なおのひとりごと

日々のあれこれや見たもの読んだものの感想などなど、つぶやいてみる。

『犬神家の一族』

2017-04-22 22:30:00 | 観たもの[2017]
ヘロQさんの金田一シリーズ。
本日開幕!
前回は前進座劇場で大掛かりな舞台装置で迫力満点だったのよねー。
その劇場がなくなって、どうなるのかと思ったら…スペースゼロにもまた…



『犬神家の一族』
劇団ヘロヘロQカムパニー
@スペース・ゼロ

犬神家の一族、言わずと知れた横溝正史の金田一モノの一作。
もう何度となく映画やドラマになっている作品。
そのあたり、多分ぜんぶみてるし、当然原作も読んでる。
よーく知ってるだけに期待は高いよね。
とはいえ、関さんの金田一耕助だから不安要素はないけど。



そういえばヘロQさんの舞台も多用されるんだった。
今回はまた一段とすごいね。
序盤の湖のシーンがかなりのびっくりポイントだった。
そして回転舞台。
スクリーンの後ろでいつの間にかまわって転換っていうのと、回りながらそのうえで人が動いて場面が変わるっていうのと。
それに、かなり高いよね上の方。
席が7列目でちょっと高めの位置だったけど、目線がちょうどいい感じだった気がする。


今回、置鮎さんは捜査側のキャラクター。
おちゃめな署長さんとでこぼこコンビな若手の中にあって、凛としたキレ者風…パンフには敏腕警部って(^^)
きりりスーツ姿にかっちりセットされた髪…最近パーマっぽいふわふわ髪が多いからドキッと新鮮☆
やっぱりいいな~姿も声も。
劇中では生真面目な人を崩さなかった置鮎さん。
カーテンコールでの笑顔と小さなバイバイがそれはもうかわいかった♪


それはそうとこの犬神家の一族、犯人の幕引きが見事だなーと。
見ようによっては究極の自己中だけど、最高の見せ場。
見ごたえ抜群だった。




今回も置鮎隊長の元、グッズあれこれ。
パンフと、アクキーに缶バッチ、エコバッグを買ってみた。
缶バッチ、沢井警部がでてくれなかったから次回またチャレンジするかなー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『FUNK A LA MODE』(広島) | トップ | 『FUNK A LA MODE』(神戸) »

コメントを投稿

観たもの[2017]」カテゴリの最新記事