俺時々不審者

2016-09-19 02:19:56 | Weblog
突然だが男なら誰しも1度は経験があるのではなかろうか
女性の後ろを歩いていて、
前の女性が思いっきりこっちを気にしてる感じである

それを十分感じながらも、
こっちも歩く方角が同じで急いでるから、
どうすることもできず、
微妙な空気のまま歩いていくあの感じである

特に夜などは女性の不安な心理状態が痛いほど伝わるため、
本当にばつの悪い時間が流れる
俺はガッツリ振り向かれて急がれたり走られたこともある

女性の側からするとガッツリ見るのは気まずいらしく、
横を見るふりをして確認するケースが多いが、
俺は大丈夫だよと言いたくなる時もある

そして先日過去最大という事件が起きた
何度もガッツリ振り返った挙句、ダッシュで走って行かれた
これは結構ショックなもんである

そしてもっとショックなのが、それが小学生の男子だったからである
これは本当に変質者というか犯罪者に見えたということだろう
その日は出勤で普通に歩いていた
近くに小学校があり時間的に下校時間と重なっており、
小学生の集団と一緒に歩くことがよくある

その日は割とまばらだったが前方に3~4年生ぐらいの男子がいた
俺はまったく意識にもなかったが、ある瞬間そいつが振り返り目が合った
まあ前を向いて歩いてるから当然だろう

その時は何とも思わなかったが、また振り返って目が合った
そしてまた・・・、まさか俺を疑ってるのか・・・、
もちろんまだ明るい16時ぐらいで周りに人も結構いる時間である
そんな状況で徒歩の俺に何ができると言うのか
後ろからいきなり刺す系の異常者ということだろうか

そして振り返る頻度が上がったところでダッシュで走って行った
こういうのは慣れてるとは言え、
ここまで露骨だと結構精神的ダメージが残る

しかし俺にも経験があった
昔同じような年頃で前方に立ってる男性に不安を感じたことがあった
なぜその瞬間その男性にそう感じたのか不思議だが、
誘拐されそうな不安を感じたのを思い出した

本当にただ普通に立ってる40前後の男性だった
どっかに歩いていく用があり、通り過ぎて帰りも同じ場所にいた
だから俺を狙ってるように感じたのかもしれない
その頃は刺すとかではなく誘拐という意識しかなかった
1人で立ってる男性がどうやって俺を誘拐するんだという話だが、
瞬間的に恐ろしく不安になったのを覚えている

だからまあ今回の件は仕方ないことである
まして今の時代である
恐らく帰ってから親に、
不審な男に後を付けられたみたいに言ったのではなかろうか

そして母親がママ友などに注意喚起してるかもしれない
最近不審者情報というのがあるが、
こういうケースも結構あるのではなかろうか
昔よりもはるかに敏感になってるから、
自分で言うのもなんだが、
俺のように真面目な人間にとっては厄介である

それにしても男子というのが結構きつかった
男子でもあれだけ警戒する時代になったということだろう
これが女児だったら帰宅後通報されてるのではなかろうか
下手するとその場で防犯ブザーを鳴らされてるかもしれない
何かの歌じゃないが、
普通に歩くこともできないこんな世の中じゃって感じである

まあ冷静に自己分析したら疑われてもしかたない外見である
ある意味自己責任ということだろう
これからもこの外見という十字架を背負って生きていく覚悟である
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食事状況 | トップ | 破けたパンツのその後 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ライオン)
2016-09-26 00:30:36
こういうのは精神的にジワジワっときそうですね。。。
あまり気にしないほうがいいですよ。悪い事しているわけではないのですし。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事