いやさかめでたし

元は野良猫だった白猫と運良く暮らす日常偏愛引き寄せ雑文記

鳥の絵

2017年06月12日 | 音楽・猫・鳥
USB部分の具合が悪すぎて
USBマウスの部分を抜き差ししつつ
レシートで磨く回数が多くなってきた。
ふと気づけば折りたたんだ磨き用のレシート片手に
1時間経ってたりして、イラッとしてしまい
その後はPCは一切直そうともせず触らず
本を読みまくっていた。

その間に、USBにとらわれず大昔の裏接続方式に
戻ろうと思いつき、PC裏の黄緑の穴につないで
使うマウスを使ってみる事にする。

わざわざ新品買うのもなんなので中古美品を探しに
朝一で店に行ってみると、中古マウスの山が2つあった。
黄緑を目印に探してみるとひとつの山から
5個ほど発見したものの全部ボタン面の汚れが酷く
ホイールやボタンが変色してたりして汚い。
もう1つの山も探してみたらこっちでも5個ほど発見。
その中の1つだけ使ってないような超美品があって
(マウスコンピューターのロゴ入りだった)
こんなに綺麗なのは嬉しいと思い、マウス裏を見たら
ボール式。今頃ボール式・・・

なんか時代遅れ感がすごいにゃああああ

でもこれ超美品だし・・・使えるはず動くはずという
謎パワーを感じるし・・・と値段を見たら216円。
発見できた他のマウスは全部324円で
ちょっと得してるからと購入してPCにつないでみると
使えたので一旦再起動させる間に
激落ち水でマウスの拭き掃除してお香でお清めをして
マウスの設定をして終了。
動きはやや重いが使える事がありがたくて満足なり。

でも・・・?ん?とそこで気づいた。
USBからデジカメ画像を読み込んでいたのが
全く使えなくなるのは困るという事を。

今ここでUSBにデジカメのカード入れて読み込んでみたら
USBが知らない間に直ってて普通に読み込めて
ボール式マウス買った意味がなかった~
とかだったら嫌かもと思いつつ、
カードを入れて試してみたら普通にスッと読みこんだ。
あららのら。

とりあえず普通に戻ったので、図書館で借りた
お絵かき本をお手本にして絵を描いてみた。

本で指定されてたメーカーの色鉛筆を持っているのに
自分が持っている別のメーカーの色鉛筆が好きなので
それを使って色塗りした。
細かい描写や塗り方や水筆が難しくてヘタだけど
それなりに充実して楽しい時間だったので
今度は指定されたメーカーで同じ絵を描こうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 瓶の中身は | トップ | 水色ヒトデ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。