折り込みチラシの裏

社会人をやめゲームプログラマーになる為
新聞奨学生となり自分を戒めるための日記です
21時~22時頃更新「予定」

ご案内ボード

3005-05-18 | 日記
ご訪問ありがとうございます

貴方は目のお客様です
小さなゲーム屋の日々さんのところと
悲惨さんのメモ帳さんのところから
アイディアをパ・・・参考にしました。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

最も 濃い 50分の1の人生

2007-03-31 | 日記
今日は 自分の通帳をもって
新聞奨学生として2年間を過ごした
配達所にいきました

なんでも 3月働いた分のお給料を
振り込んでくれるそうです

もう新聞は配らなくてもいいのに
配達所についたら
なんか 新聞配らなきゃ ってきになってしまいました
危ない危ない


せっかく学校の近くにも着てるってことなので
学校に言ってみると 職員室の引越し作業で
結構忙しそうでした
恩師のohara先生と話し
今自分が働いている会社にいた
S先生とも話しました
「今 任された仕事ができないと この先勤まらないからしっかりやりな」
と 励まされました

さて 蒲田にいったんならと
LEDZONEにいってみたら 大会をやってたので
参加しました

ただ さすがにチームでエントリーしてるところは
連携がしっかりできてて ボロ負けという結果に終わってしまいました

で いま 蒲田の漫画喫茶にいます
ここで ブログを書くのも 何度かあり
ネットで調べ物をするときもこの 学割の利く漫画喫茶を利用していました

ここで このブログの最後のまとめをしたいと思います

自分は この二年間を 人生の中で最も濃い時間をすごした2年間だと思います
自分がもし 100年生きたとしたら この二年間は50分の1でしかありません
80歳でも 40分の1

だけど その 50分の1は
自分の中で忘れられない人生となりました

そしてこの2年間で 得られたもの
それは 自信 です
いままでは 最も信用できないものは自分自身でした
今は 自分の可能性を見出し
どんな困難でも立ち向かってやろう と思います

そして こんな自分に自信を与えてくださった 皆様に
一言書いて このブログを終わりにしようと思います

大原先生
あなたに出会わなければ このブログも この自分の人生もありませんでした
自分にきっかけと 自信を与えてくださり 本当にありがとうございました

川村先生
先生にはいつも励ましてもらい 本当にありがとうございました
先生の励ましがなければ きっと自分の心は折れ 学校に
来なくなってと思います

ブックマークに登録してあるブロガーの方々
暇なときにしか見ることができませんでしたが
人それぞれに いろんな考えや人生観があり
時には 癒され 時に 新たな発見があり
そして 自分以外にも 
嫌なことがあっても それを乗り越えていると言うことに 気づかされ
勇気付けられました ありがとうございます

最後に $さん
$さんには このブログのはじめのほうから
色々な事を教わり そして励ましていただきました
時にはしかられも しましたが
それは 自分のために言ってくださってることだと
このブログを見直したときに よく気づかされました
この二年間 お付き合い頂きありがとうございました



皆様 この二年間 このブログを見ていただきありがとうございます
これで 折り込みチラシの裏 の最終更新とさせていただきます

ありがとうございました
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

頭があがらないね

2007-03-30 | 日記
会社の懇談会のあと

よるのお店に行きました

しかも

会社の経費で

こりゃあ
会社のために恩返ししなきゃね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いてぇ・・・

2007-03-29 | 日記
DoCoMo版のアプリを
Vアプリ(正確にはS!アプリのP版?)に
移植する仕事を上司に依頼されました

昨日は開発環境を構築するのに半日かけ
今日は今日とてまた時間をたっぷりと食う羽目になりました

まさか
Vアプリは
リソースからgifを読みこまないとは・・・

携帯電話用のアプリを組む人間には
常識な事を知らなかったため
帰りがとっても遅くなってしまいました・・・

まだまだ 勉強不足で 時間を食ってしまい
痛い思いをしました

納期まで間に合うのか・・・
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

整理

2007-03-28 | 日記
今日は 日本工学院で2年間でもらったプリントを
整理して 大部分を捨てました

確かに これは置いて置いたほうがよかったかも知れません

だけど俺に必要だったのは勉強の仕方や
先生や友人の経験した事を知ること
いただいたプリントの大部分は教科書や本またはインターネットで
知ることができるしね

ただ 2年間のプリントを捨てるときは
ありがとう と一言告げてダストルームに置いてきました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ええんかいな・・・

2007-03-26 | 日記
予想よりも混んでいた電車に乗り
社会人として今日は出社しました

まあ それはおいておいて
むしろ帰る方が心配でした

帰ってええんかいな・・・

定時は6時らしいんですが
6時過ぎても誰一人帰らないんですよ
あ!帰る人がいた!よかった!と思ったら
俺の課の課長でした
噂には聞いてましたが
本当に 部下を残しスタスターっと帰って行きました

自分の今日の仕事は終わっていたし
特に他の指示も仕事も無いので帰る事にしました
飲みに行こうという誘いも無いしね


ただ 帰るのもしょーもないんで
池袋のゲーセンでCSNEOをやって帰りました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞配達の無い生活

2007-03-25 | 日記
今日から新聞を配らなくなりました
(昨日は土曜でいつもは休みだったんで実感が沸かなかったんですよ)
あー 何だこれ・・・幸せ?

実家のマンションを一歩出れば
レンタルビデオ屋があり
その30歩先にはゲーム屋(中古PCゲームも一部扱ってる)があり
そこから2分も歩けばドンキホーテにつくという場所

なんという立地

会社にも電車で20分でいけるみたいだし

後は部屋を奇麗に片付ければ言うことなし!

じゃー 早速掃除行ってみよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらば!新聞奨学生の日々!

2007-03-23 | 日記
今日は新人が来て1週間

今日の新人の仕事振りをみて今日出ようか考えていました
彼がどんなに困っていても口だけは出しますが手は貸さないつもりです

彼一人での仕事

結果は 残念ながら配達完了時間は7時を過ぎ
2件ほど 新聞の到着が遅いと言うクレームが着ました
さらに
用意する新聞の数を間違えたり
配達するルートを間違えたりしました

しかし 彼はひとつも配り忘れや 誤った場所には入れていませんでした

そして 俺は
「まだ少し経験が足りないが 一人でも配ることができる」と
店長と所長に報告し

新人に自分の部屋の鍵を渡しました

そう 今日をもって自分は新聞奨学生を終えることになりました
最後の別れの挨拶のとき また涙が出てしまうのかと思ったんですがね


なんか 全然別れのような雰囲気でないんです
ただ なんか一時的に実家に帰るような・・・

まさか 本当に一時的で
新聞配達に戻ることになるんじゃないだろうな 俺・・・

まあ このブログを書いたら
最後のレットゾーンと行きますか!

ああそれと 実家に帰ったらネットが使えるようになるので
コメントをできるようにしておきます
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新聞も卒業式!

2007-03-21 | 日記
新聞奨学生の卒業式がありました

幼稚園から専門学校まで5回 卒業式がありましたが

今回は6回目 
新聞奨学生の卒業式

卒業という式で泣いたことなど一度も無かったのに
式開始し最初の人の祝辞でいきなり

泣いた!

もーその後の他の人の祝辞でも泣き

送辞で泣き 答辞でも泣きました
本当に泣きっぱなしです

新聞配達は大変だった と言うニュアンスの部分で
ボロ泣きでした。
そのニュアンスの部分を実際に体験しているせいか
その場面場面を思い出してしまい 声は出さず肩を震わせて泣いたと言う感じでしょうか・・・

まあ それだけ大変な2年間だって事です
さあ あと2日
俺の2年間をあと2日で新人に伝承しなくては
しかし 自分のやり方はどうも新人には合わないようで
新人にやりやすい方法を明日試します


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺のやり方で

2007-03-20 | 日記
新人の
教育方法でちょっとだけ他の人ともめました
あーでもないこーでもない
あれがいいこれがいい・・・

各人やり方はそれぞれですよ
スタイルも違うし

教えてるそばから口出しされたり
するわけです

俺のやり方で教えさせれ!



いまならあの先生が言っていた
ある話の内容がよくわかる気がします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加