妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

情けない。。

2015-09-18 10:52:31 | 日記
勇気がない、意気地無しのアタシが嫌い。
ちょっと頑張れば。
勇気を出せれば、なにか変わるかもしれないのに。
変わらなくたっていいじゃない。
ダメで元々。
いままでどれだけダメで元々な人生だったか(笑)。。
いわばベテラン。

なぜ躊躇するの?
待っていい女じゃあないでしょ、あたしは(笑)…
余計な期待をして躊躇してしまうなんて、なんて愚かしいことをしてしまったのだろう。
せっかく神様が二回も微笑んでくれたのに。
神様、お願いします。
2度あることは3度ある、を適用いただけないでしょうか。
意気地無し、頑張ってみますから(>_<)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

…。

2015-09-12 12:22:23 | 日記
すべてが空回りしている気がしてならない。

なんなのだろう、この気持ちは。
私はもう一生、キラキラ、ウキウキしたトキメキを得られることはないのだろうか。
我が人生失敗。
リセットボタンがあるなら、間違いなく押すわ。

若き日の自分に言いたい。
真面目でいたっていいことなんてひとつもない。
親の言うことなんて、なんの確証もあるわけではないのだから、己の思うままに生きよ、と。
若いうちに失敗すればいい。
今になって失敗すると、死んでリセットするのが一番、と思えてしまう。
それだけ、根深くリセットしにくい。

だけれども。
私は自分の人生に失敗したと思うけれど、後悔はしていない。
だって、成功も失敗も結果論だもの。
歩いてきて、手詰まりだと思っただけのこと。
コマを進めてみなければ失敗だったとはわからないわけで。
ただ、もう一度トライできるなら。
真面目に、深窓の中でとどまっているようなことはすまい。
時代性に合わせて生きていくべきなのだ、と思う。

さあ、この手詰まり人生、どうするか。
なにやら、身体が悲鳴をあげている気もするので。
神様が回収に来てくれるのかなあ。。。
私なりに頑張って生きてきたのに…失敗、しちゃったなあ(笑)…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加