暇人映画

映画嫌いが映画を見まくる地獄のサーキット

イントゥ・ザ・ブルー2 Into the Blue 2: The Reef

2017年06月15日 21時47分16秒 | 洋画>★
2009年/米/スティーヴン・ヘレク監督/クリス・カーマック ローラ・バンダーボート デビッド・アンダース マーシャ・トマソン マイケル・グラジアデイ マーセア・モンロー ランド・ホルドレン
2017年6月13日 テレ東午後のロードショー〔海のリゾート・アドベンチャー!“イントゥ・ザ・ブルー”連続放送!〕

【あらすじ】
舞台は常夏の楽園ハワイ~♪ ダイビングガイドのセバスチャン(カーマック)と、彼のボスダニー(バンダーボート/女性です)は恋仲。セバスチャンはガイドのかたわら、沈没船サンクリストバル号を探すトレジャーハンターでもある。そして彼の夢は、自ら設計した船を建造することだった。海賊王に、俺はなる!!!
そんな二人のもとに、カールトン(アンダース)&アズラ(トマソン)という男女コンビがガイドを依頼する。セレブな二人の目的は、一週間以内に<フセインの隠し財産>たらいう6000万ドル以上の価値があるというコンテナを引き上げることだった。コンテナを見つけたら50万ドルの報酬をくれるというが、見つけられなかったら組織に殺されると脅しを受けた。
デッド・オア・マニー!? あっさり1箱見つけたお二人さんだったが、カールトンたちを信じきれないダニーはこっそり箱の中身を確認。そしてそれが核ミサイルのユニットであることを知ってしまう。知られちまっちゃーしょうがない。カールトンたちはその真の目的、核を使ってセカンド・パールハーバーをを目論んでいると激白。ダニーは夜の海に取り残され、セバスチャンは友人のメイス(グラジアデイ)&キミー(モンロー)カップルと共にもう一つのコンテナ探索に駆り出された。果たしてセバスチャンは、世界の危機に加担することになってしまうのか。はたまた救世主になれるのか…!?


〔連続放送〕企画ではあるが、「1」は既見のためスルー。しかし「2」と謳ってはいるものの、関連性は皆無(と思われる)。
ミッションはたいがいだけど、その割に緊迫感も薄く面白くない。それは舞台が呑気な観光地だからでしょうか。ビキニのオネーチャンたちが半裸でぷるんぷるんし、主人公たちが緊張していると思えば脇で痴話ゲンカからの濡れ場突入。どうでもいいビーチバレー勝負が繰り広げられたりしながらの実質90分なのである。
「イントゥ・ザ・ブルー」はポール・ウォーカーとジェシカ・アルバの腹筋に見とれてあらすじも忘れるほどだったが、今回の主演二人にはそれほどの魅力がなかった。まあ、いいカラダはしてるんだけども…。
肌色率は高いので、肌色好きの青少年にはおすすめです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくのバラ色の人生 Ma vie ... | トップ | アナコンダvs.殺人クロコ... »

コメントを投稿

洋画>★」カテゴリの最新記事