暇人映画

映画嫌いが映画を見まくる地獄のサーキット

ディア・ドクター

2016年10月17日 22時26分00秒 | 邦画>★★★
2009年/邦/西川美和監督/笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 八千草薫 岩松了 松重豊 井川遥 香川照之
2016年10月14日 テレ東午後のロードショー〔「永い言い訳」公開記念〕

【あらすじ】
茨城県の過疎村<神和田村>。村唯一の医師伊野(鶴瓶)が失踪した。警察から二人の刑事(岩松&松重)がやってきて、伊野の捜索を開始する。
さて二か月ほど前。診療所に研修医相馬(瑛太)が赴任していた。相馬は伊野に付いて助手をするうち、彼の人柄や村民との信頼関係に魅了されていた。診療所唯一の看護師大竹(余)も、伊野を尊敬していた。
伊野はある日、鳥飼さん(八千草)の診察をする。貧血で、食も細い。胃癌の可能性があった。伊野は足しげく鳥飼さんの様子を見に来た。胃カメラを飲んでもらった。薬屋の胃カメラ写真と差し替えて、東京で医者をしている鳥飼の娘(井川)に胃癌であることを隠した。
そんな矢先での失踪であった。刑事らは捜索を進めるうち、伊野が無免許医であることを突き止める…。


鶴瓶はすっかり、<いい人>が定着した。はちゃめちゃだった昔の姿を思うと寂しいことだが、これが鶴瓶の思惑に叶っているのかどうかは勿論不明。そういえば鶴瓶、「ふしぎな岬の物語」では吉永小百合に岡惚れしてたな。今回は八千草か。年上好きに配役されるなあ。
無免許医事件といえば、高尾クリニックの例が記憶に新しい。が、今作はなんとこの事件以前に制作されている。
これ見ると、偽医者だからって悪い人ばかりじゃないと思わずにいられないが…命に係わる処置をテキトーにやっちゃうのはやっぱりヒドイよ!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒート・ストローク Heatstroke | トップ | 黒執事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL