広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バオバブの芽を摘みながら、フリンジなども見つつ

2016-09-18 13:13:55 | 日記
また一週間が過ぎてしまいました。
今週はバオバブの芽を摘むのに忙しかったのです。
「星の王子さま」に出てくるバオバブの木は、大変成長が速く、なおかつしぶとく、毎日摘まないと、あっという間に成長して、星が破壊されてしまう、という暴力的な木でした。
これは、ナチスの例えだという説もあります。

我が家のバオバブはスパムメールです。
ここのところ、毎日数百通入ってきます。
ネットで調べると、かなりの人たちが困っているようです。
もちろん、迷惑メールに登録したので受信メールには入ってきません。
でも、迷惑メールがあっという間に千通くらいになってしまうので、気がついたら削除していかないと、追いつきません。

今のところは数百通ですが、一日合計すると千通近くになります。
しかも毎日増えていきます。
この調子で増えていったら、あっという間に一万通くらいになり、
それこそ、私の星、いえ、パソコンを破壊してしまうでしょう。
そうなる前に何とかしないと。

メールアドレスを変えようか、それとも、誰かに相談しようか。
こうしている間にもスパムメールは増え続けていて・・
ああ、どうしよう。
怖いことが起きていたらどうしよう。

しかも、問題はスパムだけじゃなくて、
ウィルスも手ごわい奴です。
あの手この手でウィルスがらみのいろんな仕掛けが開発されているようで、
たとえば、つい先日も、PCを開けたとたん、画面上にこんなのがありました。

「WinZip Driver PC Care」

あなたのPCはウィルスに汚染されているので除去しなくてはいけない。
ついては、以下のものを購入せよ、
というものです。
これも悪質で、
いつのまにかダウンロードが始まり、あれよあれよという間にインストールされ始めます。
あわてて、コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンストールの手続きをして、何とか事なきをえましたが、
この手のものは、これまでも幾つか入ってきています。

わかっていても、防ぐのが難しい。
敵は日に日に戦略を向上させ、
無知なPCユーザーをだまして高額なものを買わせ、
あるいは、世界じゅうにウィルスをまき散らす手先にしようと、
やっきになっているようです。

ほんと、疲れます。
文明の利器には必ず欠点がありますが、
インターネットの利点も欠点も、世界に通じてしまうことです。
下手をすると世界を揺るがすような事件に巻き込まれる、といった最悪の事態も想像できなくはなく、一端末ユーザーとしても心してかからないといけないようです。

とはいえ、PCの知識もなく、ブログの写真さえまともにアップできない私。
本来なら、PCは使わないにこしたことはないのでしょう。
でも、インターネットの利点もまた想像を超えるので、
なかなかあきらめがつかない今日この頃です。

一番いいのは、IT技術者とお友達になる、あるいは幾らかの報酬を払ってでも、適切な助言をもらうことでしょう。
でも、そう思って探していると、また高額な料金を請求される詐欺にひっかかる、という罠も待っているようです。
どなたか、PCに詳しい方がいらしたら、アドバイスをぜひお願いします。


ところで、
「フリンジ」と「メンタリスト」
あいかわらず同時進行で見ています。
先週は「メンタリスト」がよかったのですが、今週は体力が回復してきたせいか、
「フリンジ」のほうが面白くなってきました。

おかげさまで、膀胱炎のほうは何とか落ち着き・・とはいってもまだクラビットを常用しています。やめると絶対再発するという確信があり、ドクターもしばらく続けた方がよいと言っているので。
猪苓湯、クラビット250、ビタミンCを毎日せっせと飲んでいます。

それはともかく、
「フリンジ」ですが、
シーズン1が終わり、シーズン2に入り、パラレルワールドに突入しました。
何と、シーズン1の最後で、ウォルターが佇んでいたのは、ピーターのお墓の前。しかも、子どもの頃に亡くなったピーターのお墓。
ということは、今のピーターは誰?

というわけで、シーズン2も目が離せません。

THE PATH はようやく6話目に入りましたが、
あいかわらず進行が遅く、ちょっと飽きてきました。
感情移入できるような魅力的な人物がいないのが残念です。
カルトの話としては面白いのだけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ものすごくうるさくて、あり... | トップ | アメリカ人はステーキの後に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL