いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

立喰い寿し すし処おかめ@築地場外市場

2017年01月02日 | ⇒B級グルメ

ここ数年、日本人の姿を見つけるのが難しいぐらい多くの外国人が押し寄せる築地場外市場。



場外市場の飲食店はどこもかしこも行列ができ、歩くのがままならないほどの人、人、人の混雑ぶり。



この日は、ちょっとでいいから、おいしい寿司が食べたく、築地四丁目交差点すぐそばに店を構える立ち喰い寿しのすし処おかめへ足を運ぶ。 
ここもやはり行列ができており、その中には外国人観光客の姿もある。



待っている間店頭に掲げられていたメニューを見ると、立喰いとは言え、そこそこいいお値段。
ここは単品注文ではなく、セットメニューがメインの立喰い寿し店のようだ。



この日は10分ほどで店内へ。
店内はカウンターのみで、5人も入ればいっぱいの小さな店舗。



板さん2人で切り盛り。
テーブルに着くと、カウンターに新しいバランが置かれ、空の湯呑みが手渡される。
お茶はテーブル脇に置かれたポットに入っているのでセルフで注ぐ。



今回はまぐろづくしにぎりを注文。:1500円
にぎりはどんどん出てくる。

赤身


ネタの上にはすでに醤油が塗られた状態で出されているので、そのまま口へと運ぶ。

クチに赤身のにぎりを含んだ瞬間、まぐろのいい香りが口いっぱいに広がる。
水っぽさは一切なく、ねっとりとした舌触り、食感共に思った以上の満足度。




中とろ


見るからにきめ細やかなサシでなめらか。
シャリの量が少な目だが、それ故まぐろのおいしさが引き立っている。




大とろ


大とろはモノによっては脂がくどく感じることがあるが、これは上品。続けてまだまだ食べられる。



炙り


こちらは軽く塩がまぶされているのだが、これは衝撃走った。
他の握りももちろんおいしいのだが、炙ることで香りがさらに良くなり、炙ることで引き立つ脂具合をキリッと塩がまとめている。



いぬねこの中で、その寿司屋が本物志向かどうか判断する一つが鉄火巻なのだが、
今回、残念ながら指標となる鉄火巻がセットに含まれていなかったのだが、それの代わりとなる軍艦が出てきたので、
それにて判断することに。

軍艦


中落ちがたっぷりと盛られた軍艦はビジュアル問題なし。
もちろん先に食べたまぐろ同様ネタに問題なし。
ここで、一番注目すべき海苔はどうかと言うと、



全く問題なし。手抜かりなしだなここは。

立喰いなのに5貫で1500円とはさすが築地市場、強気だね~なんて食べる前は思っていた。
でもね、滞在時間わずか7分ではあるけれど、そんな価格も気にならないほど満足度高かったな~~。



ショーケースにはセットメニューには入ってなさそうな大きな帆立なども並んでいたので、
もしかしたらお好み注文も受けてくれたのかな???

いずれにせよ、まぐろはうまかった。


立喰い寿し すし処おかめ
住所:東京都中央区築地4-8-7


【記事:いぬ♀】 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日枝神社@赤坂 | トップ | 井上@築地場外市場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

⇒B級グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL