警察手帳見れず

2012-03-31 02:35:22 | Weblog

先日久しぶりに職質された
本当に久しぶりである
通算5度目ぐらいだと思う
しかも、まったくの不意打ちだった(それが職質というものだろうが)

その日は買い物する日だったんだが、2つのスーパーのどっちに行こうか迷っていた
前にも書いたが月末に翌月のカレンダーが置いてあるスーパーがあって、
いつも仕事帰りにそこでもらってるんだが昼は客も多いし、
俺のような男が取るのも恥ずかしいので別のスーパーに行くことにした

そして買い物を終え袋をかごに入れ鍵を開けた瞬間、1人の男がスーッと近づいてきた
おとなしそうな20代という感じの男である
このスーパーで自転車盗難が多発してるんで登録番号照会してるんだが、
この自転車の登録が遠い場所になってたんで確認させてほしいとのことだった

つまり遠くで盗んできて乗ってると思われたわけだ
ただ、すでに住所と名前を照会してたので俺の見た目が不審だったわけではなく、
たとえ真面目そうな女性であったとしても声を掛けられていたものと思われる

ただ見た目は十分怪しいので俺が鍵を開けた瞬間、向こうは当たりが来たと喜んだはずである
それでも、もちろん俺の自転車なんだが今1人暮らしをしてる市ではなく、
実家のある別の市の住所で登録したので不自然に思われたようだ
ちょっと調べたら登録住所が地元以外だとチェックされる可能性が高いようである

俺は突然のことで動揺しつつも住所を答えた
するとうなずきながらも名前も聞いてきた
すでに把握されてるとはいえ名前は抵抗あったが拒否するとややこしくなるんで普通に答えた
すると合っていたので納得した様子で失礼しましたみたいな感じで去っていった
約1分ぐらいのやり取りだった

たまにスーパーの駐輪場で新人と思われる警官が登録番号チェックしてる姿を見るが、
そいつは制服ではなくジャンパーを着ていた
胸に警察署の名前の刺繍があったが、あれはどういう階級の奴なのだろうか

制服ではないということは刑事か?
だがまさか刑事がスーパーの駐輪場で自転車チェックなどしないだろう
俺はそいつが去った先は見なかったがもう1人いたのだろうか
もしかすると取り締まり強化週間だったのかもしれない

ベテランと2人1組で新人を先に行かせて様子を見てたのだろうか
しかし本当に警察官には見えなかった
その辺の普通のおとなしそうな若者である

そして駐輪場を出てしばらくして、しまった~と思った
俺は以前から今度職質されたときは手帳を見せてもらおうと思っていたのである
手帳を見せろと言ったらどういう反応するのか見たかったのだ
もちろん、それにより相手が本気になるというリスクはあるらしいが1度はやってみたかった

これが夜間の無灯火ならキレて切符を切られる危険性があるが今回は純粋な職質である
相手を怒らせてもこっちに弱みはなく絶好のチャンスだったわけだ
ただ、提示を求めた瞬間、奥からゾロゾロ出てこられたら怖いが一か八かやるべきだった
俺は以前ライトが壊れてて夜間走行中の職質を警戒してたんで、
そのときは制服警官であっても手帳を見せてもらうぞと心に決めてたんだが、
昼間のスーパーの駐輪場という予期せぬシチュエーションだったんで瞬間的に全部意識が飛んでしまった
いやあ、ああいうときは頭が真っ白になってしまいますね
しかし本当にあいつは警察官だったのだろうか(笑)

しかし、ここまで書いてきてふと思った
やはり俺が見るからに不審だから声を掛けてきたのではないか
俺の登録場所が気になったといっても、たった1台のためにずっと待機してるとも思えない
もし俺が来なかったらどうなっていたのだろうか

やはり大雑把に数十台確認し、怪しげな人物が来たら手当たり次第に聞くという方針だったのではないか
もし俺が小学生だったら、さすがに来なかったのではないだろうか
そう考えると、やはり俺の外見は魅力的だったのだろう(笑)

もちろん、この手の職質がどのような手順で行われるのか知らないので真相は不明である
だが、いずれにしろ手帳を見せてもらうという大きなチャンスは逃したわけだ
こんなチャンスはもう来ないかもしれない
別に職質されたいわけではないんだが悔いが残ってしまった

もっともこの程度で職質と定義付けられるのかも分からない
だが何回受けても気分がいいものではない
もちろん、こういう地道な捜査で大きな犯罪が摘発されることもあるだろうし、
俺自身も間違いなくその恩恵を受けてるはずだから、どんどんやるべきではあると思う

振り返れば初めての職質は中学生のときであった
当時、鉄道写真にハマっていた俺は日曜になると東京駅や上野駅に行って特急の写真を撮っていた
今で言う撮り鉄である

そして確か上野駅だったと思うが階段を上ってると男女ペアの私服警官に声を掛けられた
何しに来たのかと聞かれたんで電車を撮影するためと答えるとバッグの中を見せてほしいと言われた
そしてそれならカメラが入ってるはずだよねと言われカバンの中のカメラを見せると納得して去っていった

この時期は家出してくる子が多いんでバッグを持ってる若い子に声を掛けさせてもらってるとのことだった
さすがに自分で言うのもアレだが中学生のときは普通の外見である
このときの理由はさすがに本当だろう

あれから恐らく5回目ぐらいだと思う
もう1つ印象に残ってるのは自転車で道路を横切ろうとしたとき後ろにパトカーが見えた
俺は思わずそのパトカーをじっと見てしまった
すると停止を求められ今自転車が盗まれたと通報があり色が同じなので確認させてくれと言われた

これはさすがに取ってつけたような理由であって俺がパトカーを見て逃げたように見えたからだろう
この理由を聞いたときはさすがに嘘付けとツッコミたくなったが名前を言ったら解放された
あとは特に説明するまでもない普通の職質である

48歳で5回ぐらいの職質というのは一般的には多いのか少ないのかどうなのだろう
しかし、いつ受けてもその瞬間はドキッとするものである

それにしても登録住所が他市だというだけで聞かれるなら今後も可能性がある
チャンスはまた訪れるかもしれない
だが同じ奴は勘弁してほしいものである

いずれにしろ最大のチャンスを逃して悔いが残った職質だったことは間違いない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴重なデータ

2012-03-25 04:12:45 | Weblog
またやってしまった・・・、しかも立て続けに・・・
何をやったのかというと漏らしたのである
俺は出勤の日は起きてから部屋を出るまで極力トイレは1回で済ませたいという思いがある
その思いが強すぎて過去何度か漏らしてきた
そしてその度に、もう意地を張らずに素直にしようと誓ってきた

しかし、しばらくするとまた我慢してる俺がいるのである
どうやら自宅で極力用は足さないという感情がDNAに組み込まれてるようである
もう変えようがない気持ちのようだ
極論するとBIGで6億当たっても変わらないような気がする

それゆえに定期的に漏らすわけだが冬は特に要注意である
暖かくなってきたとはいえ、まだ汗をかく時期ではない
だから昼頃1回出して部屋を出る夕方4時まで耐えるというのはきついのである

恐らくほとんどの人は朝起きたらまずトイレだろう
俺もまずはトイレに行く
これが平均すると11時半ぐらいだ
そこから4時間半我慢するわけだが必然的に出勤直前に尿意がわいてくる

そこでの判断が難しいのである
会社まで持つかどうか経験による判断になるんだが大体は判断を誤ることはない
だが希に判断ミスが生じ漏らすことになる
この漏らすということが信じられない人もいるだろうが、
50歳を目前にして限界から放水までの時間が極端に短くなっている

若いときは限界に来ても、そこからもう一分張りできたが今は限界即放水になってる
つまり限界を感じたら即アウトなのである
蛇口をきつく閉める力が衰えてるのだろうか
だから、尿意が芽生えた瞬間、出さないと危険なのである

そしてその日である
微妙な尿意を感じつつもこれならいけそうだと思い部屋を出た
その日は前日雨で会社に自転車を止めてたんで徒歩での通勤である
徒歩といっても10分なので快調に歩いていた
しかし会社を目前にして突然限界が襲ってきた

会社の外のトイレまで全力で走れば30秒ぐらいの距離である
だが過去の経験から間に合わないという結論が出た
幸いだったのは駐車場が近くにあったことだ
だが塀がなく隣の民家や道路からほぼむき出しの状態である

だが周りを確認する余裕などなかった
車と車の間に入り急いでモノを出そうとした瞬間コンマ何秒の差で放水してしまった
パンツからズボンから靴下、靴まで結構濡れた

俺は、またやったか~と心の中で笑いながらズボンを穿いて会社に入った
普通は帰宅後すぐに洗濯だが前にも書いたとおり洗濯日のサイクルがあるんで、
決まった日にしか洗わないことにしてる
ならばせめてパンツだけでも替えるべきだがすぐに乾いたので、
次の交換日まで履き続けた
下着は3日に1度交換するんで少しの辛抱である
そしてそれが2回回る6日に1度洗濯をするというサイクルである

そして、もう我慢はしないようにしようと誓った1週間後に再び漏らすことになる
今度は軽い尿意はあったもの今回は大丈夫だろうと部屋を出た
今回も自転車は会社に置いてあり徒歩での通勤である
前回鬼門となった駐車場を通り過ぎ会社の敷地に入った途端強烈な尿意が襲ってきた

もう階段を上がってる状況であり外のトイレには戻れない
急いで階段を上がりトイレに駆け込んだ
平時には立ち小便用便器を使うことはないんだが緊急時なのでそっちを使った
その日は傘を持っていたので手前の棚に傘を置いてズボンを下ろした瞬間また間に合わず放水である

前回よりはマシだったがパンツからズボンから少し濡れた
不幸中の幸いだったのは誰もいなかったことだ
もし誰かがいたらと考えると恐ろしい
まあ過去に1度だけ垂れ流しながら駆け込んだときに中に1人いて見られたことはあったが、
知らない奴だったんで助かったということはあった

しかし傘を棚に置いたのが失敗だった
棚の幅が短いので下に落ちないよう丁寧に置いたため時間を食ってしまった
入ると同時に傘を床に放り投げればよかったのである
しかし何度同じ失敗を繰り返すのであろうか
自分でも呆れるばかりである

だが今回の失敗には共通点があることに気づいた
それは2回とも徒歩での通勤だったことだ
俺は雨との関係で自転車を会社の駐輪場によく止める
普段止めてる駐輪場では屋根の幅が短く濡れてしまうからだ
無断で他のマンションの駐輪場に止めさせてもらってる礼儀として、
屋根の下には置けず、はみ出した位置に置いている
だから翌日雨の予報だと濡れないように会社の駐輪場に置いて帰る

すると翌日は歩いて出勤となるわけだ
そして今回2回とも徒歩だった
後日、似たような尿意があったが自転車のときは間に合った

ひょっとして徒歩だと歩く衝撃で尿が下に降りてくるのだろうか
そういえば過去に漏らしたときも徒歩が多かったような記憶がある
ということは徒歩のときは少しでも尿意があったら出してから部屋を出て、
自転車のときは強行突破でいいのではなかろうか

これは盲点だった
今後において有益なデータが得られたのは収穫である
そんな危険な賭けをするより単純に部屋で2回やれと突っ込まれそうだが、
こればっかりは無理であろう
もう、そういう人間になってしまったのである

したくなったら何も考えず、すぐにしていた昔が懐かしくもある
だがもうあの頃に戻ることはできないだろう
出勤前に2回してはいけないという強迫観念のもと今後も定期的に漏らしていくことだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーストコンタクト

2012-03-18 02:32:23 | Weblog
さて、1~2月の電気代が過去最高を記録したわけだが不可解な出来事が起きた
それは、2~3月の電気代がその記録を更新していたのである
俺は今回の電気代に関しては、それほど注目もしていなかった
なぜなら前回を上回ることはないだろうと確信していたからだ

もっとも電気を食っていたであろうエアコンの稼働時間も大幅に減ったし、
電気毛布にいたっては、ほとんど電源を入れることはなかった
だから1~2月の電気代を上回ることはもうないだろうと思っていた

そしていつものように検針の人が来たのが分かったんでポストの中から明細を取り出した
今回は6000円台はおろか、ひょっとしたら5000円台まで戻してるかもと思い金額を見た
思わず、えっ?という言葉が出そうになった
そこには前回を上回る7743という数字が刻まれていた

前回より400円弱上回って記録更新である
おいおい、嘘だろという気持ちである
エアコンの稼働時間は明らかに減ったし電気毛布も点けてないし、
2月は29日までしかないから対象期間も短いはずだ
それなのになぜだろう・・・

もちろん、今は開き直ってるので電気代そのものに対する精神的ダメージはない
だが記録を更新した要因が理解不能なのである
もしかして浴室を暖めるための乾燥がエアコンより電気代を食ってるのだろうか
確かにシャワー前30分ぐらいから回している
シャワー時間を入れたら毎日45~1時間ぐらいは回してることになる

そしてエアコンを点けないかわりに電気ストーブを800Wで点けていた
電気ストーブは割りと長時間点けていたこともあった
それでも正味2時間ぐらいで長時間はごくたまにで、すぐに400Wに切り替えていた
それなのにこれである
寒さを無理に我慢はしないことにしたから電気代はいくらでもいいみたいに書いたが、
それでもさすがに7000円が普通になるのは困る

今月はエアコンを使う機会は大幅に減るだろうし電気毛布も同じだろう
できれば5000円台まで戻したいものである
問題は浴室乾燥だが、これだけは抑えるわけにはいかない
室内を十分暖めてから入らないと本当に命がヤバいと思う
ただ真冬時に比べると暖まるまでの時間が短くなってきたような気がする
ピーク時は30分暖めないと入れなかったが今は15分ぐらいで入れる感じだ
とにかく今月は少し電気代を意識して過ごそうと思う

さて、先日ついにその日が来た
例の不気味な隣人とガッツリ鉢合わせてしまった
俺はマンションに入るとき階段を見上げて誰もいない確認してから入ることにしてる
もちろん階段に誰もいなくても玄関が開く音や通路に人の気配があるかどうかも確認している
だが昼間が厄介なのだ

向かいが美容院なんだが、そこの店員とたまに目が合う
俺は印象に残るのが嫌なんで極力見ないようにしてるんだが、それでもたまに目が合ってしまう
だから昼間に階段を見上げてると、そこの店員がそれを見てるんじゃないかと思ってしまう
だから昼間は夜ほどガッツリ見れない
そこに落とし穴があったのである

俺はその日、出勤前に弁当を買おうと思い早めに部屋を出た
すると無断で止めている駐輪場の前に親子連れが立っていた
そこのマンションの住人ではなさそうだが、この状況で自転車を出せない
万が一そこの住人だったら無断駐輪がばれてしまう
もちろん、そこの住人がちょっと徒歩で外に出てて、
戻ってきて部屋には入らず、すぐ自転車に乗るというケースもあるんだが、
万全を期して弁当を断念し部屋に戻ることにした

そしてマンションの前に立ったとき、当然美容院も視界に入ってる
俺は意識をそっちに奪われ階段を見ずに上っていった
そして2階の踊り場に差し掛かったとき目の前に人が立っていた
顔を見ずとも気配だけでピンときた
あの得体の知れない奴である

俺は、やっちまった~と思ったがまさかもう引き返せない
そのまま体を捻って上がり、そいつも捻って降りていった
まさに服が当たるぐらいの距離である
俺は顔を見なかったが、あいつは見たかもしれない
当然向こうも隣の奴だと分かったはずだ

恐らくあいつも俺が出たので安心して出たのではないかと思う
まさかこんなに早く戻ってくるとは思わずビックリしたことだろう
すべてはあの親子連れのせいである
あの親子さえいなければ俺は弁当を買いに行って会うことはなかった
それと美容院のせいである

どうも目の前が店だと見張られてるような気がして不快だ
誰もお前なんか見てねえよというツッコミは覚悟の上だが困ったものである

しかし同じマンションの住人に会うというのは、なぜか気まずいものだ
これが家族が住む分譲マンションなら笑顔で挨拶できるんだが、
単身者用のワンルームだと気まずさが先に来て挨拶するのも躊躇してしまう
というか下手すると挨拶したら負けぐらいの雰囲気である

今後も出るときと入るときに神経を尖らせる生活が続いていくことになる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両方?

2012-03-11 03:28:24 | Weblog
まったく人騒がせな事件が起きた
本当に肝を冷やした
もっと言うと絶望的な気持ちになった

何が起きたのかというとポストのテープである
大体どこのマンションでも空き部屋になるとポストの投函口にテープが貼られる
それを見て、この部屋は空いてるんだなと分かるわけだ

そして前回、優良隣人が引っ越してしまったと書いた
それからすぐのことである
出勤するために階段を下りていくと・・、
何と俺のポストの両サイドにテープが貼ってあるではないか!

おいおい、もう片方も引越しが決まったのか!?
確かにもう片方は、いつも部屋にいる得体の知れない住人である
だが物音自体はほとんどしない、こちらもまた優良な隣人である
それが時を同じくして出て行くとは・・・

これで新たな迷惑住人にサンドイッチにされるという悪夢の可能性が出てきた
いくら俺でもバカに両サイドから挟まれたらノイローゼになりそうである
しかも確率的に考えると、あり得ないことではない
テープが貼られた2つのポストを見た瞬間の俺の絶望感が伝わるだろうか
本当に大げさだが、この世の終わりぐらいの絶望感である

そいつは越してきてまだ7ヶ月ちょっとである
一体何があったのか
やはり定収入がないから毎月の支払いがきつくなったのか
ひょっとして下のあいつに嫌気が差したのだろうか

しかし参った、2人同時なんてことがあるのか
俺はとりあえずネットで確認することにした
だが、その部屋は掲載されていない
先に出て行ったもう片方の部屋は載ってるが、その部屋は載ってない

さすがにすぐには載らないだろうと思ったが次の日も無しだ
普通は管理会社に伝えた時点で載るはずだ
もしかして本人の意思ではなく家賃滞納で退去を求められたのだろうか

あれこれ考えつつ、また出勤のため外に出ると・・・、テープがなくなってるではないか!
まさか管理会社が貼り間違えたのだろうか
それとも家賃が振り込まれ契約続行になったのだろうか

真相は分からないが、とりあえずホッとした
テープが貼られてたのは1日だけだったと思うが本当に肝を冷やした
俺の勘だが、たった1日で剥がされたことを考えると管理会社の勘違いだったような気がする
テープを剥がしたのは恐らく住人本人であろう

だとしたら本当に人騒がせな勘違いである
そいつも自分のポストにテープが貼られ驚いたのではないか
これで隣に迷惑住人が来ても乗り切れそうである
程度にもよるが片方だけなら精神的には楽である
しかも俺は夜遅くまで起きてるので、深夜の騒音も基本的には問題はない
こういうときは朝早く起きなくていいのは最強だ

何か次に来る奴は迷惑者と決め付けて話してるが、もちろん常識人に来て欲しいのは当然だ
ただ、今いる得体の知れないほうには出て行かれては困るのである
色々文句は言ったが隣人としてはパーフェクトである
騒音がないというのも、もちろん大きいんだがそれ以上に大きいことがある
それは遅い時間のシャワーである

俺の浴室は、そいつ側に隣接してるんで遅い時間に浴びるときは気を使う
もちろん、下の騒音を俺と勘違いしてインターホンを鳴らすぐらいだから音に対しては敏感なのだろう
ただ、いわゆる生活音に関しては寛大な面がある
俺の部屋には両サイドの浴室が隣接してないので隣の入浴時にどれぐらいの音が漏れてるのか分からない
ただ話し声がハッキリ聞こえるぐらいだから相当漏れてるはずだ

これが俺の生活パーンの中で最大のネックだった
俺は夕方からの出勤ということで帰りが遅いので必然的にシャワーを浴びる時間も遅くなる
0時を過ぎることもしばしばである

1番遅くて0時半ぐらいに浴びたこともあった
それでも苦情の類は来ていない
実は何時ぐらいまでOKなのか試す意味もあって徐々に遅くしていった
一応それでもリミットは0時半だと思ってる
もっとも、そこまでいくことはほとんどないんだが基本的に時間を気にしなくていいのは助かる

前に女性が住んでたときは23時半ぐらいが限界だと思い、遅くなったときは翌日の昼に浴びていた
これは夏ならいいんだが冬だと結構厳しいものである
何より帰ってきて寝る前にはシャワーを浴びて寝たいものであろう
だから今の住人になって本当にシャワーの面では大助かりである

これで別の人間が越してきたら同じように受け入れてくれるとは限らない
管理会社に苦情が入るかもしれないし怒鳴り込んでくるかもしれない
だから、そいつが引っ越すとなると死活問題なわけだ

もちろん、そいつとて遅い時間のシャワーを容認してるのではなく怒りが積み重なってきて、
ある日突然爆発し、いきなり刺されるという危険性も0ではない
だが本当に怒ってるなら何かを感じるはずである
今のところそれらしき気配は感じていない
俺としては容認してもらってるんだと勝手に解釈してる
だから出て行ってもらっては困るのでとりあえず一安心だ

いずれにしろ、もう片方の新住人決定の日まで怯え続けることには変わりはない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安の日々

2012-03-04 02:18:51 | Weblog
さて、ついに恐れていたことが起きてしまった
最高の隣人が引っ越してしまったのである
度々書いてきた得体の知れない奴ではなく、もう片方の奴である
そいつは朝出て夜遅くに帰ってくるという健全な生活を送っていた
しかも休みは週1回ぐらいでほとんど部屋にいなかった
しかも、いるときも静かで最高の隣人だった
年は30代前半ぐらいだろうか

俺が入居した少しあとに越してきたので、そろそろ更新の頃だなとは思っていたが、
更新を期に引越しを決意したようだ
その日は何やら騒々しい声で目が覚めた
朝9時ぐらいだった
こんな朝っぱらから何をしてるんだと思いつつ聞いてると荷物を運び出してるのが分かった

俺は瞬時にピンと来た
ついにこの日が来てしまったかという落胆と、
次にどんな奴が来るんだろうという不安で頭が真っ白になった

確率的に見ると、そろそろとんでもない馬鹿が越してくる頃である
いやあ不安ですねえ
一応最上階角部屋だから、すぐに決まってしまうと思う
初期費用なしでいいなら俺が引っ越したいぐらいである
やっぱり角部屋のほうが精神的に楽だ

実は俺が契約したとき、隣の部屋も空いていた
不動産屋に行って初めて知ったんだが家賃が2000円高い58000円だった
今ならどうってことない差だが当時は1人暮らしにどれぐらいかかるのか分からず、
2000円の差にビビッて、そっちにしてくれとは言えなかった

今回俺と同様そいつも家賃値下げを打診されたはずだ
それを振り切っての引越しだから余程の事情があったのだろう
しかし信じがたいことがある
その少し前にベッドに敷くでかいマットがゴミ置き場に放置されていた
俺はてっきり例の迷惑野郎が出したんだと思っていた
そしてついに引越しかと一瞬期待した
しかし隣の奴だったわけだ

もちろん無料では回収できないゴミである
だが、お構い無しに放置されたままだ
そのうち回収されるのだろうが普段の常識ある生活からすると意外だった
最後の最後に大迷惑である
ひょっとすると過去の指定日以外の迷惑ゴミも何件かはそいつだったのかもしれない

しかし本当に人の出入りが激しいマンションである
単身者用のワンルームというのはこういうものなのだろうか
まあ俺も少し前の更新のときには迷ったぐらいだから理解は出来る
それでも引っ越すとなると物件にもよるが全部ひっくるめて少なくとも15~30万ぐらいかかる
これを考えると気軽には引っ越せない
かといって残るのも約8万の更新料である

ただ俺の場合は家賃を6000円安くしてもらったので更新を決意した
それと両サイドの隣人の存在もでかい
もちろん職場から歩いて10分というのも大きな要因である

そして今回、優良な隣人という一角が崩れてしまったわけだ
早速不動産のサイトでその部屋を探してお気に入りに登録した
毎日、決まったかどうか確認しつつ、どんな奴が来るか怯えながらの生活になりそうである

しかし、これは1人暮らしをしてれば避けられないことだ
隣に馬鹿が来るたびに引っ越してたら金がいくらあっても足りない
初期費用が安ければ気軽に動けるんだが今それを言っても仕方がない

しばらく隣人に恵まれてただけに、そろそろハズレを引きそうな気がする
だが仮にそうなっても乗り越えなければならないだろう
もっと悲惨な状況で精神的におかしくなる寸前でがんばってる人たちも大勢いるだろう
それに勝たなければ1人で生きていくことなど不可能である

今は最悪親元に逃げるという手段もあるが、それを使えるのもあと少しだと思う
そう考えると逆に酷い奴に来てもらって自分を鍛えたほうがいいのかとさえ思えてきた

この立地を考えるとすぐに決まるだろう
そう言いつつ常識のある奴に来て欲しいというのが正直なところである

さてどうなりますか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加