またも顔を・・・

2010-12-24 10:36:24 | Weblog
この前、隣のの女性に顔を見られたと書いたが今度は反対側の男に顔を見られた
俺は最上階3部屋の真ん中に住んでるんだが、
今まで両サイドの住人と目が合ったことはなかった
しかしこれで立て続けに目が合ってしまったことになる
ただ俺を隣の男だと特定できたかどうかは定かではない

なぜなら前回の女性とまったく逆のシチュエーションだったからだ
その男が階段を上ってるところに俺が下から見上げる形になったのである
しかもあのとき女性はマンションに近づいてきたが俺は近づいてはいない
なんとも微妙だが詳しく説明させてもらう

前回同様文章では映像は浮かばないと思うが大雑把には把握できると思う
まずこの前、俺は駅から一直線の道を反対側から帰宅すると書いた
そしてマンションの反対側の道路を歩いて近づき、
それらしき人物がいないのを確認して直角に道路を渡って中に入る
先にマンション側に渡ってしまうと正面で会ってしまう危険性があるからである

そしてその日も反対側から様子を見てそれらしき人物がいないのを確認して直角に曲がった
そして上を見上げたら3階に上る男と目が合った
3階に男というと俺の隣しかいない
おおよその外見はイメージできていたんですぐにピンと来た

俺は油断していた
その男はなぜかいつも直角に曲がるその道路のほうから帰ってくるのである
俺もそのことは把握していた
だからそっちも確認するべきだったのだ
なぜ気づかなかったかというと曲がる位置で反対側に男が来ていたので、
すれ違うのが嫌だからちょっと通り過ぎてから曲がったのだ

だからそいつに目がいって道路の先から歩いてくる隣人を見落としたのである
そいつは俺が通り過ぎるのを正面から見てたはずである
そして階段を上がって下を見るとさっき通り過ぎた奴が戻ってくるからおかしいと感じただろう
しかしここで俺の用心深さが生きたかもしれない

俺は玄関には一直線に向かわず反対側から上を確認する
上から降りてきてる奴がいるかもしれないからだ
そして誰もいないのを確認してから玄関をくぐり階段を上がる
だからそいつと目が合ったとき俺は玄関に向かわず反対側を歩いていた
そしてそのまま通り過ぎた

つまり形の上では下を通った奴と偶然目が合ったという状態になったわけだ
しかしそいつの俺を見る目が明らかに俺が隣人だと察知した感じだった
俺もそうだが顔を知らなくても何かピンとくるものである
前回の女性もそうだったがやはり窓から何度か姿を見ていたのかもしれない
いつも同じ格好をしてるんで見ればすぐに隣の奴だと分かったのかもしれない

俺も両サイドの2人は何度も窓から見てるがやはり隣はどんな奴なのか気になるもんである
もちろん2人が俺を見ていたという確証はない
しかし目が合ったときのあの表情は明らかに隣人だと確信していたように見えた
いずれにしろ立て続けに両サイドの住人と目が合うというのは不吉な流れである
しかも繰り返すが目が合うのは初めてである
それがこんな短期間の間に立て続けに起きたのである
これは近いうち廊下でバッタリという最悪の事件が起きるかもしれない

しかし自分の部屋に出入りするのにこれほど気を使ってる奴はいないだろう
何度も言うが俺は指名手配犯でもなく部屋に覚せい剤があるわけでもない
自分でも不思議である
しかもマンションだけではなくバイト先の会社の出入りも同じである
唯一スーパーとか俺を誰も知らない場所に行ったときのみ精神的に解放される
堂々と周囲を確認せずに歩き回れる
同じことが会社やマンションでもできたらどんなに幸せかと思う
まあ俺はこのまま周囲の目に怯えながら生きていくのであろう

さて前回滝のように漏らしたと書いた
そして会社の風呂場で下洗いをして自宅でも洗濯した
しかし乾いたパンツを見て愕然とした
最初に噴射された股座の左側が黄色く染まってるのだ
黄色っぽいのではなく鮮明な黄色だ
これは落ちない色の付き方である

すぐに洗わず6時間ぐらい放置したのが原因だろう
それでももちろん捨てることはない
匂いは落ちてるし人に見られるもんでもないんで大丈夫である
ただ実家に帰るときに洗濯物を持っていくことがある
どうせなら家で洗ってもらって1回分を節約したいからである
しかしこのパンツはさすがに実家の洗濯籠に入れてはまずいだろう
何より親がショックだろう

しかし今振り返ってもびしょ濡れのパンツでよく仕事をしたものである
しかも食品会社である
製品に直接的な影響はないだろうが買ってくれてる人に申し訳ない気持ちである
しかしあの時はそれ以外に選択肢はなかったのでやむを得ない

そして実はあの日以降も尿意を我慢して出勤している
感覚的にこれならいけそうだと思い一か八かの賭けをしてる
あれだけのことがあってもなお懲りてないのだ
やはり出勤の日に部屋を出る前に2日するというのは受け入れがたい

あの直後は出勤前にちょっとでも尿意があれば出していこうと心に誓った
しかしまた逆戻りである
朝起きて最初に出したとき流さずに2回目で出すという選択肢もあるんだが、
朝イチは量が多いため溜めると2回目に多く流さなきゃならない

俺の部屋のトイレは大小のレバーがあるんだが小は途中で止まらない
つまりずっとレバーを上げて自分で止めるタイミングを判断するわけだ
これだとどこで水が入れ替わるのか分かりづらい
しかも古いタイプで水を無駄に多く使う旧型である
これが小も自動で止まる節水タイプなら安心してできるんだがこれでは躊躇してしまう

まあ冬の間1回多く流したからといってそれほどの出費になるとは思わないが、
10年以上に渡って体に染み付いた習慣なので今からは変えられない
極論すると仮にBIGで6億当たってもトイレを流すのは躊躇すると思う
それぐらいの習慣である

これは近いうちまた会社の風呂場で洗濯することになるかもしれない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去最高

2010-12-13 01:38:05 | Weblog
これは間違いなく過去最高である
幾度となく小をちびった話をしてきた
最近筋肉が緩んでるのか締め付けられず限界近くになると勝手に出てきてしまう
だから限界まで我慢せずに出すことにしている
もう自分でコントロールできなくなってきてるのである

そして先日事件が起きた
何度も書いてるが俺はできれば会社で用を足したいので出勤前は極力我慢している
これで何度か漏らした苦い経験があるが本能的に自宅でしたくないので我慢してしまう
俺は起きたらまずトイレに行くが出勤の日はこの1回で済ませたいのだ
大体10時~11時ぐらいに起きてトイレに行く
そこから夕方の4時ぐらいまで我慢するわけだ

俺の中では出勤前に2回したら負けなのである
夏場なら余裕だが冬はさすがにきつい
ならば最初の1回は流さず2回目で流せばいいじゃんと言うかもしれない
しかし最初の1回は溜まりに溜まってるので量も多い
これを残すと汚れが付きそうで怖い

確かにクソを一晩放置したことも何回もある
しかし毎日となると抵抗がある
だから最初の1回は必ず流すことにしてる

そしてその日も最初の1回を済ませ無事に乗り切れそうな雰囲気だった
しかし出勤時間が近づくにつれ雲行きが怪しくなってきた
なんというか嫌な尿意なのだ
会社まで持ちそうなダメそうな微妙な感覚である
これがはっきりダメなら部屋でするんだが我慢して部屋を出た

結構余裕でこれなら大丈夫との確信を得た
もう会社はすぐ目の前、大丈夫だ
そしてロッカーで着替えを始めたとき信じられないことが起きた
先っちょから突然数滴漏れたのだ
慌てて締めたが突然限界モードに突入である

服を適当にまとってトイレに駆け込もうとしたが入り口付近で堤防が決壊した
もう垂れ流しながら歩いてる状態である
俺は左曲がりなんでズボンの左側がびしょ濡れである
しかもその時間トイレに人がいることはめったにいないんだが1人が出てきた
俺は目も合わさず駆け込んだがあれだけズボンが濡れてればばれたかもしれない
しかも作業着も上から被せただけという異様ないでたちである
そんな奴が走りながらトイレに駆け込んできたらもう漏れる寸前である

しかしそんなことを気にしてる場合ではない
急いで個室に入りドアを閉めパンツを下ろしたがほぼ9割が出てしまっていた
もうズボン、靴下、靴ともびしょ濡れである
不幸中の幸いは右側は無傷ということだ

さて困った、すぐ現場に行かなくてはならない
乾けばそのまま入ることも可能だが乾く時間はない
総務課に行って替えのズボンをもらおうにもこんな状態では行けない
そこで洗濯籠から人が洗濯に出したズボンをもらうことにした

他人が汗をかきながらガッツリ作業したズボンを穿くのはきついが仕方がない
しかし・・いつもは作業着で溢れてる籠が回収直後だったのか1つもないではないか!
これは欠勤するしかないかと思ったら知らないオヤジがロッカーに来た
服を着替えだした、どうやら上がりのようだ
そして作業着を籠に入れた

これは奇跡というほかない
まさに俺のためにズボンを貸してくれたようなもんだ
しかしそいつは俺のような薄汚いオヤジである
そいつの脱いだ直後のズボンを穿くわけである
しかしこっちの下半身は尿でびしょ濡れである
躊躇してる場合ではなくそいつが出て行くのを確認してそいつのズボンを穿いた

言うまでもないがパンツと靴下と靴は濡れた状態である
風呂場で軽く流すことも考えたが時間的余裕はない
そこでそのまま現場に入った
何度も言ってきたがそこは食品工場である
食品製造現場にさっき小便を漏らして洗ってもいない奴が入るわけである
我ながらすごいことである

そして無事に仕事を終え誰もいないことを確認して風呂場に入った
ただこの場合誰かが入ってくるリスクもある
しかし自宅で洗うのはどうも抵抗がある
体だけならまだしも下着や靴まで洗わなくてはならない
ゆえにリスクを犯して会社で洗うことにした
しかし誰かが来たら顔を見られたくないと言ってるのに顔はおろか全部見られるわけだ
もしそうなったらきつすぎる
だがその時間は、まず誰も来ないことは分かっていたので一か八か決断した

素っ裸になって、まずは洗面器にお湯を入れパンツを洗った
何度もお湯を変えながら念入りに洗った
同じ要領でシャツと靴下も洗った
当初シャツまでは洗わないつもりだったがパンツに入れてたため、
染み込んだ可能性があるんで洗うことにした
そして靴もお湯をぶっ掛けて洗った

次に体である
ケツから太ももにかけて尿がこびりついてるはずなんで洗い流そうと思ったが、
面倒なんでそのまま湯船に入ることにした
湯船に入った状態で太ももやケツをさすって洗い流した
当然お湯には俺の尿が染み渡ってるわけだ
夜勤者が何人か勤務明けに朝方風呂に入るのは知ってる
それを考えるとさすがに申し訳ない気持ちになった
しかしめったにないことなので勘弁していただきたい
もちろん俺の体にも僅かながら尿の成分が付着してるはずだが帰宅してシャワーで流せばいい
ちなみに会社の風呂場のシャワーは故障中で使えないので湯船に入ったわけである
この点もついていない

さて当然タオルなど持ち合わせてないから洗濯籠に入ってる他人が脱ぎ捨てた作業着で軽く体を拭いた
さすがにこの時間になると結構籠に作業着が溜まっていた
とはいえ汗臭い他人が着てた作業着である
風呂上りにそんな作業着で体を拭くのは抵抗があるが緊急措置なので仕方がない

そして裸足で靴を履きシャツとパンツも着ないままズボンと服を着て帰宅した
びしょ濡れの靴を履くというのは心身ともにきついが短い距離なので耐えられた
これが電車通勤だったらと考えると恐ろしくなる
しかし今から考えると入浴中に誰かが来てたらと考えるとゾッとする
当然風呂場は洗濯禁止である
そこに下着はおろか靴まで持ち込んでるのである
厳しい会社なら即解雇であろう

そして部屋に戻って入念に体を洗い無事にリセットできた
当然洗濯もするが下洗いを終えてるのでさほど神経質にならなくてもいいだろう
こういうときは会社に風呂場があるのは助かる
しかし本当に尿噴射ストップ機能の低下は深刻である
とにかく尿意が高まると無意識のうちに数滴出てしまうのである

俺はダウンタウンと同い年なんだがあの2人もこれぐらい緩くなってるのだろうか
それとも俺は同年代から見ても恐ろしく老化が早まってるのだろうか
シミだらけの顔を見るとやはり俺はものすごいスピードで年を取ってるようだ

紙おむつ着用もそう遠い日ではないような気がしてきた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコポイント

2010-12-04 23:47:58 | Weblog
先日実家からエコポイントについて教えて欲しいとメールが来た
どうやらエアコンと冷蔵庫を購入したらしい
ちょっと調べたら申請書の作成が複雑すぎて理解不能だった
そしてネット上でも分かりづらいという声がかなりあった
これは厄介かもと思いながら帰宅するとすでに書類は作成されていた

つまり販売店が全部貼り付けてくれてたのだ
それであとは何を選ぶのかということで分からなくなっていたのである
早速HPを見たら色んな商品があって迷う
しかしやはり1番いいのは商品券だろう
そして人気ランキングを見るとどうやら商品券や電子マネーが1番人気のようだ

しかし電子マネーだとカードを作らなければならず面倒だ
しかもうちの親はコンビニにはめったに行かない
商品券も交換するだけで手数料が引かれることも分かった
さてどうしたものかと色々見ていたら驚くべき商品を発見した
それはマルエツの商品券である

マルエツは実家からすぐの場所にありいつも利用している
しかも手数料なしである
日常使うスーパーの商品券とは最高の交換商品であろう
なぜなら絶対に使う金だからだ
これはもうラッキーというしかない
まさに親のためにマルエツをピンポイントで狙い撃ちしたかのようだ
これですんなりエコポイントの件は解決した

ただ届くまでに相当時間がかかりそうだ
最後の駆け込み購入もすごかったらしいので気長に待つことにしよう
しかしレシートを見たらエアコンと冷蔵庫がそれぞれ10万で計20万だった
どういう経緯で親が買おうと思ったのか分からんが、もっと安いのでもよかっただろう
エコポイントがあったとしても相当なマイナスではなかろうか

実家に帰るとテレビも新しくなっており突然家電を買い出したのが謎だ
しかも親は高齢であり家電に対して無知である
恐らく店員に言われるままに買ったのだろう
パソコンもそうだが相当無駄な出費をしてると思われる
俺に相談してくれればもっと安く買えただろうにと多少悔いも残るが離れて住んでるので仕方ない

しかしこっちは安い家電で溢れている
テレビがヤフオクで買った7000円台のブラウン管である
ハードディスクレコーダーもヤフオクで27000円ぐらいだったと思う
炊飯器も電気ストーブも電子レンジもその店で売ってる1番安いやつを購入した
パソコンもDELLのノートで56000円ぐらいだったと思う

ただ俺が買ったときは1番安いグレードだったんだがメモリが512MBでハードディスクが40GBである
これでは遅くて最近はストレスが溜まりまくりだ
そして動画を保存するとすぐに一杯になってしまう
そのせいで外付けハードディスクを購入する羽目になってしまった
だが俺が買ったときはそれでもいいほうだったと思う

しかし俺が買った直後ぐらいから同じ値段で一気にスペックが上がった
今では5万以下でもメモリ2GBのハードディスクが200GBぐらい余裕である
今すぐ買い換えたいぐらいだが使えるうちは使い切ろうと思う
ちなみにハードディスクレコーダーも容量が80GBしかないのですぐに一杯になってしまう
こっちはDVDに保存することなく消去して対応してる

ただこのハードディスクレコーダーは近年買った家電では最高に重宝してる
俺は夕方バイトでいわゆるゴールデンタイムは不在のときが多い
そこでよく番組を録画するんだがテープのときは大変だった
すぐにテープが絡まったり痛んだりして繰り返し見るのも躊躇していた
しかしこれなら気軽に何回でも見れるし録画中にも再生できる
スローですら余裕でできる
本当に便利なものが開発されたものである

ただ気軽ゆえ、たいして見たくないものまで録画してしまってる
再生したら見るに耐えず早送りということも何度もある
まあそれでもテープに録画してた頃よりは、はるかにマシだ

現時点で毎週必ず予約するのは日曜から先日終わったが龍馬伝、ドリトル、火曜のギルティ、フリーター、
水曜の池上彰、木曜の医龍、金曜のSPECだ
あとはその日の内容を見てバラエティーやドキュメンタリーを予約する
こうやって見るとドラマは結構見てるほうかもしれない

とにかく俺は休日に何かするということはないので録画した番組を見るのが、いい暇つぶしになってる
人から見たら、つまらん人生と思うだろうが友達と会って何かするというのも面倒なのでこれで十分である
いわゆる1人が好きっていうやつである
まあ幸い友人もいないので楽でいい
ただ確かにたまには誰かと会いたくなることもある

昔同じ会社でバイトしてた奴がいて、そいつが唯一外で会う友人である
それも年に10回ぐらいなので丁度いい
しかし誰かと外で会うのが年に10回程度しかないというのもすごいことかもしれない
まあ世の中には年に1回もないという人もいるだろうが、さすがに0だとちょっときついかもしれない

今は現状に満足してるが年とともに変化するのだろうか
まあ将来の孤独死、無縁死は確定してるんだが、人恋しくなるかもしれない
いずれにしろ今から交友関係を広げるのは不可能なんでこのまま進むしかないだろう
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加