いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

中国酒家 大三元@太平

2011年05月19日 | ⇒中華/餃子

錦糸町周辺で評判の広東料理の店、中国酒家大三元

「銀座で評判の」と言えば、聞こえはすごく良いが、正直、錦糸町で評判良いって、どうなんだろうと思いつつ、
予約の電話を入れてみると、辛うじてカウンター席は空いているということだったので、予約してみることに。

大通りから1本裏に入った場所に店を構え、町の中華屋というには立派な店構えだが、
店の前には自転車が並び、地元客が多いことも伺える。



店内はさほど広くはない。
カウンター席は裏方の一部的で、ちょっと追いやられた感があるが、今回は我慢。
カウンターはおすすめできる席ではないが、裏方の一部なだけに店員の目は非常によく行き届いている。

アラカルトメニューも豊富のようだが、今回は手はじめにおまかせコース(5500円)を頼む。
コースは5500円~。


前菜:イシダイのサラダ


錦糸町という土地柄から(あくまでもイメージ)、大皿でどーーんと豪快に出てくるかと思いきや、
まるでイタリアンかフレンチの前菜のようなオシャレな盛り付けで、一人一皿で供される。

「ドレッシングとよく和えて食べてください」とのことで、皿の上でよく混ぜ合わせてクチに運ぶと、
まず何より、イシダイのうまさに驚く。



厚みもほどよくあり、もっちりとして、食感もよく、旨みがあり、下手な寿司屋や和食店より断然おいしい。
ドレッシングもイシダイのおいしさを活かす味わいで、まさか中華で刺身を使った一品が(しかもおいしい)
食べられるなんて夢にも思わず、いきなりテンション上がる


前菜盛り合わせ


右から、焼豚、シマエビの老酒漬け、ウニと山芋の煮凝り、くらげ。

焼豚は甘みの効いた味わいで、わずかにニンニクのような香りが広がり、
焼き目を感じる歯ごたえの中に、ジューシーなやわらかさがある。



プリッとしたシマエビはエビ自体の甘さと共に老酒の香りがしっかりと広がり、紹興酒によく合う。



ちなみに大三元では甕出しの紹興酒もあり、今回はビールの後はこの甕出し紹興酒で進める。



色合いは薄めで、香りよく、非常にクチアタリのよい、飲みやすい紹興酒であった。



前菜に戻り、この煮凝りはヒトクチサイズであるが、ウニの香りがぷわ~と広がると共に、
クチの中でジュワッと溶けるゼリーと相対する、底に敷かれた山芋のシャクシャクとした食感が、すごくよい。



お印程度のくらげの量だが、肉厚で、コリコリとした食感で存在感でかし。



格好だけでなく、一つ一つが個性を放ち、どれもがもっと食べたくなるものばかり。


蟹と筍のスープ


肉厚で甘い蟹は缶詰でも、冷凍でもないことが、すぐに判断できるほど。
筍も穂先の部分が使われ、サクサクと柔らか。



とろみのついたスープは上品な味わいで(物足りない味という意味ではなく)、ホッとする味わい。


アオリイカ、タイラガイ、ミルガイと春野菜の炒め物 ホタルイカソース


これまたどれから述べようか考えてしまうほど、よく出来た一品。
たらの芽、アスパラ、たけのこ、こごみ、菜の花、ニラのような香りがする野菜に貝と、
まず、目で春を楽しむことができる。



アオリイカは肉厚にカットされ、やわらかで、ホタルイカのソースとよく合う。
ホタルイカのソースは肝の部分も使われているのでコクがあり、塩辛のような味の濃さはなく、実にいい塩梅。



ホタルイカのソースにより、貝の甘みも惹きたてられ、実においしい。
言うまでもなく、貝がまたうまい。




渡り蟹のチリソース炒め


渡り蟹というと身は少なめではあるが、それでも、ほぐしていくと、それなりに嵩もある。
チリソースの味つけはほんのりと辛味が効きこのソースと白いごはんでも満足できそうな味わい。




そら豆だんごと車えびのマヨネーズソース合え


エビのすり身の中にたっぷりのそら豆。
エビの香りよりもこちらはホクホクのそら豆のいい香りが印象的。



普段、エビチリは頼んでもエビマヨは決して頼まないのだが、エビマヨもいいね、と思わせる一品。
エビ自体身がプリリッとし、おいしいこともあるが、ソースがコクもあるがくどさがないのが尚いい。
カシューナッツは食感のアクセントになっていて、下に敷かれたトマトもポイント高く、クチがさっぱりし、
無駄な組み合わせが一つもない。



↑ちなみにこの大きさで一尾というボリューム。


食事はラーメン、坦々麺、焼きそば、炒飯の中から選択。


坦々麺


量は、普通の半分程度。
麺は細めんだが、中華料理にありがちな麺のまずさはなく、ちゃんとコシもある。
スープはほどよく辛味が効き、こっくりというほどの濃厚さはないが、ゴマの香り広がる。




あんかけ五目焼きそば


こちらも量としては半分だが、具沢山。
イカ、エビ、豚肉に野菜もたっぷり。
一見、味が濃そうに見えたが、そばにあわせると、むしろ少し薄めにすら感じるが、
お腹が満たされた状態にはちょうどよい味付け。



最後のデザートは、マンゴーシャーベット、ライチシャーベット、杏仁豆腐、胡麻プリン、ココナッツババロアより選ぶ。

シャーベットはどちらも素材の香りがクチいっぱいに広がり、最後の〆にふさわしいデザート。



いや~ここは大満足
特筆すべきは魚介類の鮮度及び質の良さ。
そしてそれを活かした調理法と、中華料理には珍しい季節感溢れたメニュー構成。
そこにきて、味がいいだけでなく、盛り付けもよい。
その上、高級店のような敷居の高さはなく、下町ならではの気軽さが店の中に溢れている。
食事をしている最中も頻繁に予約なしの客が足を運ぶほどの人気で、席が空き次第、電話でご連絡しますと対応。

地元の人に愛されるのも納得だが、地元外からも足を運ぶのも納得のお店であった。

ちなみに、アラカルトメニューの場合、一皿のボリュームがあるようなので、
人数によってコースにするか、アラカルトにするか決めてもいいかもしれない。
但し、アラカルトの場合、仕入れ状況により出来ない料理もあるそうだ。


中国酒家 大三元
住所:東京都墨田区太平3-4-1
最寄駅:半蔵門線、JR錦糸町駅
電話:03-3625-9554


太平と言えば、以前、東京スカイツリー建設中のライトアップ見学(その時の記事はこちら)の帰り道にふらっと立ち寄った
『食堂川越屋(その時の記事はこちら)』というおいしい定食が食べられる店があったが、
錦糸町と押上の中間に位置する太平は地名こそマイナーではあるが、グルメタウンだったりするのかも。
まだまだ開拓の余地ありそうだ。


【記事:いぬ♀】

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おさんぽin入谷・下谷・根岸... | トップ | おさんぽin江の島(1) KOK... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ten-umi)
2011-05-19 20:25:36
上品な中華料理ですねイ♪
真鯛ならわかるんだけど・・・
石鯛のサラダは珍しいッ!
石鯛の微妙な旨みは鮮度と調理が
よくなきゃ出せないよネッ
テンちゃん・・・
石鯛を釣ってきてくれないかなぁ!?
ウミウミ

綺麗♪ (ひーこ)
2011-05-19 21:21:45
とっても綺麗な盛り付けですね。
ほんと、フレンチみたい♪

そして素材も良くてお味も美味しいなんて!
やっぱり流行っているお店は違うのですね。

美味しい中華がたべた~い
Unknown (またたび)
2011-05-20 00:55:52
すご~いっ、フレンチ料理みたぁい!

1つ1つ、盛り付け方が素敵~♪んでもって、
お味も最高だなんてぇ。

くらげのヤツとか、春野菜の炒め物だとかの
この盛り付け方は家で真似したくなるね。
あと海老マヨの盛り付け方もいただきっ!
コメントありがとうございます! (いぬねこ)
2011-05-20 10:24:49
★ウミちゃん★
へ~~~そんな繊細な魚だったんだね。
真鯛に負けないおいしさだったよ


★ひーこさん★
やはり中華といえども、盛り付けが綺麗だと、嬉しくなりますよね。
しかもここは、見た目だけでなく、内容がしっかりと伴っていたのがいいですね。
魚介メインだと満足感低いかと思いましたが、全くもってそんなことはなく、
大満足でした


★またたびさん★
この店、ランチ情報はたくさんあったけど、夜に関してはあまりなく、
予備知識ほとんどなしで訪れただけに、
いろいろな面でいい意味で驚かされたよ

ホント、すご~く凝った盛り付けというわけではないから、
これは家でも真似できそうな盛り付けだよね
盛り付け一つで味は変わるからね~。
Unknown (のむうつ)
2011-05-20 13:01:32
いつも楽しく拝見させていただいてます。
錦糸町在住なので、大三元に関して一言。
機会があればラージャン麺を是非ご賞味あれ、
辛味と酸味の秀逸な加減。韮と肉味噌の合作。
ちゃんとした食事としてももちろん良し。
二日酔いの時のランチにも、最高にマッチします。
★のむうつさん★ (いぬねこ)
2011-05-20 14:37:34
情報ありがとうございます。
これから暑くなる夏にぴったりな麺のようですね。
しかも二日酔いでもOKとは!!?
ランチに足運んでみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL