妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

オーダーミス

2016-10-29 20:55:27 | 日記
執着すまい。
都合の良い女でいい。
彼に快適さを与えてあげられる女でありたい。
私は彼に、一ミリだって、一グラムだって、責任も重たさも背負わせるつもりはない。

そう唱えながら。
それでもいいから、彼との時間を続けたい。
彼と一緒にいたい。

でも、同時に心に同じだけ、暗い影を落としてしまう。
私は都合の良い女でしかないのだろうか?
私は、セフレということになるのだろうか?
私が思う気持ちの数パーセントも、彼は私のことを思ってはくれないのだろうか?

都合の良い女でいい。
都合の良い男にすればいい。
そう歯を食いしばって、決意したのに。
彼のことを好きになればなるほど、辛く苦しい。
彼と一緒にいたいから。
彼に便利さを提供するのはいとわない。
だけれど。
彼との時間を持ちたい、彼とずっと一緒にいたい、と思うことと、便利でいることは矛盾する。

彼の誕生日に一緒に過ごせなかったり、クリスマスに一緒に過ごせなかったり、するのだろう。
過ごしたい、と言ってはいけない気がして…辛いのだ。
かといって、彼が他の誰かと過ごしているのかも定かではない。

彼に結婚を迫るつもりはない。
養育も迫るつもりはない。
だけれど…彼と一緒にいたいし、彼みたいに好きになれた人の子供が一人でも生めたら、私が女性として、人として生を受けたことに感謝できる気がするのだ。
人として生まれてきたことを、ずっと後悔して悲しんできた私に、そんな逆転の可能性をくれる稀有な存在が彼なのだ。
でも、便利でいるために、彼に負担を背負わせないために、彼に依存すまい、とは心に言い聞かせてる。
本当は頭の先から爪先まで、彼に依存したくて、彼のことしか考えられないくらいだけれど。
長年、一人で立ってきた私なのだから、大丈夫。
見せ掛けだけは…一人で立てている。
こんな私を知っているのは、ここの文字たちと、私がすべてを打ち明けているとある人だけだ。

彼が欲しい。
彼との未来が欲しい。
そして、それを覆う蓋が欲しい。
彼への気持ちが大きくなればなるほど。
仲が深まるほど。
蓋が出来なくなっていく…

私は、これから、どうなるのだろう…
捨てられてもいいから、遊ばれてもいいから彼が好き。
そう思って飛び込んだけれど…嫌だ。。。
彼との時間が…続かないことが、怖くてたまらないのだ…。

なぜ、幸せな恋ができないのだろう?
こんなに幸せな恋を、オーダーし続けているというのに…………………
目の前にいる彼は…あんなにも近しいのに。
目の前にいない彼は…果てしなく遠い気がして。
不安で気が狂いそうになる。

頭がおかしくなるほどの恋がしたい、と思ったからいけないのだろうか。
そのオーダーが、通ってしまったのかしら。

違うの。
彼と頭がおかしくなるくらい、理性が飛ぶくらいの激しい恋をして…幸せになりたいの。
それがオーダー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お酒 | トップ | 麻痺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL