いのしし くん。

政治、経済から音楽全般の評論
ultimate one in the cos-mos

安倍内閣支持率36%。 up-holder rate of the abe cabinet is 36%

2017-06-19 20:16:00 | 日記
 (1)安倍首相は昨年の安保法制法案審議でも世論調査で国民の過半数が反対するなかでも意に介さない姿勢を示して、それで安倍内閣支持率が下がってもいちいち動向に左右されない信念を示していた。

 自衛隊PKO法案でも当初は国民の過半数が反対と言いながら、現在は安倍首相が言う立派に国際貢献しているとして、世論調査、内閣支持率(up-holder rate of the cabinet)にいちいち反応しない考えを示していた。

 (2)これまでも一時的に安倍内閣支持率の下落はあったが、事が過ぎればまた比較安定した内閣支持率を維持するというくり返しで、結局は対立政党、自民党内にも対立候補者がいない安倍内閣、自民党一強時代いわれる現状安定政治に支えられていることが強気の背景だ。

 今通常国会は疑惑汚染国会と書いたが、あれだけグチャグチャやっておいて直近のメディアの世論調査では安倍内閣支持率は前回調査から10%下落して36%、その分不支持率が9%上昇して44%と久方ぶりに不支持率が上回った。

 (3)自民党幹部は「非常に厳しい数字だ。謙虚に受け止めなければならない」(報道)と語っているが、参院の委員会審議、審査権を「中間報告」でカットして共謀罪法案を強行成立させ加計学園疑惑解明を逃れる会期内国会閉会による国会空洞化をつくっておきながら、「(安倍内閣支持率急落に)非常に厳しい数字だ」とはこれみよがしの変な余裕としか感じられない傲慢(ごうまん)さんだ。

 安倍首相にとっては有力な対立候補者がいない余裕であり、内閣支持率など時が過ぎれば回復するとのこれまでの思い込み、学習効果なのだろう。

 (4)安倍内閣支持率の36%は全米トランプ政権の支持率と変わらずに相当の評判の悪い数字だ。夏の自民党と対決する小池都知事代表の都民ファーストの会との都議選での結果が安倍政権、内閣の今後を占うことになるが、これまで早口八丁の安倍首相に軽く翻弄(ほんろう)されてきた小市民的国民意識(the petite bourgeoisie)が野党に受け皿がないなかで、どう安倍政権にお灸をすえるのか、せいぜいそんな領域、範囲内での政局なので国民などの足元を見られているこれまた余裕なのだろう。

 (5)弱小野党にまったく期待できない以上は与党自民党内での対立軸への期待しかない。今回の国会運営、とりわけ安倍首相、同夫人がかかわったかどうかの森友、加計学園疑惑問題は疑惑解明を逃れる安倍首相にとっては支持率下落、政治的ダメージにつながるものだけに、党内対立軸にとっても自民党の党員支持を拡げていく機会にはなるだろう。

 本日の通常国会終了記者会見では早口八丁の安倍首相が妙に神妙に反省を述べていたが、それなら最初からこんなことをするなよと言いたくなるどうしようもないごまかしだ。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国大連立構想。 plan of a ... | トップ | ビートルズ「ヘルプ」から「S... »

あわせて読む