SHELTER & FIELD

『都市生活者のサバイバルライフ』
茨城県笠間市のシェルター&フィールドにて
山小屋生活&週末田舎暮らしを実践中

ミクロトピア〜ミニマルな暮らしと建築

2014-03-14 | 山小屋暮らし
BS世界のドキュメンタリー「ミクロトピア〜ミニマルな暮らしと建築〜」
2014年3月13日(木) 24時00分〜24時50分 NHK BSで放送

ペットボトルの家、歩く家、ポータブルのカプセル住宅など
建築家や一般市民が手掛けたこれまでの概念を覆す「住まい」
を紹介するアーティスティックなドキュメンタリー。
2013年 スウェーデン Solaris Filmproduktion/Eight Millimetres制作

◎番組内容
油圧で操作する“脚”で歩き回る家。普段はコートのように身につけ、
眠りたい時にはカプセル状になる家。大量のペットボトルを池に浮かべた家。
荒野でエネルギーを自給自足でまかないながらもインターネットで
都市と完全につながる家…世界の建築家やアーティスト、一般の市民が、
最低限必要な役割だけを残し、特定の場所や環境に左右されない“自由な”
発想の家を考案し、実践している様子を取材した。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

先ほど放送を見たけど、内容はほとんど Lloyd Kahn著の「TINY HOMES」
カウンターカルチャーとしてのミニマル回帰は世界的な潮流のようだ。

でも「狭いとこ好き」「小屋萌え」とはちょっと違う視点かも。ようするに
建築アートとしてのインスタレーション、つまりアーティスト表現と主張が
ある作品が多い。

そんな中で良かったのは Jhon Wellsさん。
テキサスの砂漠でサバイバルライフを実践中。
前述の本では「The Field Lab」として紹介されている。
ようするに「荒野の研究所」。いったいなにを研究してるのか?

このおっさんがやりたいことは荒野でどんだけ一人で暮らせるかということ。
これは「Off the Grid」と呼ばれるカウンターライフの実践。雨水タンク、
ソーラーパワー、犬、牛たち、その筋で必要なデバイスはすべて装備。
温室には植物もたくさんあってびっくり。

彼曰く「砂漠でもインターネットは必要」 これは自分も同じ考え。
だからこそ過酷な環境と孤独に耐えられるのだろう。
オフ・ザ・グリッドでもオン・ザ・ウェブです。
AMAZONで買い物したら砂漠まで箱が届くのかな?

<写真はJhonのセルフビルドした母屋とその周辺>



コメント (0) | 

ぶらり途中下車の旅にリズケンが登場

2014-03-07 | コミュニティー
3/8(土)、明日の朝です!

9:30〜10:30 日本テレビで放送の「ぶらり途中下車の旅」にリズケン
〜リズム教育研究所が登場します!

旅人は舞の海さん!!

皆様、是非!ご覧下さい〜♪ 
<再放送もあり、BSでも見れますよ>


コメント (0) | 

『永遠の0』と筑波海軍航空隊記念館

2014-01-17 | コミュニティー
デジャ・ビュいわゆる「既視感覚」が子供のころから強くある。
スピリチュアルな体験も一度や二度ではないし、それがなぜそう
なのかは、後に神の啓示のごとく繋がってくることが度々である。

その場所はいつも何気なく車で行き来する友部の市街にあった。県立
「こころの医療センター」は良く行く市営の銭湯「いこいの家はなさか」
の先にある。この地に通うようになり、病院正門から初めて加賀田山
方面を見たときのことは、今でも強烈に覚えている。郷愁を誘う美しい
山々はまさに既視感であり、入り口の門柱は奇妙な拒否感を漂わせて
不気味だった。

昨年の暮れに北関の友部インターを降りたとき見つけたもの。
「筑波海軍航空隊記念館」ののぼり旗がたくさん。
「これって親父のいた航空隊だけど?筑波山の麓じゃないのか?」
「でも笠間って書いてあるよ」「ちょっと行ってみようか」

案内に従ってすぐに着いた場所が「こころの医療センター」だった。
「あっ…そういうことだったのか…」そして急に泣きたくなった。
自分が感じたデジャ・ビュの意味が解って愕然とし立ち尽くした。

そこはまさに戦時中の筑波海軍航空隊跡地であり、亡父が第13期
海軍飛行予備学生として訓練しその後零戦に搭乗、大戦末期には
戦闘403飛行隊にて紫電、紫電改で戦った軍歴の中核となる場所であった。
幾度となくその正門から加賀田山を見上げたであろうその場所に、自分が
なぜ偶然にも立っているのか。引き寄せられるようにこの土地に通って
いるのはなぜななのか。その回答を一気に貰ったのである。

(写真は現存する旧筑波海軍航空隊司令部旧舎)
コメント (0) | 

SHURE M44G、M44-7 モノラル再生

2013-12-23 | 日々雑感
レコード再生&カートリッジについての雑感。
オルトフォンMCも手元にありますが、まず表題のSHURE2種類で十分でしょう。
パワー感、音圧と粘り、キック&スネアドラムのスピードなど費用対効果は
最強です。こちらのは俗に言う「カモメ」ビンテージ。っていうか30年
くらい使ってる日用品。針交換=3000円程度で楽しめます、現行品でもOKですが
個体差があるような気も…(DJ仕様になって変わった?)いずれにしてもアナログ
LPの再生は入り口=カートリッジと針の組み合わせから考える方が簡単かと。

今っぽく鳴らす方法ですが、M44G、M44-7はパワーがあって骨太な石系
アンプだと(マランツなど)スピーカーに張り付いたような音になりがち。
その昔はJBLとマランツ等でM44系を鳴らすのがジャズ、ロック、R&B
再生の定番で、自分もそんな機材に夢中でしたが、今日ではかなりオールド
スタイルな鳴り方という気がします。骨太だけど立体的に鳴る空気感が欲しい
場合は「米国+英国」のミックスでしょう。ARCAMなど英国系のアンプは
こいつらのエグさを中和するので良い結果が出ると思います。

さて写真左はステレオ再生用のThorens TD2001/TP90 でM44G(OLD)+純正針。
LP12などと同様のフローティングですが、出てくる音の立体感は驚愕モノです。
楽器と同様にプレイヤー自体が上手く「鳴る」ので、B&Wと組み合わせると
ジューシーでエロティックな音になります。クラウス・オガーマンの「Gate
of Dreams」などをアナログオリジナル盤で聴くとあっという間に桃源郷へ。

でも欠点もあるんですね、80年代以降のジャズフュージョンではマルチトラック
レコーディングでステレオ効果がトラックダウン時点でもかなり意識されている
わけですが、50年代ジャズで「2トラ1発またはモノ録音」の気合が入った点音源
を聴くにはガッツがでませんし、スカスカな音になることも。このあたりは繊細な
フローティングプレイヤーの弱点のような気がします。
そんなわけでモノラル用には以下の専用プレイヤーで。

写真右はLINNのLP-12ではありません。ある方が改造したもので特注の鉛板が
入った黒壇のキャビにベルトドライブプレイヤーを移植したもの。
アームはユニバーサルですがメーカー不明です。M44-7(OLD)にJICO製のモノ針
(N44-1)をマウント。この針は44Gより44-7のほうが良い結果が出るようです。
モノラル結線はなし。(ディスクユニオンで針購入可)

リジッドのプレイヤーは昨今あまり評価が高くないようです。一般的な音楽再生
では高音と低音のわずかな時間差が違和感になりますが、ジャズのモノラル盤に
関してはこのあたりのタイミングがソリッドになるため、リジッドタイプが合う
ように思います。こういったことは楽器の世界観と同じで、ドラムセットでも
シェルの厚さや共鳴についての議論が常にあります。楽器のサウンドやオーディオ
再生には時代的な傾向や流行がありますので、これらの嗜好は当事者がどのような
キャリアの上で今に至っているかがポイントとなります。

実際モノラルのジャズLPはすごい音が出るんですが、ほとんどの方は汎用の
ステレオ針で聴いて「ふーん、古いしあんまり音良くねーな」ってなことで見放
しているのがほとんどでは?ステレオカッティングモノ(ややこしいですが、例の
針の太さと溝問題)だとしても、それほどグルーヴに問題は生じない気がします。
ステレオカッティングステレオをトレースするとかなり攻撃的な音になりますし
、グルーブを痛めるかもしれませんので止めた方がよさそうです。
もちろんステレオで聴くと素晴らしい近代のアルバムもたくさんありますよ〜。
では今日はそんなところで…。












コメント (0) | 

Chet Baker Sings

2013-11-01 | 山小屋暮らし
秋の夜長には最適なジャズアルバム。
ジャケ写ですが、レントゲン検診のバスに乗り込むチェット
(はい上着脱いで〜Tシャツ一枚でね)ってな感じです。

解説が必要ないくらいに有名音源ですが、いろんなバージョン
があることは良く知られています。オリジナル10インチ盤〜
リマスターCDなど各種ありますが、この筋で酷評されるギター
がダビングされているセカンドマスター版のアナログLP(日本盤)
も良く聴きます。自分のは「ギター・バージョンのモノラル盤」
これはこれでけっこう良いんですよ。

ルームリバーブが付加されているので(もしかするとリバーブ付加
ステレオバージョンの無理やりモノラル化?)ちょっと箱ライブみたい
ですし、うっすら聴こえるジョー・パスの後付けギターも楽しめます。

当時のマスタリングはアナログカッティングを前提にされている
わけで、これらバージョンはビニール(LP)で聴かないと意図した
雰囲気が伝わらないかもしれません。

でもステレオバージョンの国内企画CDは「マイ・ファニー〜」
が一曲目に。本来のアナログではA、B面は違う年代の録音ですから、
これらをバラバラに並べるのは音色面でちょっとキビシイかも。

オーディオファイルのみなさんは、インチキステレオバージョンなんて
言わないで、いろんな音源を楽しんでみてはいかがでしょうか。
コメント (0) | 

ガラジ・ピクニックバザール2013

2013-09-10 | コミュニティー
今年のピクニックバザールは9月21日(土)と22日(日)の二日間です。
※詳細は左のブックマークから検索ください。

10:00〜17:00(22日は16:00まで)

栗林の心地よい空気と緑、そして個性あふれる作品が里山に〜。

◎参加作家の方々

宮本一美
しがみさこ
近藤文
小堤均、小堤晶子
島崎小乙里
信田勝馬
吉澤奈保子
せと屋masa
大塚貴子
GOJAworks
村尾かず子
舘圭祐

きのみの(無添加おやつ)のお菓子販売もあります!

〒309-1623茨城県笠間市上加賀田1085
(北関東道友部インター下車5分)
※会場近くになりましたら看板を目印に一方通行でお進みください。

◎こちらはお仕事があって遊びにいけません〜(涙)
皆さん楽しんでください〜。
コメント (0) | 

UTA・IMA・SHOW !!

2013-07-16 | コミュニティー
2013年9月、ヤマハホールで開催される林アキラさん、岡幸二郎さん出演の「UTA・IMA・SHOW たっぷりどっぷりミュージカル」。東京公演のほか、福岡、大阪でも開催で、ゲスト陣も豪華な顔ぶれ。珠玉のミュージカル曲とあわせて柏木玲子さんのエレクトーン演奏もご堪能ください。

【タイトル】UTA・IMA・SHOW たっぷりどっぷりミュージカル

【東京公演】■日時:2013年9月18日(水)・24日(火)・26日(木) 開場/18:30 開演/19:00 9月19日(木)・25日(水)・27日(金) 開場/13:30 開演/14:00

■会場:ヤマハホール 東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F
http://www.yamaha.co.jp/yamahaginza/hall/

【福岡公演】
■日時:2013年9月22日(日) 開場/14:30 開演/15:00
■会場:イムズホール 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 9F
 http://www.ims.co.jp/information/hall.php

【大阪公演】
■日時:2013年9月23日(月・祝) 開場/14:30 開演/15:00
■会場:エルセラーンホール 大阪府大阪市北区堂島1-5-25
 http://htl-el-osaka.com/facilities/hall.html

≪出演者≫林 アキラ、岡 幸二郎
≪ゲスト≫光枝 明彦、木村 花代
≪演 奏≫柏木 玲子(エレクトーン)、江尻 憲和(ドラム)

◆入場料(全席指定・税込):前売り¥7,000 当日¥7,500
◆チケットのお求め:ローソンチケット TEL 0570-084-003 http://l-tike.com/ (Lコード:31405) ※全公演共通

チケット発売日:2013年7月13日(土)

このコンサートに関する問い合わせ: 関音楽事務所
http://www6.kiwi-us.com/~seki-msc/ 
コメント (0) | 

UFO捕獲

2013-07-12 | 日々雑感

小型UFO??着陸したのか〜?
学生が輸入した楽器です。
ハングドラムと呼ばれているパーカッションの仲間で、
手の指で叩くと神秘的な音が出ます。
なんとか作れないものかと、皆で思案中〜。
コメント (0) | 

私的オーディオセッティング その4

2013-05-02 | 日々雑感
音楽家は「音楽を、語ること」が仕事ではなく、「音楽で、語ること」
がその職務なわけで、これは神道でいうところの「神道は言挙げせず」と
同じです。そういった意味ではオーディオ評論とは無縁だと言えるでしょう。

しかしながら、圧縮mp3音源をイヤフォンで聴いて音楽を語るのは
少々無理があるわけで、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ氏が
「私たちの音楽をmp3で聴くのは馬鹿げている」と言ったのも当然かと
思います。じゃあ次のステップはというと、いま風の学生さんは
「ならYouTubeみるか」となってしまいます。音楽は見るものではなく
「音の無限の追求」というしごく当然の発想は残念ながらないようです。

以下、最近のメモより…

音楽のピュアって「音」だけのこと

美術館で音楽を流したら怒られる

「音楽」から喜びを得たい。他のものは邪魔

クラシックの演奏会は「黒」→私を見ないで、
服装で評価しないで音楽を聴いてください

現代は「複合芸術」や「パフォーミングアート」が主流

youtube 音楽の力が削がれている でもホントの
ブロードバンドはすごいかも

「見るまえに聴け」は音楽家にとって至言

mp3はスペックダウンサンプル音源として今後は「おまけ」


コメント (0) | 

私的オーディオセッティング その3

2013-04-01 | 日々雑感
◎シェルターログハウス(大)

DENON ターンテーブル+SHURE M44G → ARCAM Diva A75
プリメイン → B&W CDM1-NT
w/ARCAM Diva CD73 (CDP)

※流して聞く場合 : iPod デジタルトランスポートシステム
w/iPod classic 160G→ onkyo ND-S1000 → ARCAM rDAC
→ ARCAM diva A75 → B&W CDM1-NT

ログハウスの音響特性は目を見張るものがあります。低音はまさに
ボディーソニック。アコースティックな響きは他の建築物では味わえない
もの。でも地震があると地鳴りがログに共鳴して怖い。

◎シェルターログハウス(小)マウンテンサイド

DENON ターンテーブル+SHURE M44G → ARCAM Alpha 7
プリメイン → B&W CM1(NT)
w/ARCAM alpha7(CDP)

B&W CM1は唯一の現行モノですが、バスレフの低音がかなり回る
のでセッティングが難しいかと思います。100時間くらいエージングすると
ものすごく鳴ってきます。ブックシェルフサイズの素晴らしいスピーカー
ですが、マンションの本棚には置けません。
音像の膨らみが大きいので、購入には注意が必要かと思います。

◎シェルターログハウス(小)ロードサイド
(本気で聴く場合はここで)

ThorensTD2001/TP90&M44G(OLD)+純正針(ステレオ再生用)
オリジナルターンテーブル(ベルト)+SHURE M44-7 (モノラル専用)
→ Project/ PhonoBox → ARCAM A85プリメイン →
B&W CDM1 SE w/ARCAM Diva CD73 (CDP)

iPod デジタルトランスポートシステム
w/iPod classic 160G→ onkyo ND-S1000 → ARCAM rDAC

※7インチ、EP、SP盤用のサブシステム(日本語の音源専用)

Vestax BDT-2000 + Shure SC-35C → DENON PMA-390
→ Ortofon Concorde 1614S

ここではB&W CDM1SEを純正スタンドにアップしているので、いま流行りの
3次元的な立体サウンドが鳴らせます。ビヨンセのリミックスCDなんか
聴くと楽しいですね。もちろんアナログジャズもOK〜。

サブシステムは日本語の音声帯域にあわせたもので、オルトフォンの1614や
デノンの安価なプリメインは適役です。むちゃくちゃ安いBDT-2000はフォノイコ
内臓ですが、これがまたいい感じで鳴ります。昭和の歌謡曲や長唄のシングル盤は
ローエンドの民生機器を対象にマスタリングされていますので、お金をかけない
ほうが気分良く鳴ると思います。B&WやARCAMはハイファイの雰囲気が気分を邪魔
します。ようするにジンガイさんが和服を着てるって感じでしょうか。
コメント (0) |