暇人映画

映画嫌いが映画を見まくる地獄のサーキット

バトルフロント  Homefront

2016年12月07日 22時08分48秒 | 洋画>★★
2013年/米/ゲイリー・フレダー監督/ジェイソン・ステイサム イザベラ・ビドビッチ オマー・ベンソン・ミラー レイチェル・レフィブレ クランシー・ブラウン ケイト・ボスワース ジェームズ・フランコ ウィノナ・ライダー フランク・グリロ
2016年12月7日 テレ東午後のロードショー〔“男たちの激闘”!!〕

【あらすじ】
フィル・ブローカー(ジェイサム)はインターポールに所属し、麻薬密売組織に潜入捜査していた。さて彼の捜査が報いて一斉検挙、ボスダニー・Tを逮捕し、彼の息子はハチノスとなった。しかし組織の復讐を逃れるためフィルはインターポールを辞職、妻は亡くなり、2年後彼は9歳になった娘マディ(ビドビッチ)を連れルイジアナへ転居する。
マディは学校でガキ大将の嫌がらせを受けるが、さすがジェイサムの子なだけあって売られた喧嘩を返り討ちにしてしまう。ところがこのガキ大将の母親(ボスワース)というのがジャンキーのモンペアで、フィルを目の敵にするようになってしまう。しかも兄ゲイター(フランコ)は麻薬密造の親分で、フィル邸を家探ししてるうちに潜入捜査官だった過去を暴いたのだった。このネタは直ちにダニー・Tの組織に売られ、そして刺客は放たれた。
果たしてフィルは、たった独りでこの戦いを切り抜け、愛娘を守りきることができるのか…!?


正直、ウィノナ・ライダーが出てきたあたりから、よく観てませんでした。
麻薬密売組織なんか絡ませなくていいから、モンスターペアレント&閉塞ムラ社会と戦ってほしかった…。
脚本がシルベスター・スタローン御大で、スタ×ジェイサム萌えにシビレる。←腐(つーかこういうカップリングする人っていないのかね)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゾンビ・ウォー101 101 Z... | トップ | ZMフォース/ゾンビ虐殺部... »

コメントを投稿

洋画>★★」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL