妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

脳髄まで

2014-06-24 09:40:24 | 日記
とろけるような恋が、一度でいいからしたい。
ただ、それだけ。
なのに、なんで、こんなに苦しいんだろう。できないんだろう。
昨日も、さらに追い込んだ。
最後の、あがきwww

これでダメなら・・・諦めて、誰かに身を委ねるんだー。
で、子供産もうかな。
ま、そこは未定だけれど。
愛がない子供、育てられるか否か、という話だもん。
そうそう無責任なことできないしね・・・。

一度でいいから・・・大好きな人に抱きしめられたいって、そんなに難しいこと?
そんなに贅沢?
・・・一度でいいから、そんな経験ができれば。
アタシはモグラの親父にだって、尽くして添い遂げて幸せな結婚ができそうなのに。

良妻賢母のプログラムがインストールされているから。
アタシが・・・結婚できないのは、恋が諦められないから。
恋と結婚は別。
結婚は、できると思う。物理的なことだから。
恋愛は、できないの。
感情のものだから。

なぜ、諦められないのだろう・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いじめ倒す。 | トップ | 結局1年。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-06-24 20:55:35
自分を安売りしちゃだめだからね~
だいじょぶ(^_^)v
君はいい子
泣いてしまいました。 (☆妙齢乙女☆)
2014-06-25 16:36:17
本当に、ありがとうございます:。;
とても、とても救われる一言です。

粗品進呈ばりに、配布する崖っぷちで・・・。
もはや、サンプリングの域です。
受け取ってくれる人がいるだけ、ありがたいのかな、って。
受け取ってくれるなら、ゴミまで堕ちてはないのかな、って。
人生どこで間違えたのかな、って・・・四六時中、考えている毎日に。
こんなに優しい言葉をかけていただけると、涙が止まらないのです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事