顔だけは・・・

2010-11-29 17:45:58 | Weblog
前回絶対会ってはいけない隣の女性と会ってしまったと書いたが今は細心の注意を払っている
それこそ空き巣が侵入するかのごとく自分の部屋に入っている
俺は外に出るときは帽子と度のないメガネを着用している
これは顔にコンプレックスがあるのと会社で俺だと悟られないための変装である
作業着に着替えてしまえば怖いものなしなんだが私服での顔は見られたくないからだ
ちなみに帽子もメガネも100円ショップで買ったものである

しかし変装した姿を見られると変装してる意味がなくなってしまう
変装はその1つのスタイルしかないからだ
かといって素顔で出入りするわけにはいかない
どっちを見られてもダメというのは困ったもんだ
とにかく絶対会わないように万全を期すのみだ

ちなみに外見で言うと困ったことがあった
俺のバイト先の課長が心筋梗塞で倒れ入院した
一時生死の境をさまようほど危険な状態だったようだ
さて当然見舞いに行こうという話が出てくる
しかし俺はこの素顔を見られたくないので行けなかった

同じ課の親しい奴に誘ってもらったが断腸の思いで断った
情けないが素顔を見られるわけにはいかないのだ
何度も書いてるが食品工場なのでネット帽とマスクをして作業をしてる
これで結構顔が隠れるものである
だから顔見知りでもロッカーなどで素顔で会うとかなりイメージが変わるのもである
特に女性だと髪が露になることもありドキッとすることも結構ある

このようにいいほうに変わればいいんだが俺は最悪である
この薄毛、ヒゲ、シミが無防備に晒されるわけだ
こいつこんな老け顔だったのかと驚くはずだ
先日も以前同じ課で働いてた奴と久しぶりにロッカーで会った
そいつには以前素顔を晒したが相当前だったと思う
だから久しぶりに俺の顔を見て驚いたことだろう

しかも間の悪いことに全部着替え終わってからロッカーに入ってきたのである
もう少し早ければ帽子を被ったままやり過ごせたんだがついてないときはそういうもんである
ちなみに俺は会社に入る時間も出る時間も中途半端な時間なんでめったに人に会わない
だから誰かがいるとドキッとする
知らない奴ならいいんだが知ってる奴だとそいつがいなくなるまでトイレで隠れたりしている
それぐらい顔を見られたくないのである
お前ごときがどうでもいいじゃないかと言われればその通りなんだが、
やはり顔を隠してることで多少の希望は残しておきたいのである

唯一の救いは入院してる病院がかなり遠いことだ
だから全員が行くわけでもなく恐らく半分も行ってないと思う
ただ俺と課長の付き合いの長さを考えると行かなければダメな関係だ
それでも行けない自分自身に腹が立つがやむを得ない
まさか復帰後、見舞いに来なかった奴が冷遇されるということはないだろうが少し不安だ
とはいえ俺が課長だったら見舞いに来なかった奴は俺が嫌いな奴だと思うだろう

現場でもっとも世話になってる課長が倒れたら普通はすぐに駆けつける
たとえ遠くてもそれが普通だろう
しかし先の理由で行くことができない
仮に工場の中に病院があり作業着のまま(帽子を被った状態で)行けるならもちろん行く
俺だって行きたいのである
この真意を伝えられないのが歯がゆい限りである


さて先日寝巻き用にディスカウントショップで1番安い長袖シャツを買ったと書いたが問題が起きた
そのシャツは黒赤白のチェック柄なんだが黒い小さな毛玉がかなり落ちるのだ
安い服を買いなれてる俺だがここまで酷いのは初めてだ
上下の下着に黒い毛玉が付着して中々取れない
そのまま下着を洗濯するのも嫌だし困ったなあと思っていた
いくら激安とはいえ、すぐに捨てるのも気が引ける

外で思い切り払ったらいくらか少なくなったような気がする
やはりせっかく買ったのだからこの冬はこれで乗り切ろうと思う
これはやや厚手の生地なんだがもう少し薄い生地のほうがよかったようだ
暖かそうに見えたがそれが落とし穴だった
ただこれでその店ではどんな生地がNGなのか分かったので来年の冬は同じ失敗はしないだろう

しかし今年は暖かいので助かる
もうすぐ12月だというのにいまだに寒い思いをしていない
このまま少しでも長くこの暖かさが続いて欲しいもんである
俺の場合冬をどう乗り切るかが最重要テーマである
小さい電気ストーブと湯たんぽだけで乗り切らなければならない
掛け布団も薄っぺらいのが1枚だけである
それを服を着こんでいかにカバーするかである

正念場の季節がすぐそこまで迫っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに・・・

2010-11-21 02:48:42 | Weblog
先日ついに恐れていたことが起きた
俺は3階の最上階に住んでおり3部屋あるうちの真ん中に住んでいる
この両サイドの住人とは1度も顔を合わせていない
もちろん何度か書いたが外出時に何回か窓からこっそり後姿を見てるので、
おおよその感じは分かってる

1人暮らしをしてる人は大体同じだと思うが隣人とは極力顔は合わせたくない
俺も意識して会わないよう注意深く行動してきた
特に片方は女性なので特に注意してきた
俺が爽やかなイケメンならまだしも女性がもっとも恐れる犯罪者顔なので見られるわけにはいかない
もし見られたら相当な恐怖と不安を覚えるはずである
だからその女性のためにも会ってはいけないのである

しかし事件は起きた
バイトから帰宅しマンションの前に来たら男が中から出てきた
見たことのない男だった
俺は入られるとこを見られたくないのでそのまま素通りした
そしてそいつがいなくなったのを確認して階段を上がった
そしてふと下を見ると1人の女性がすぐ下にいた

一瞬まさかと思った瞬間バッチリ目が合った
1度も正面から見たこともないのになぜか隣の女性だと直感した
後姿からのイメージとはだいぶ違ったが28~35歳ぐらいの感じは合っていた
(実際は違うかもしれないが)
俺が周りを警戒してるのと同じようにその女性も誰にも会いたくないのだろう

だから手前に来た瞬間上を見上げたわけだ
そしてガッツリ目が合ってしまったわけだ
俺は隣の女性だと確信したが中々上がってくる音がしない
さすが女性だけにすぐ入ると今のが隣の女だと悟られるので少し間を空けたのだろう
しばらくして階段を上がる音がして部屋に入った

もしかしたら前に回って2つあるうちのどっちに電気が点くか確認したのかもしれない
3階フロアの残り2部屋は男と分かってるだろうが隣じゃない可能性もある
隣でありませんようにと祈りながら見てたかもしれない
もしくは裏に回り入るところを見てたかもしれない
恐らくどちらかの行動をとったはずだ
いずれにしろ完璧に素顔がばれたのは間違いない

しかしあの男さえあのタイミングで出てこなければ会わなかったのだ
以前から間一髪で遭遇を回避してきたが強運も尽きたわけだ
しかし俺も油断した
文章で書いても分からないと思うが大体の感じはつかめると思うのであえて書かせてもらう

俺はいつも駅につながる通りを反対方向から帰ってくる
だから駅から帰ってくる人たちとすれ違う
その女性も向こうから来るので一応それらしい女性がいると警戒する
そのマンションは工場からの帰り道の右側にある
だから俺は左側を歩きマンション手前で道路を渡り中に入る

最初に右に渡ってしまうと駅からマンションに入る人と正面で向かい合ってしまう危険があるからだ
だから左を歩きマンションに入る人がいないのを確認して道路を渡って中に入るわけだ
そしてその日もそうして入ろうとした瞬間、あの男が出てきたわけだ
だからそのまま中に入った道をしばらく歩いて後ろを振り返り、
そいつの姿が消えたのを確認して再びマンションのほうに向かって歩いた

つまり角を曲がってるので駅から歩いてくる人の姿を確認できない状態だったのだ
今から思えばもう1回通りに出てそれらしい人がいないか確認するべきだった
俺としたことが不覚だった
もし出てれば間違いなくその女性を確認でき反対側に歩いて遭遇を回避できたはずだ
なぜあのとき万全を期さなかったのか悔いが残る
それぐらい隣の女性とは会ってはいけなかったのだ

俺はマンションに近づくと必ず両サイドの部屋の電気を確認する
電気が点いてれば出てこないか注意し点いてなければ駅からの道を注意するわけだ
そしてその日は女性の部屋の電気が点いていた
大体その女性のほうが先に帰宅するので点いてることが多い
だから部屋にいるんだと思い込み周囲を注意する意識が薄くなっていたということもある
これが電気が消えてれば間違いなくマンションに入る際周囲を再確認したはずだ

隣の女性は当然隣が男というのは知っていたはずだ
だからトイレを流す音やシャワーを浴びる音が聞こえると相当の苦痛だっただろう
しかし今までは音だけの苦痛で済んだがこれからそうはいかない
これからは音と共に俺の顔が映像として入り込んでくるわけだ
俺がクソをしたり臭そうな体を洗ってる映像が頭の中に流れるのだ
これは客観的に見ても耐え難いのが理解できる

唯一の救いは近距離でガッツリ会ったのではなく3階付近の階段を上ってるのを見られたという点だ
電灯などで明るいとはいえ角度によっては影もできるような場所である
あの時間あの角度でどのくらい鮮明に見えるのかは分からないが近距離正面コンタクトよりはマシだ
まして俺は変装用に帽子とメガネを着用している
ヒゲだらけは確認できたとしても多少のモザイク効果はあったと思う

そしてその女性が部屋に入るのを遅らせたため自分の顔は覚えられてないと信じてくれてる可能性があるという点だ
こっちは思いっきり気づいてるが向こうがばれてないと思っててくれれば救いがある
しかし怖いのは1回会ってしまうと立て続けに会ってしまう危険性があることだ
物事の流れというのはそういうもんだからこれからは警戒レベルを最高に引き上げなければならない
1番怖いのは廊下でバッタリということである

俺は帰宅して階段を上がるとき3階のドアが開く音がしないか注意しながら上がってる
そしてドアが開いたら瞬時に下に降りられるように準備している
1度だけ途中でドアが開き引き返したことがあった
途中だったからいいようなものの、俺がもう少し早く着いてたらと考えると恐ろしい

俺としては隣は男より女のほうがありがたい
これは変な意味ではなく女性のほうが常識をわきまえてる確率が高いからだ
その女性が来る前は男が住んでて常に友達が来てちょくちょく話し声が聞こえてきた
女性の話し声は我慢できるが男の話し声は結構イラっとくる
だから今の状態はありがたい
もう片方は男だがこれがほとんど騒音を出さない素晴らしき隣人である

ゆえに入居して2年過ぎて72000円の更新料を払って2年間延長したのである
精神的には気を使うが引っ越して非常識な奴に来られても困る
とにかく両サイドに引っ越さないでくれと願うばかりである

そのためにも俺が最大限に気を使って会わないように心がけなければならないわけである
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さい奇跡

2010-11-12 01:25:37 | Weblog
さて前回書いたようにコインランドリーに行ってきた
誰にも会いたくないので夜の1時半ぐらいだった
布団カバーとシーツだけで水が相当汚れるはずだからそれだけにしようと思ったが、
せっかく行くのだからまとめて洗おうと思い下着(シャツとパンツ2セット)と、
夏の間着続けた半袖シャツもついでに洗うことにした
このシャツは以前も書いたが夏の間1度も洗うことなく着続けたシャツだ
しかもこの夏はこれ以外着ていないので本当にご苦労さんと言いたくなった

しかし布団セットでかなりの量になった
大き目のレジ袋に無理矢理押し込んで下着類は別の袋になった
つまりレジ袋2つを持って部屋を出ることになった
しかしコインランドリーには直行しない
その前にやるべきことがあるのだ

それはシーツとカバーのホコリをはらうことである
長期間ずっとそのままだったのでホコリや色んなカスがこびりついており、
それをはらってから入れないと水がホコリやカスまみれになってしまう
それを少しでも減らすためにそれらをはらう必要がある
部屋にバルコニーがあればそこではらえばいいのだがないので外ではらうわけだ

それも恐らくすごい量が舞うと思うのでマスクも用意した
さて問題は場所である
深夜とはいえさすがに誰かが来たらまずいので近くの図書館の敷地ではらうことにした
ここでもう1つの問題は風向きである
向きを間違うと溜まりに溜まったホコリやカスが顔面を直撃する
その対策としてマスクはしてるんだが目に入ったり髪に付くので十分注意しなければいけない

一応部屋の窓から煙突の煙が見えるんでおおよその向きは確認してある
そしてはらう前にもう1度肌で感じて方向を決めてはらった
暗くて見えないが相当な量だったと思う
しかし周囲を見渡し誰もいないのを確認したが住宅街でマンションもいくつかある
完全に確認するのは不可能だし何人かに見られてたかもしれない
しかしそれは覚悟の上である
ほんの数分だし目の前に誰かが来なければ大丈夫である

しかし見てた奴がいたとしたら怪しすぎる光景だろう
深夜2時近くに図書館の敷地でマスクで顔を覆ってる奴が白い大きな布を広げているのである
こんな状況でシーツや布団カバーのホコリをはらってるだけなんて思いもよらないだろう
だが間違いなくそれだけである
そしてコインランドリーに着いたが幸い誰もいなかった

急いで全部放り込んで回したがあっという間に水が真っ黒になった
下着類はむしろ汚れるんじゃないかと思うほどの水の汚さである
ちょっと洗剤の量が少なかったのか泡立ちがほとんどなかったが今更しょうがない
まあまたすぐ洗うので気にせず一旦帰宅した

そして30分ぐらいダラダラと時間を潰して部屋を出て洗濯物を持ち帰った
俺の部屋にはバルコニーがないので外には干せず深夜なんでとりあえず風呂場の棒に吊るしておいた
そして翌日窓際の棒に2日間順番に干して無事完了である
そしてディスカウントショップで買ってきた670円の長袖シャツを着て寝た
寝巻きだと外に出るのは恥ずかしいがこれなら普通に外出できる
ゴミ出しとかも気軽にできるわけだ
これでとりあえず部屋における衣替えは完了した
あとは真冬になったときに長袖シャツと作業着の間に着るジャンパーを買えばいいだけだ
うまくいけば作業着だけで持つかもしれないがさすがにそれは無理であろう

さて話は変わるが先日スーパーで感動的な出来事があった
その日はいつものように買い物をしてレジに並んでいた
俺は1人暮らしを始めてから小銭がたまらないように順番が来るまで大雑把に準備しておく
札を出して硬貨を出して1円玉をすぐに出せる状態にしておく

例えば1323円だったときは1000円札のほかに323円を、
100円玉が足りないときはとりあえず23円を出すといった具合だ
そして会計になって半端の硬貨を出そうと思ったらなんと手元にある硬貨がピッタリだった
つまりそれを全部使ってポケットの中の硬貨が全部なくなったのである
正確な金額は忘れたがすごい中途半端な額で10枚近くあったと思う
100円、10円、5円、1円と500円玉以外の硬貨をすべて使い切ってのピッタリである
これはまさに奇跡であろう
俺は会計を済ませその感動の余韻に浸りながら店を出た

こういうことがあると気分がいいというかすごいラッキーな気分になる
まあまたすぐに小銭がたまるんだがこういうことを繰り返しながら小銭を捌いている
昔はレジで男が小銭を細かく払ってると恥ずかしい奴みたいな目で見ていたが当然のことだったわけだ
しかし1人暮らしをして初めて分かることがたくさんあるもんだと感心する

今では小銭を細かく払ってる男を見ると親近感が湧いてくる
昔は早くしろとイラついてたのにすごい変わりようだ
もっとも半端を細かく払ってる人が必ずしも1人暮らしとは限らないんだが、
今ではそういう人を見て恥ずかしい奴という気持ちはなくなった

それが当然のことと思えるようになったのは1人暮らしの収穫の1つだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬到来

2010-11-06 03:10:27 | Weblog
やはりというかすぐにライトが消えた
セロハンテープで留めただけなんですぐに浮いてしまったようだ
また剥がして留めるしかないかな
しかしこれを繰り返す根気はさすがに持ち合わせていない
ちなみに消えてからはまた360度見回し走行が復活した
たかが自転車のライト1つでこれほど悩むのは馬鹿の極みだろう

さていきなり冬モードに突入し寒さを感じながらの生活に変わった
外ではどうでもいいのだが問題は部屋の中での生活である
まずシャワーを浴びる前に乾燥を点けて浴室を暖めないと入れない状況になった
そしてドアの外に電気ストーブを点けて置いておくという冬生活のスタートである
まさに秋を飛ばして一気に冬が来た感じだ
ついこの前まで暑さと格闘していたのが嘘のようである

こうなると温水器のスイッチも常時ONにしていつでもお湯が出るようにしなければならない
夏の間はシャワーの前の1時間だけONにすれば十分だったが、
冬場はぬるま湯ではきついのでONにしていつでも熱いお湯が出るようにしておく必要がある
こうなると電気代が一気に跳ね上がる
夏場は2800円ぐらいだがスイッチ常時ONの冬場は5000円を超える
MAXでも6000円を超えることはないので恐れる必要はないんだがまあ痛いのは痛い
しかしこれをしないと寒くてとてもシャワーなど浴びられないのでやむを得ない

外に電気ストーブを置いて乾燥を点けて浴室に入りシャワーを浴びて出るという流れである
この時期はまだ電気ストーブは400Wでいいんだが真冬になると800Wにしないときつい
そしてシャワー以外の普段の部屋着も重要になってくる
ディスカウントショップで売ってる1番安い長袖シャツを寝巻き代わりに使う
これは冬の間1度も洗濯せずに着続け夏が来たら捨てる
下は短パン一丁である

そして寒さが厳しくなると会社から作業着の上下を借りてくる
借りるといってももちろん無断で持ち出すわけである
この上下を上から着てそのまま寝る
本来はその間にもう1枚薄めのジャンパーを着るんだがまだ購入していない
これも近いうちその店で1番安いやつを買うつもりである

つまりシャツを着て長袖シャツを着てジャンパーを着て作業着を着るというのが真冬スタイルである
下は短パンの上に作業着を着て毛糸の靴下を履いて完了である
そしてきつい日は湯たんぽを投入することになる
布団は薄いのが1枚だけである
もう1枚増やせば万全なのだが場所をとるのでこれ以上は増やしたくないのでやむを得ない

そして冬モードへの切り替えで欠かせないのが布団カバーとシーツの洗濯である
これはコインランドリーで洗う
どちらも所々黄色く変色してるが洗えば黄色は落ちないが清潔になるから十分だ
誰かに見せるわけでもなく外に干すわけでもないので恥ずかしがる必要はない
この2つを洗って冬支度は完了である

これからの12~2月までの3ヶ月をどう乗り切るかが1人暮らしの大きな課題になってる
暖房は電気ストーブのみだから部屋が暖まることはないので常に布団の中である
問題はシャワーを浴びるときでこれが本当に辛い

乾燥で暖めればある程度は暖まるが真冬だと寒さは完全には消えない
しかも湯を張って浸かるわけじゃないので体も温まらない
その状態で凍りつくような室内に放り出されるわけである
出たところに電気ストーブは置いてるが体を拭く間の急場しのぎにすぎない

若いときなら余裕で耐えられるだろうが50近くになるとちょっとした変化で大事に至る危険性も増す
そこで電気ストーブより強力なハロゲンヒーターを購入しようかと考えている
これも部屋全体を暖める力はないが体に向けてれば相当暖かいらしい
少なくとも電気ストーブよりはマシだろう
とにかく真冬に裸になってシャワーを浴びるときの憂鬱感は半端ない
まさに浴室に戦いを挑むような気持ちである

そして服を着て布団に入ったとき無事生還できた喜びに浸るのである
しかしちょっと前までこの部屋は30度切ることがあるのかと思ってたのが信じられない
やはりどんなに夏が暑くてもちゃんと冬はやってくるわけだ

もちろん真冬になればこの部屋で汗をかく日なんか来るのかと思うことになる
常に室温が23度ぐらいなら最高なんだがそれは誰も同じだろう
とにかくこの年になってくると冬を越すのも命懸けである

早く暖かい部屋で過ごせる身分になりたいがそんな日は来ないだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加