿沢池へ。








ここから、東へ向かい、人気スポット、浮見堂へ。





おお!さすがに、池に映る浮見堂、池の周りに廻らされた灯り、そこに小舟の提灯の灯りも混じって、綺麗。

写真を撮って早速インスタ、というスマホの人々が大勢。




ちっさいせんとくん発見!!




さて、ここからは広々とした会場へ。




前を歩く浴衣姿のカップルの男の子の方が言う。

「オレ奈良なめとったわ。奈良に住んどんのに」







まさに、これだけの人が出ているのに蝋燭の灯りは幻想的。
  
周りの人々の話し声は、夏の宵のそぞろ歩きの楽しさを増すようで。

それにしても奈良公園、広い!!









こんな「光の廻廊」もあり。




「一客一燈」と言う事で蝋燭を置いてくることもできる。






仲良しカップルが置いていったらしいハートがあちこちに。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南円堂。その後、法華寺、海龍王寺、そして業平寺。

2017-08-10 22:11:36 | 西国三十三所観音巡礼
4つもお寺を巡るって、大変?と言う事は、京都、奈良では、ない。

なんたってお寺だらけなのだから。


5月、確かあの日は結構暑かったな。歩いて歩いて。


興福寺南円堂。八角形の美しいお堂だ。観音様の浄土、補陀落山の形なんだそうな。



藤原氏ゆかりの、南円堂すぐ傍の藤は残念ながら終わっていたが、橘が花盛り。



三十三所のご朱印を頂いた後は、小さなお寺3つを回る事にした。


まずは近鉄奈良駅に戻り、ひとつ隣の新大宮駅まで。ここから北に歩いていくとまず、法華寺がある。瀬戸内寂聴さんがここを良いと書いておられた気がする。

回遊式庭園があり、杜若が美しい。江戸初期のものだそうだ。国の名勝になっている。




また、華樂園、と名付けられた庭にはたくさんの種類の花々が咲き乱れている。

 




そこから5分ほど行ったところが、海龍王寺。



途中には、こんな趣ある道も。



このお寺は光明皇后が住まいにされたという場所だそう。

遣唐使の玄昉が道場にした、というのだから凄い。

建物はそれ程立派とか、というのではないがとにかく歴史が古い。指定文化財がたくさんあり、奈良時代の五重小塔(ミニチュア五重塔!!)など、国宝の割には、ぽん、と金堂に置いてある。





面白かったのは、子供にもわかりやすく、というようにマンガで海龍王寺の歴史を描いたものがあったこと。






さて、このあたりでかなり、暑くてしんどくなってきた。

お腹もすいた…しかし並んでいるのは家ばかり…というのは、お寺巡りをしているとよく起こる事だけど、あ、この家、実は店じゃない?

自家製豆腐、と書いてある。売ってるだけ?入ってみる。やはり食べ物屋さん。よかった…不退寺まではちょと歩きそうだし。

1200円で豪勢な豆腐膳、なかなかである。


不退寺は、「業平寺」として知られている。むろん、「在原業平」だ。「法輪を転じて退かず」からきているらしい。

こちらも「花の寺」と言われている。

思ったよりはるかに小さなお寺で、境内も狭いがその中をびっしり花木が、というのは、以前行った花の寺「岩船寺」にちょっと雰囲気が。ずっと狭いけれど。




奥の方に石棺があって、草を刈る人たちが鎌を研いだらしい跡があるとか。見てもあまりわからなかったが、古墳から出てきたものらしい、とある。

棺桶だろうがなんだろうが、研ぐのに便利だったら昔の人は気にせんかったのか、なんだか可笑しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡寺。しゃくなげ。ダリア。

2017-08-09 21:35:48 | 西国三十三所観音巡礼
さて、記憶をたどろう。今年4月の記憶だが、その前に…

初めて行ったのは確か、昨年のお正月。

初詣に行くのに、京都は人が多いし、とドライブがてら、飛鳥寺の後に訪れて、山中にこの大伽藍!?と驚いたお寺だ。


岡寺は、もともとは草壁の皇子の岡の宮を道場にした、というのが始まりと言うから、千年以上前からの歴史あるお寺である。
日本最大の塑像があり、最古の如意輪観音さまだそう。斜めに肘ついたりしてなくて、如意輪観音ぽくない観音様だ。



今回は一人だから、車ではなく近鉄電車とバス。4月の快晴の日、気候も、晴れてはいても日陰は涼しく、パーフェクト!である。


バス停辺りはちょっと、こじゃれた店があったりして、門前町風、ドライブで駐車場から行くのとはちょっと雰囲気が違う。バス停降りたすぐが門になっていて、そこから参道の坂道を上がっていく。(これがけっこう登る…)

やはりこの方が「参拝感」があるものだ。




手水舎が美しい!!





この季節は、この岡寺はしゃくなげ寺として有名だが、後でwebで見ると、このダリアの意匠もあちこちで取り上げられていた。

子供の頃住んでいた家にもダリアたくさんあったな。

実は薔薇の方が好きでダリアはそれ程…と子供の頃思っていたけれど、こうして手水舎の水に浮かんでいるダリアは、洋風の花なのにぴったり、合う。

無論しゃくなげも花盛り、素人カメラマンも多い。





山の表面がしゃくなげに覆われている、と言った風情で、冬とは違って華やかだ。





願い珠がかわいらしい。

しゃくなげの小道を行ったり、三重塔から本堂を眺めたり、上がり下がりがあるので散策にもなかなかよい所である。

1月の、奈良盆地のきりりとした寒さのなかでも、ゆるやかな春の陽の下でも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だるまさんのお寺・勝尾寺

2017-08-07 19:00:51 | 西国三十三所観音巡礼
台風がやってきた。

公休の月曜日だが、これではどこかに出かけることもままならず、家に籠っているしかない。


3月4月は慌ただしかったため、この頃に訪れた西国三十三所のお寺の事は書けていなかったのが心にかかっていた。こういう時に写真の整理をしようか。

勝尾寺は3月、相方の車でお詣りした。大阪の北、それほど遠いと言う場所ではないが、2月に行った生徒さんから、「雪、結構あって車怖かったですよ」との事だった。

箕面辺りまで行くと気候、変わるんだなあ。


晴れの気持ち良いお天気、3月なのでもうそれ程寒くもない日。単車の人がいっぱいいいる。後で聞いたところによると、単車好きな人にはこのあたりは人気らしい。




お浄め橋にはこんな演出あり。







清和天皇の病気平癒祈願から、「王に勝った」⇒「勝王寺」⇒「勝尾寺」となったとの事、なんにでも「勝つ」お寺なのである。源氏、足利氏、など武将にも人気だったそうだ。

願いがかなったら片目を描く、という普通のだるまさん、あちこちにいっぱい置かれている。なかなか、可愛らしい感じである。境内は物凄く広く、山一つ分、と言う感じ、「花の寺」とも言われていて花々も綺麗だが、紅葉もよさそうだね、と相方と話しながらのんびり歩き回った。

やはり勝運を願う方が沢山祈祷をお願いするためか、お金ありそうなお寺で、庭の整備もしっかりされている。

無論私も可愛いだるまさんをゲット。

勝ちましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアワークスの本...ビブリア古書堂の事件手帖

2017-07-14 21:08:00 | 読んだ本について
「ライトノベル」に学生時代親しんだ社会人に手に取ってもらい、またそれ以外の層にも受け入れられるような本を作っているのだそうな。

メディアワークスってなんだ?と思ったのだけど、結局カドカワだったのね。


この「ビブリア...」は、タイトルに惹かれつつもこのメディアワークスの本の一大特徴、「表紙がマンガっぽい」でちと、手が出なかったのだが。
「ジャケ買い」て言うのもあるらしいが。


偏見だった。結構、私の年齢でも面白く読める。

主人公はやはり20代ではあるが、主な登場人物は、その親世代が多く、つまりは私位。

古本を巡る謎解き、というのが新しく、またその古本も、ブラックジャックから太宰治、はたまたシェイクスピア、とバラエティーに富んでいる。

相方は新しい本しか買わないが、私はたまに古本も買う。

もう古本でしか読めないものもあるし、なんたって安上がり。
読んではみたいが、700円もかけたくない、って程度のもあるし。

しかしながら、もう老眼進んでしまって、古本だと字が小さすぎてあきらめないといけないこともあるのが切ないが。

札幌で独り暮らししていた頃から古書店にはよく行っていた。
留学前に自分の本を売りにいって、意外にも一万円以上になり驚いたことも。

大阪に越してきた頃は、駅前第3ビルにいくつもあった古書店巡り、数時間やっていた。

シドニーにもあって、たまに買っていた。
海外では、新しい本は実に高価でなかなか手が出ないものだ。重いから仕入値高いんだと聞いた。
古書でもそう安くなかったので慎重に選んだものだ。

「ビブリア...」の主人公の勤める古書店に置かれる本の描写を読んでいると、カビ臭いような、古本独特の匂いを思い出す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空梅雨。

2017-06-19 22:06:06 | 西国三十三所観音巡礼
梅雨入りしてどのくらい経つだろうか?

今年は相当の空梅雨らしいが、今日も6月末近く、梅雨真っ最中の時期なのにかんかん照りの暑さ、京都では30度を越したらしい。

このブログも、生活環境が変わってからしばらく放ってしまった。

先月も奈良の西国三十三所のお寺をいくつか回ったのだけれど、写真も整理する余裕がなく。


今日は滋賀県の長命寺、西国三十三所三十一番。

数年前、同居人が前の会社のバーベキューで滋賀県に行ったときに寄ったというお寺である。

「石段が大変だった」と言っていたのが記憶にあった。「そういえば西国って札があったな」とも。





バスを降り、お土産屋さんの前を通ると石段が見える。これか。

しかしながら、私の持っている「まっぷる西国三十三所」では、「きついのでお勧めしない」と書いてある。また、NAVITMEでも、車の通る道路を上がるようにナビしてくれている。

・・・でもまっぷるは、おそらく「ゆるめ」をお勧めするのではないだろうか。後から文句言われても困るだろうし。

現場で聞いてみよう! お土産屋さんの人に声をかける。


「あの、この石段、きついんですよね?」

「そうだけど…車の道行ったら時間3倍かかるからね…」(山道だからくねくね上がるのだ)

「どっちがお勧めですか?」

「行きしは石段、帰りは車の道だね」

じゃ、行ってみよう…え!808段だって!! お気に入りの長谷寺の登廊400段の2倍か。 でも400段上ったからって死ぬほど大変でもないしな。一回降りてからまたあそこの400段、登れると思うしな…


うん、石段だけど…登るにつれて石段と言うよりは石組と言うか…山道に石がはめ込まれてると言うか…いやいやなかなかのものだ。

道理で、一緒にバスを降りた60代ほどの女性4人組、山登りするような恰好だったわけだ。

私はというと、帰りに京都か大阪で買い物をする予定だったので、ロングスカートに今時の薄手のロングカーディガン、というちゃらちゃらした服装で、しっかり浮いてしまっている。


まあしかし、足元は無論、楽な靴で来ているので、別に山ガールしなくても、石段位登れるのだ。

つづくつづく。



時折お地蔵さんも現れる。








登り切って境内に入ったらまた石段(笑)

駐車場からでも、「きつ~い、こんなん年取ったら参拝なんか出来ひんわ」と手すりつかみながら女性がやってくる。

私がバス停から上がってきたと言うとあきれていた。




まっぷるでも紹介されていた通り、ちょっと早いがあちこちに大好きな紫陽花が。境内はとてもきれいに整備されている。

遠くにちょっとだけ琵琶湖の端っこが見える。のどかな田園風景。ずいぶん上がってきたんだなあ。










いつもどおり参拝、ろうそくとお線香を供え、ご朱印を頂く。

頑張って登ってきたので「心願成就」のお線香も供える事にする。観音様も聞いて下さるかな。

帰りはお勧め通り、車の道をのんびり降りる。正解。石段登ってよれよれぐらぐらの脚では、あの急な石段、手すりもないから危なかっただろう。地元の人の意見は聞いておくものだ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙しかった3月。

2017-04-03 23:25:02 | 現実


忙しくなるとは思ってたけれど予想通り。

そもそも3月は募集期。ここで稼がなくていつ稼ぐ、という月。
4月から来る新卒さんの面倒見る予定も立て。数字も作り。

4月から単身赴任的に茨城県に赴き、実家の家業を継ぐ同居人の準備。同居人も22年大阪で働いて、もうほとんど関西人だ。関西でもビジネスやりたいから、と、家は大阪に置くと言う。

同居人のバースデーはお気に入りの温泉へ。

次の週は3日ばかり同居人と共に茨城県へ。仮住まいの準備、買い物など。

帰って来て入籍の手続き。
お世話になった方達にご挨拶。
28日に同居人は旅立ち、私は独り暮らしの始まり。

なんとか去年並みのよい成績で3月も終わり(ふうう)、〆がアメリカ人の同僚の先生の結婚披露宴、昨日だった。

けっこう、目まぐるしかったなあ。

今日もネイル行ったらなんだか眠くなってしまった。

家の中は、披露宴で頂いた花の香りが漂っている。

披露宴用のバッグ、なんかないかな、小ぶりの...と探したら出てきた、母が使っていた白いメッシュのバッグ。

もしやと思い脇のポケットを見てみると、案の定何か紙が。絵の展覧会のだ。札幌の三越。

日付は1997年。丁度20年前だが、バッグは一向に傷んでいない。

頂いた百合のアレンジメントと記念撮影。なかなか、似合う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山県のお寺・粉河寺

2017-02-15 23:55:30 | 西国三十三所観音巡礼
電車に乗って、知らない場所を旅するのは楽しい。

ドライブも楽しいけれど、ひとり電車の窓から景色を眺めながら、もいいものだ。別にいい景色でなくても、目に入るものが珍しくて、というのもある。

と言う訳で和歌山までJRで行くことにした。目的地は和歌山県、紀の川市の粉河寺。西国三十三所第三番だ。


スマホのナビタイムで一番早く着くルートを選ぶと、JR熊取駅からバス、とある。乗る。


…これが最短ルート??思いっきり山越えじゃん!! 4人しか乗っていないバスは、谷底に落っこちそうな道をびゅんびゅん走る。

途中、何もない山中に「犬鳴山温泉」とある。これは、秘境の湯だわあ…後で調べてみると、修験道の霊場と書いてある。ちゃんとじゃらんで予約もできるのだ。行ってみたい気になってしまった。

バスは無事、粉河駅に到着。ここから15分位、山に向かって歩くが、門前町の風情を…などとガイドブックにあったので、ちょうどお昼時、そのあたりにお蕎麦屋さんでもないだろうか、と歩き出す。ちょうど12時だ。

門前町…いや、店らしきものはところどころにあるけど、食べ物屋さんはないよね…それに人も歩いていない。 どちらかといえば、北海道の、故郷の町を思い起こさせる静かぶりだ。お土産屋さんや、古い街並みを期待していた身には拍子抜け。

と言ってる間に粉河寺の門まで来てしまった。




門の前にやっと、お土産屋さんらしき店が。「ぜんざい、蕎麦、柿の葉寿司」と書いてある。柿の葉寿司、いいね。


「柿の葉寿司、何個ですか?」(あんまり多くても食べきれないし)

「ああ…今日控えめに仕入れたらもう全部出てしまって…」 (今12時、ちょうどランチタイムなんだけど売り切れって…)

しかたなく、ぜんざいを注文。なんとなく、蕎麦はコワイ気がする。以前、三井寺の脇の食堂でびっくりするくらいまずい蕎麦を食べたからだ。


粉河寺本堂まではちょっと歩く。 早咲きの梅が遠くに。




国宝、粉河寺縁起絵巻で知られているお寺。

童姿の行者が現れて千手観音像に変わったとか?と言う面白い始まりのお寺だ。





本堂前の庭も変わっている。石がごろごろしていて、ソテツが並び、なんとなく和歌山らしい南国風情が。京都や奈良のお寺の庭とは随分ちがう。賞式蓬莱庭園、というそうで、国名勝である。



それほど広い境内ではないが、歩き回っているうちに「やっぱり蕎麦にしとけばよかったかな…」と思い始める。

いくらお餅入ってたと言ってもぜんざいじゃランチにはならないよね…でも今更戻ってあそこで蕎麦もなあ…

やめとこ。

いつも私は、こういう時のためにソイジョイをバッグに入れているのだ。寺社めぐりをしていると、山の中のお寺なら周りになにもない、と言う事もよくあるからだ。

帰りはバスでなく電車で和歌山駅まで。

有吉佐和子の「紀の川」読んだなあ、と思いながら広い川を眺める。ゆったりした大河だ。

和歌山駅のセブンイレブンでナッツをgetして小腹を満たしつつ、JRで帰阪。

西国スイーツ巡礼、というのも実はあるらしいのだが、なんか前回から食べ物寄りの話になっているなあ…。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しい和菓子・・・穴太寺

2017-02-13 21:45:36 | 西国三十三所観音巡礼
和菓子が好きである。

何と言っても好物中の好物は桜餅。桜の季節にしか食べないと(基本)決めてはいるけれど、そろそろ行きつけのスーパーに、お気に入りの美味しい桜餅が出てきていてついつい手を伸ばしてしまったり。

趣味の寺社巡りをしていると、そこの売店などで美味しいものに出会ったりしてしまうもの。

20年前に、友人の義理のご両親(オーストラリア人)が見え、奈良のバスツアーにお付き合いしたことがある。ところどころ通訳を兼ねてだが、私も行ったことのない場所ばかりでずいぶん楽しめた。

そのひとつ、安部清明ゆかりの安部文殊院で、ご両親が落雁の箱入りのものを買って、「お礼に」と私に下さった。ひとつが大きいし、結構入っているけど食べきれるかな?と思いきや、自然な味で、物凄く美味しい落雁、あっという間に無くなってしまった。

落雁買いにだけいく、と言うような場所でもなく、ずっと、「あれ、美味しかったな・・・」「また食べたいな・・・」と思いつつ行く機会も作らずいたが、3年ほど前に同居人に車を出してもらい、行ってみた。



あった!記憶にある通り2色のずっしり重い落雁。手作り、と書いてあった。美味しさも記憶通りで、甘いものはあまり食べない同居人も喜んで食べていた。


1月末、京都のはずれ、亀岡にある穴太寺まで出かけることにした。西国三十三所、第二十一番だ。電車で嵐山方面に向かう。みな、嵯峨嵐山駅で降りていくが、私は保津峡を越えその先まで行くのだ。





田舎道をのんびり歩く。寒い事は寒いが、15分くらい歩けば結構、暖まるものだ。





穴太寺は古色蒼然というとあまり良い言い方ではないが、良い具合に古びたお寺、という風情。住宅街の中にあるのだが、立派な伽藍、良い形の多宝塔もある。ここも観光寺という所ではないので、西国三十三所のお詣りの方々がぽつりぽつりとやってくる。



聖観音菩薩さまがご本尊だが、本堂に釈迦涅槃像もある。「なで仏」と言われているそう。涅槃像なので、横になっているのだが、お布団かぶっているので(信者の方が寄進されたのだそうで)何とも言えず可愛らしいというか、親しみやすい。私も撫でさせて頂く。

残念ながら池泉回遊式の庭園はクローズ。冬場は開けないのかな。







このあたりは京都のかなり北になるので、まだ雪も残っている。



ご朱印を頂き、調べておいたバスに乗ろうと歩き出す。あれ?ここにもバス停、あった。時間を見ると、あと10分位で来る。こっちで行こうか。

バス停の前はお土産屋さんになっているので、ちょっと覗いていく。

意外にも、京都市内の和菓子店のようなこぎれいな一角、ちょっと良さげな和菓子コーナーがある。

このあたりは黒豆の産地、やはり黒豆のお菓子が置いてある。「どうぞ」とお店の方が試食を勧めてくれる。黒豆の砂糖漬けと栗の砂糖漬けだ。

美味しい!!

「マロングラッセだとくどいけど、これそんなことないでしょう?」

「ほんとですね」

原材料は黒大豆、食塩と砂糖としか書いておらず、確かに甘すぎずどちらも私好み。

見つけちゃったなあ・・・また。

私も同居人もそれほど栗は好きではないので、「黒豆しぼり」を購入。職場用にも箱入りを。





職場では、「これ好きです、ずっとたべていられますっ!」という子もおり、同居人も「甘くなくていいな」ともそもそ食べている。

しかしこの黒豆買いに亀岡のはずれの方までまた、行くかねえ…。

袋の裏を返してみる。なんて店だっけ? 

若菜屋、とある。 京都市下京区…あれ?? 本店は市内じゃん… 道理でこじゃれた店と思ったわ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の貴船神社

2017-01-16 23:22:01 | 現実
何事にもタイミングというものはある。

先週末は大寒波が来るとの予報。実際、寒かった。しかしこれが月曜まで続けばチャンス!

去年は撮れなかった京都の雪景色が撮れるかもしれない。いいタイミングだ。


日曜には何度もTwitterをチェック。結構、京都のあちこちの景色の写真をアップしている人がいる。しかも相当の雪の量だ。これならば、寒さが続けば、山の方なら融ける事はないだろう。

以前から、貴船神社と雪、の写真を狙っていたが、イケるかも?

貴船なら雪で歩きづらい事も出てくるかも、ブーツより、以前北海道に冬、帰省する前に買った、裏に滑り止めの付いた靴がいいだろう。

意気揚々と出かけたはいいが、京橋駅で降りて気づいた。なんか、靴から出てる?ごみついた?

・・・靴の表面剥がれてる・・・ 安物の古い靴だしなあ・・・しかたないか、剥がれそうになってるとこ、もう剥がしちゃおう。そういうデザインだと言う事にして・・・それどころじゃないじゃない・・・右足、かかと部分、半分無くなってる!!

そうよね・・・冬に帰省したのは10年位前である。それ以来、使っていなかったはず…経年劣化するのは当たり前だろう。しかし、玄関に置いた時にはまったく、なんでもなく見えたのだ。歩きだして力が入って崩壊しだしたのだ。歩いてる時に気付かないのもどうかと思うが。

あーあ、仕方ない…京都まで頑張って、靴買おう。

10時半京都到着、ちょっとだけ雪が舞っている。河原町のABCマートまで恐る恐る歩く。全部崩壊したらどうしよう。今、お手洗いで左の靴底が完璧取れてしまったのだ!

そしてABCマート、オープン、11時…タイミング、よねえ…いや、ここで30分、カフェでなんか食べてよう。出鼻くじかれた感あるけど、ちょっと早いがここで何かおなかに入れて行けば、貴船でお腹空いて、ランチに時間とられるってことないし、それに! この雪では貴船の店が開いていない可能性もある!

無事暖かそうなボア付のブーツ購入、崩壊した靴を袋に入れる店員さん、迷惑そうだった…ごめんなさい。

貴船行きの叡山電車はかなり混んでいる。この季節にもかかわらず…やはり、私と同じく雪景色を楽しみたい人たちらしい。

北に向かうにつれて雪が降り始める。比叡山は真っ白、頂上は霞んで見えず。家々の屋根も真っ白。




貴船口駅舎にはずらりと小さなつららが並んでいる。



バス亭では、女の子2人連れが私の前に並んでいる。

「足つめたああい!」(デッキシューズにストッキングで雪景色を楽しむのはどうかと)

「あ~また落ちてきた!これ以上落ちてきたらやばい、もう無理」

木々の枝に雪が積もり、ちょっとした風でもばさばさ落ちてくるのだ。






貴船神社まではバスで5,6分だが、雪道で物凄く揺れる。満員の車内大騒ぎ、さ、到着してみると…




鞍馬までの山道に通じる橋も雪が積もっている。やはり、京都市内とは違う。

じゃくじゃくの雪が融けかかった雪道、北海道の3月を思い出すべちゃべちゃぶりだ。歩きづらいことこの上ない。


しかし…




これよねえ、これ。

これを撮りたかった。灯籠の赤、白い雪、水墨画の中に沁みる神社の赤、これよ!

長い間待ってたけど、ようよういいタイミングが訪れた。


貴船神社は水の神様を祀るけれど、縁結びの神様でもあるので、やはり女の子グループが多い。ご朱印もらったり水占いしたりたき火にあたったり。

この雪だるま作ったのも女の子かな。



どうせならいい機会だし奥宮まで行こう。ちょっと距離はあるんだけど…




あら…結構大変そうな雪道。しかも雪はさらに降り続ける。私すでに全身雪だらけである。

道産子のプライドで傘などささないが、それは北海道のパウダースノーだからできる事、このあたりの湿った雪ではアタマにもマフラーにも雪くっついてびしょびしょになるのだ。


むろん雪道歩きは得意だが、途中の店先でホースで水を流し雪を融かしているのが…せっかく今日買った靴、だんだん水がしみてきた…水で雪を融かす、って北海道ではあり得ない!北海道でそれやったらスケートリンクになっちゃう。やっぱり、気温全然違うのだ。

やっと奥宮が見えてくる。

さすがにここまで来ると人はほとんどいない。が、雪だるまはいるのである。







中国人らしい2人連れの女の子達がいる。

ここまで、来るんだなあ。京都市内から連絡悪ければ一時間位かかるのだけど。

そうそう、バスの時間!

だんだん数が少なくなる上、時間通りに来てなかった。 早めにバス停まで戻った方が良いだろう。

雪はどんどん降ってくる。

途中の店先でも皆さん雪かき頑張っている。この、昔ママさんダンプと言った雪かき道具、北海道以外で初めて見た!このあたりは冬は結構雪降るらしいしなあ。



あ、バスもう来てる!前のが遅れてきているらしい。いいタイミング!!



デジブック 『雪の貴船神社』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年、日本海へ。成相寺・松尾寺。

2017-01-09 19:00:39 | 西国三十三所観音巡礼
年が明けた。

いつものお正月。

年末、31日に大混雑の黒門市場に出かけ、元日夜に食べるてっちり用の白子入りフグを調達、その他、年越し用の蕎麦、合鴨(雑煮や蕎麦に使ったり、同居人が鴨ローストを作る)蕎麦だけでは到底お腹がいっぱいにはならないので、押し寿司も買っていく。関西風丸もち、白味噌、日本酒、そしてデザートに花びら餅。我が家の定番買い物。

フグをさばいてもらう時間、待ち時間1時間位。その間に人ごみを抜けて店を回る。毎年大変だが、活気がある市場の中の買い物は楽しい。

おせちはらでぃっしゅぼーやのものを毎年買っている。自然な味つけで、調味料も吟味されており、買ったおせちなど美味しくないだろう、という考えをひっくり返してくれた。

31日は「笑ってはいけない」を見つつお蕎麦と寿司の晩御飯の後、これも定番のカウントダウンシャンペンとチーズやイチジク、クラッカーなんかで新年を迎えた。

元日は同居人が白味噌雑煮を作ってくれ、おせちを開ける。これは明日の夜のごはんにとっておこう、これは食べちゃったほうが…と相談しつつ。無論ここでお酒が入るので、後はテレビ見たりしながらのんびり家で過ごした。

夜は恒例のてっちり、てっさと湯引きもお店で作ってくれてある。ほんとに、骨以外全部食べてしまえるのがフグ。今年のフグは当たりが良かったのか、とりわけ美味しかった。
ぽん酢消費量速いこと!


さて、2日。去年は同居人の車で奈良の岡寺、飛鳥寺に初詣だった。

今年は、去年の11月から西国三十三所に挑戦しているので、そのうちのどこかまで車を出してもらうことに。

休み中日で次の日の事も心配がないから、遠出ができる。和歌山のお寺?琵琶湖の島のお寺?


「京都の宮津なら2時間位で行けるな。それからこの松尾寺、というのも狙える」

「まっぷる」が出している「西国三十三所めぐり」というガイドブックの地図を見ていた同居人が言う。出発が9時と遅いから、そのあたりが良いね、と言う事に。


途中の道の駅でランチを買っていく。

京丹波「味夢の里」という名前の大きなところ。以前、「鉄腕DASH」の「0円食堂」でTOKIOが来ていた所。あれこれ面白い物があって目移りする。卵焼きで巻いたう巻き、この地方名物という、魚のでんぶが入ったちらしずし、押し寿司などお弁当を選ぶ。でんぶのちらしはちょっと甘すぎたが、他の二つは美味。

まずは宮津市の成相寺。

宮津と言えば、むろん、「天橋立」。この傍にあるお寺だ。しかし、大抵の人が訪れる「股のぞき」スポットのある場所ではなく、丹後半島の方、天橋立の北側へ行くのだ。ここは西国三十三所の最北端なのである。

本来のお詣りは、南側から船に乗って渡る、というものだそうだ。天橋立を横に見つつ行くのだとか。その方が味があるかもしれないが、我々はクルマでささっと廻っていく。それにしても狭い道、急こう配の道でびっくり。



参道の石段はこんな感じ!



倒れていた鹿の肉を、いけないと思いつつ食べてしまった僧がおり、じつはその鹿は観音様だったという謂れがあるらしい。しかも美人観音とも呼ばれているご本尊、しっかり拝んでおく。祈願しているのはそのポイントではないが…

さすがに人里離れたお寺、外国人観光客は皆無である。参拝の人々も少ない。ご朱印もすぐに頂ける。

「上、上がってみよう」

天橋立が見える展望台があるのだ。なんと、「日本一のパノラマ展望台」とある。この山中に!








日本海に浮かぶ島は霞んでいるが、天橋立は良く見える! こんなに晴れ晴れしたよい景色が見られるお寺とは知らなかった。昔は展望台近くに本堂があったらしい。お坊さんたちは、歩いて上り下りしたんだろうな。昔の人々は足腰丈夫だったはず。


寺院というのはたいてい、4時半位がクローズ。もう、2時過ぎである。次のお寺、松尾寺は舞鶴にある。同じ京都府だが、車で1時間以上はかかるはず、名残惜しいが出発することにする。

さて、次のお寺は舞鶴市の松尾寺。「まつのおでら」が正しい名前のようだ。もし徒歩で「松尾寺駅」から行くと山道を2時間(>_<)という場所! もともとは修験道のお寺だそうだから当然だろうが。

以前教えていた生徒さんから、「西国三十三所は健康に良い」と言われたが、はい、その通りでしょう。




ここも車一台しか通れない細道をどんどん登るタイプ、登りきるとなかなか風雅な山門に、お正月らしくしめ飾りが。






変わった屋根の造りで相当古いが、方形造りというらしい。指定文化財だそうだ。

また、三十三所で唯一、観音様らしくなく怖いお顔の馬頭観音様をお祀りしている。秘仏で77年に一度しか開帳されていないそう。

ここもひと気がない。三十三所のご朱印貰う人くらいしかこないのだろう。

巨大な松や、杉の木が境内のあちこちに。







軒下に雪も残っている。渡り廊下の下には、北海道でよく見る(実家にもあった)家庭用の雪かきの機械、耕運機みたいのが置いてある。舞鶴だしなあ。雪も多いだろう。


巨大な杉の木の脇には、「・・・羽天皇御手植」とかすれて読めない碑が。

・・・何天皇?羽で終わる名前? 思い出せず。

例によって蝋燭とお線香を供え、お詣り。もうお片付けも始まっていて、係の方が賽銭箱を開けたり蝋燭かすを掃除したりしながら話しかけてくる。


「このお寺手をかけてなくてね」・・・確かに古い。石段も崩れてるとこがある。

「大きな木がありますね」

「向こうの杉の木は鳥羽天皇の時代のものですよ」


・・・あっ、鳥「羽」天皇か!

平家物語でお馴染みなのに、思いつかなかった。

「鳥羽天皇は色々思い悩むことが多くて、お気に入りの美福門院と一緒にお詣りに来られたと言われてます」

そう、中宮の待賢門院が生んだ子がおじい様の白河上皇の子供だったから・・・というのは有名な話。係の方もそのお話をされる。

いやいや、平安末期の天皇の「御手植」は初めて見たわ。

昭和天皇や最近の宮様、皇太子殿下等の「御手植」はあちこちの寺院で見るけれど。

すこしずつ暗くなりつつある細道を戻り、帰阪。
なかなか、面白いお詣りだった。

今週は日本海側では大雪になるそうだ。 あの松尾寺も雪に降りこめられてしまうのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫県のお寺・中山寺

2016-11-30 19:57:18 | 西国三十三所観音巡礼
兵庫県のお寺に行ったのは初めてである。

西国第二十四番札所、中山寺。






今年3月に1年かけて洛陽三十三所観音巡礼を満願し、今年からいよいよ西国三十三所巡礼をスタートすることにした。

洛陽三十三所は、西国三十三所に遠すぎるお寺があることから、京市内の三十三か所を回るように後白河天皇が考えた、というもの、つまりは京都のお寺だけだった。なので急げば2日で回れるとも聞いた。

同僚のアメリカ人の先生は西国三十三所を回っているが、やはり一番札所などには行けていないということ。「交通費もずいぶんかかりそうだから…」と。なんてったって那智の滝の傍、つまりは和歌山県の端っこのほうの山の中である。

車を運転できない私も同じことだが、あまりの山の中は同居人に連れて行ってもらう事にし、行きやすい所から始めることに。

京都、奈良のお寺は数知れず。
大阪でもいくつかお寺や神社も回ったが、意外にも兵庫県は初めて。

以前兵庫の学校で13年も勤務していたため、中山寺は良く話に聞いていた。お産、七五三、という話題で出てくるのだ。 そのあたりの人々にはずいぶん信仰されているお寺というイメージだったが、西国三十三所のひとつだったとは気づかず。

ご本尊は十一面観音、安産、求子の観音様である。関白秀吉も参って秀頼をさずかったとか。





折あしく雨模様だったが、きれいに着物を着せられた子供と両親、祖父母らしきグループがいくつも。月曜の昼にもかかわらず、だ。

七五三か。うちの両親は「あれは商売である」と全く関心を示さず、子供心に、友達が着ているきれいな着物や、長い袋に入った千歳飴がうらやましかったものだ。

おっと!

ここには屋外のエスカレーターがある! 屋根付きだ!前日の善峯寺ではふうふう言いながら石段を登ったのに。



いちばん高い所には新しい、きれいな紫色の五重塔が。出来たばかりのようで、周りはまだ工事中。このお寺はお金あるんだろうな。安産の祈祷料など相当入りそうな感じ。



しかし私の目的は本堂の観音様、お詣りして、ご朱印…どこかな? 本堂の辺りと聞いたんだけど…西国三十三所のお寺なら、大抵「西国三十三所第~番」というお札がお堂にあるのだけど、ここにはない。
よく見ると、会館風の建物の横にご朱印所がある。全く目立たない。

やっぱりなあ…ひとつ300円のご朱印ビジネスなど、このお寺はあてにする必要ないんだろうな。

去年、同居人が伊勢神宮に社内旅行で行った際にご朱印をもらってきてくれたが、まあ、神社はお寺のに比べるとシンプルなのだけど、その中でも超絶級にシンプルで、スタンプと日付だけ!みたいなご朱印、日本一の神社ならどれほどカッコいいご朱印かと期待した私達にはビックリだったのだ。

「ご祈祷1回に何万もとれるんだから、300円のご朱印なんて別に力入れる必要は…って事だと思うぞ」と同居人。

確かに。


この中山寺のオリジナルご朱印帳も綺麗なので購入も考えていたのだけれど、それも表に出されてもいない。そんなら、やめとこ。

りっぱな広いレストランが併設されているので、お昼でも食べていくことにする。蓮の実やきのこ、野菜の入ったご飯を蓮の葉でつつんで蒸したものがメニューにあった。珍しいので頂くことにする。900円也。ちまき風、なかなか美味だった。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京西山の紅葉・善峯寺

2016-11-28 19:45:29 | 西国三十三所観音巡礼
11月、関西では良い季節。 北海道にいた頃は、中途半端に寒い月で、かえって早く雪が降らないかな、と思ったものだが。

少し早目の紅葉狩り、同居人の車で出かける。京都西山方面は電車で行くと、バスに長々乗ることになり不便だが、車だと新しい高速道路が出来ていてあっという間なのだ。

西国三十三所第二十番札所、善峯寺。

早速本堂の千手観音様にお詣りし、ここで西国三十三所のご朱印帳を購入。見開きで絵付きの豪華なものだ。この善峯寺のご朱印が記念すべきひとつ目になった。






ここは以前から、紅葉が美しいと言う事で気になってはいたがアクセスの悪さで来ていなかった。





素晴らしい色に染まった木が何本も青空に映えている。



まだ、完全に紅葉はしていないためか、それともやはり街中から離れているためか、人は多いが、有名どころの永観堂や清水寺などの雑踏に比べると、落ち着いて景色が楽しめるのが良い。街中ならもみじがちりちりに縮んでいたり乾いた感じだったりすることも多いが、ここのもみじは葉先まできれい。



日本一の松、という37メートル(横に伸びてるんだけど…)の天然記念物「遊龍の松」を眺め、写真を撮り、して山を登っていく。


景色がどんどん開ける。



「こんなに敷地広かったんだ」
「こんなに登るとは思わなかったね」

京の街が一望。晴れ晴れするような景色。

しかしかなりの山道のアップダウン。降りて来た頃には結構、疲れてしまった。

「お腹空いたね」
「大原野神社にお休み処あるから、お蕎麦でも食べようか」




大原野神社は車で10分という所、田舎道を走る。通れるのか?という道を走る。

狛犬ならぬ狛鹿のいる由緒ある神社だが、とりあえず空腹…お茶屋さんで同居人はにしん蕎麦、私は湯葉蕎麦を頂く。どちらも期待以上に美味しい。

アルバイトの女性がゆっくりした方たちで、ベテランの年配女性が怒りまくっていたのが面白かった。 紅葉やお花見でお客さんが増える頃ならではだろうなあ。

ここの境内からは、山道を通って私の大好きなお寺に行ける。

西行法師ゆかりのお寺、「花の寺」勝持寺。

数年前、花の散り際に行って良い写真が沢山とれた美しいお寺だ。




その時にはお花見がてらの参拝客であふれていたが、秋はそこまで人は来ないようだ。私と同居人、あと二組。

その上、日曜と言うのに大掛かりなお掃除中であった。月曜にはよくぶつかるんだけど日曜は珍しい。それだけ人がこないのだろう。



山道を戻ると、下から長い竹をひきずりつつ年配の女性が上がっていく。何に使うのか。











デジブック 『京紅葉。』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモス寺

2016-10-17 19:16:23 | 現実
コスモスは好きな花のひとつ。

実家の門柱の前にもひと群れのコスモスがあり、去年、父が家を去る際に写真を撮っておいた。北海道だから、ひと月位前のことになるが。さて、持ち主が変わった家の前に、コスモスはまだ咲いているのだろうか? 

塀の前にはクレマチスがあったのだけれど、誰か近所の人が持って行ってくれただろうか。
父は近所の花好きの方々に、好きな時に入って持って行ってほしいと言ってあったようだが。


奈良の般若寺は去年、2月頃に水仙を撮りに行った。破れ寺感満載の古寺に石仏、水仙、いい写真が撮れたが、ここはどちらかと言うと「コスモス寺」で有名。今年は撮りに行こうと思っていたのだ。

今回は同居人に車を出してもらう。

前回2月は、私のほかに二組という所だったが、さすがに日曜のコスモス寺、小さなお寺に人がいっぱいである。無論カメラ抱えた方が多い。

冬には「養生しています」と書かれていたたくさんの区画に、コスモスがいっぱい、というかコスモスで埋め尽くされている。



国内でも有数の立派な十三重石宝塔。コスモスに囲まれる石塔、コスモスに囲まれる石仏。







何故か、ここを焼いたはずの平重衡供養塔もある???


「うん、立派な廃墟、って感じだよなあ」

「崩れそうな建物,崩れそうな屋根でカバーしたりしてるしね…」


そう、コスモス以外の場所は、以前と同じく、整備も何もされていない。ここには国宝の鎌倉時代の楼門があるし、維持にはお金かかるんだろうな。

「こうしてみると、良く行く普通のお寺ってずいぶん頑張ってるんだなあと思うなあ」

建物に庭に、整備しないといけないところはたくさんあるだろうし、確かに。





暑い位の日だったが、もうトンボも沢山、飛んでいた。





「ここ、ポケスポット4つにジムもある!」

この狭い敷地内にこれは多い。 集客に頑張ってるんだな。ジムに空きがあったのでポケモン、ゴルダックでも入れていくことにする。


さてこの後は東大寺方面へ。すぐ近くなのだ。

奈良公園をポケモン捕りしながらぶらぶらと二月堂へ。

休憩所の壁に、お水取りの時にお坊さんたちが持って走る松明のサンプルがあった。びっくりする程大きい。




そして奈良公園は広い!この時期はちょうど小鹿が少しずつ大きくなっているくらいの時期のようだ。まだバンビ風の小さめのが結構、いる。



のどかな秋の陽。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加