いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

支援物資@東京都庁第二本庁舎~都庁から被災地へ~

2011年03月21日 | ⇒東京 おさんぽ

3月21日の雨の祝日に、都庁へ支援物資を届けに行ってきた。
きっかけは、テレビを見ていたら、都庁で支援物資の受付をしているというテロップが目に留まる。
***都庁での支援物資の受付方法については下記に記載***



今回の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)において、
被害の大きかった宮城県にひとかたならぬ思いを持っているいぬねこは、何か役に立つことをしたいと、
あの日以来常々考えていた。

もちろん募金が手っ取り早く、いろいろなところで義援金募集が行われているのだが、
日本赤十字社宛の募金以外、一体このお金がどのように使われるのだろう?という疑問があった。

言うまでもなく、街が復興するためのお金に使われることぐらいは容易に想像でき、
最終的に被災された方々のためになるのはわかるのだが、現段階では具体的なものが見えてこないのと、
今、まさに今、避難所生活をされている方々にとって必要なのは、
お金以上に、最低限の水や食料であったり、生活用品ではないのだろうか、という考えに至った。

とは言え、どこに、どんな支援物資を送っていいかもわからず、日にちだけが過ぎていた。



最近の報道では、徐々に支援物資が被災地に運ばれ、寒さを凌ぐ毛布やダウンジャケットは十分足りてきている一方、
下着やその他諸々が足りていないとのこと。

日が経つにつれ、現地で本当にほしいものというのが刻々と変化している中、どうすべきかと考えていたところに、
3月18日から都庁が限定品目に限り、支援物資を受け付けているということを知る。



***都庁での支援物資受付について***
詳細はこちら。概要は下記の通り。

【1】京都内からの救援物資のみ受付

【2】受付品目(未開封未使用)
  (1)赤ちゃん用品
     熱さまシート 紙おむつ(新生児S, M, L, ビッグサイズ) おしり拭き ベビーローション 
     ベビーオイル 他 
  (2)高齢者用品
     大人用紙おむつ 介護用ウェットシート 介護食用とろみ剤 他
  (3)生活用品
     コンタクトのケア用品(洗浄液、コンタクトケース) 使い捨てカイロ 生理用品 紙コップ 
     サランラップ 他
  (4)飲料水

【3】受付方法(個人の場合)
  (1)宅急便(都庁へ直に来れない人が都庁へ宅急便で送る)
     宛先】東京都庁第二本庁舎1階中央「東北地方太平洋沖地震救援物資」受付窓口
     〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1
     電話:03-5320-4584
     【注意事項】
     ・物資をダンボール箱に詰め、氏名、住所、電話番号、品名、数量等記載した用紙を箱に入れる。
     ・箱には「東京都救援物資在中」と表記。
     ・送料個人負担

  (2)持参
     東京都庁第二本庁舎1階中央「東北地方太平洋沖地震救援物資」受付窓口 
     持参の場合、氏名、住所等聞かれることはなく、物資だけを渡して終わり。

【4】受付時間

   午前9:00~午後4:00(土日祝日もOK)

【5】受付期間
   都庁HPで確認のことこちら



まずはコレだ!!ということで、近所のスーパー及び薬局へ足を運ぶも、
一部のパニクッった自分だけ助かればいい根性の買占めババァの行動及び、マスコミに煽られた消費者により、
棚には何もない状態。
この件については追々ブログに記したいと思う。

また、あっても個数制限があったりで、思うように物資の購入ができなかったのだが、
何軒かの店をハシゴし、買占めにならない常識の範囲内で、受付品目を手に入れ、都庁へ向かう。
ちなみに購入したものは、大人用おむつ、使い捨てカイロ、コンタクトレンズ洗浄保存液、サランラップ、紙コップ、他。
↓コレ、実際に買った品々の一部。



祝日ということもあり、車の少ない都庁前の通りであるが、都庁第二本庁舎の前には車の列。
みんな同じ思いだという、同志に出会ったような心強さを感じる。



車は都庁第二本庁舎入口の一時駐車場所(無料)に停車させてくれる。



庁舎の入口は2階なのだが、入口に入る早々、目の前には集まった物資が品目毎に仕分けされた状態で
ダンボールが積まれている。



階段で1階に下りると、『東北地方太平洋沖地震救援物資受付会場』が設置されている。



受付では受け付けた人により若干対応が異なり、そのまま物資を預かってくれる人もいれば、
中身をザッと確認し、受付品目以外が持ち込まれると、「気持ちだけありがたくいただきます」と、お断りしている光景も。

実際の話、ライフラインも復旧していないところに、歯ブラシが何百本も届いたという、
良かれと思って支援物資をしても、ありがた迷惑な話になっているケースも少なくない。



この受付は都職員だろうが、救援物資の仕分けは、おそらくボランティアであろう。
仕分け作業の手順だろうか、新たに50人ほどのボランティアが山のようなダンボールを背に説明を受けていた。↓



こういうところは、事務的に処理されるのかと思っていたが、受付にいる方々は皆、
物資を持ってきた人に対して心から感謝しているかのようにな応対。

そんな彼らの手を少しでも煩わせないためにも、受付品目以外は持ち込まない
また、何種類か物資を持ち込む場合は、ただダンボールや大きな袋に入れて渡すのではなく、
品目ごとに袋分けし、その袋に大きく品目を記入したほうが、エコじゃないかもしれないが、
仕分けする側のことを考えると、手間が軽減され、効率よく作業が進むように思われる。



ボランティアをしている人をはじめ、こうやって、少しでも被災地の方々の役に立とうと
それぞれの人がそれぞれの思いを持って行動している姿を見ると、
離れた場所ながら、まさに助け合いの精神を、テレビや新聞からではなく、肌で感じることが出来る。

今は募金も、ネットでカード決済という手段もある。
もちろん募金は必要で、賛成である。
でも、それは、もう少し事態が落ち着いてからでも遅くはない。

いぬねことしては、まずは、被災した上に、まともな生活を送れていない避難所での生活を強いられている方々に
せめて最低限の暮らしができるようにしてほしいと思い、今回行動を起こした。



今までもいろいろな災害があり、世の中では義援金や支援物資を集める動きもあったが、
恥ずかしい話ではあるが、言葉ではいろいろ言っても、何も行動を起こしたことはなかった。

しかし今回、自らあの大きくて長い揺れの一部を東京で経験し、その後も大きな余震が毎日のように続いたからか、
それとも、約ひと月前に宮城に足を運び、大好きになった場所が大きな被害を受けてしまったからか、
とにかく、自分も何かの役に立ちたという強い気持ちになり、この身を動かすことにした。

この一連の文章を読んで、お前らのやってることって、ただの自己満足だろ?と思う人もいるだろう。

うん、そうかもしれない。
それでもいいと思う。

でも、何もやらないよりは、必要とされていることに、自分たちのできる範囲で、わずかなことではあるが
タイムリーにそれに応えること、
これを集団で積み重ねることで、大きな力になることは間違いないと思う。



某巨大掲示板では『やらない善より、やる偽善』という言葉があるそうだ。
まさしくその通り。
偽善だっていいじゃない。売名だっていいじゃない。パフォーマンスだって、お付き合いだって、何だっていい。
同じ日本人が大勢で困っているんだ。それに応えないでどうするんだ?

ラジオでよくやっている同情や哀れみ、激励のメッセージや応援歌なんて、
電気もまともに通っていない状況に置かれている方々にとっては、耳にも届かないし、それどころじゃないだろう。
否定はしないけど、それは事態がもう少し落ち着き、心に余裕が出来、
「生活」と言える暮らしが少しでも取り戻せた、次のステップに入ってからの話と、いぬねこは考えている。

まずは人間らしい生活ができる環境づくりが最優先。



海外でも、日本の災害のことを知り、募金に参加してくれている人がたくさんいる。
つい最近、自国で大きな災害に見舞われたニュージーランドの人ですら、力になろうとしてくれている。
都庁の救援物資は、未使用であればカイロ一つでも、飲料水のペットボトル1本だって受け付けてくれている。

「キミは何が出来る?」



↑まだ小学生にも満たない小さな子が、お姉ちゃんと共に大きなオムツの袋を2つ手にして受付に向かっていた。

いい歳した大人が指くわえて「誰かがやってくれるだろ?」というのはもうやめにしたいと思ったんだ。
今さら・・・と思っていても、今からでもできることはまだまだある。
カッコツケだって、偽善だって、ジコマンだって、やらないよりはマシ。

できっこないをやらなくちゃ。



※あくまで一個人のある日の日記としてアップしましたが、もし、誰かが『これくらいなら自分でも出来るかも?・・・』と思い、
 行動を起こしてくれる人がいればいいな・・・という思いも兼ねてアップしてみました。
 でも、受け止め方は人それぞれです。

ジャンル:
東日本大震災
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【宮城】東北地方太平洋沖大... | トップ | 高橋 優 / 福笑い »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (またたび)
2011-03-22 04:55:17
やったねっ!!!

自己満足、結構。偽善、おおいに結構。売名?
全~然オッケ。

いぬねこさんの言うよぅに、何もやらないより
なにか出来ることをやった方が絶対にいいと
思うもん。

寄付の1つもしないで、ど~のこ~の言う輩は
『やかましいわっ、黙っとれ!』って感じよ。

店の募金箱、少しづつ増えて行ってるよ~!!
この土曜日には、募金を募る会も兼ねた桜祭り
がナッシュビルであるしぃ。桜の撮影も兼ねて
どれぐらいの盛況ぶりになっているのか、参加
しに行くのが楽しみ!!(相方姉ファミリーや
相方姉のお友達たちも行ってくれるみたい

こんなに沢山の人たちが、物資のドネーション
に足を運んでくれてる・・・嬉しいね。
被災地では (かめきち)
2011-03-22 05:25:42
ガソリンが不足し、この3連休は6~8時間待ちがざら。待っている間、ラジオの応援メッセージを複雑な気持ちで聴いていました。「気持ちはありがたいけど、今欲しいのはガソリンなんです!」って。いったい国は何をしてるの!という思いでした。強いリーダーシップが必要ですね。
いぬねこさんの用意してくださったものは皆さん喜ぶものだと思います。素早い的確な指示と燃料さえあれば被災地にすぐ届くのでしょうが・・。
おはようございます (yukio)
2011-03-22 08:43:00
早速やってますね~偉い!

あとは現地で、全てに行き渡るように運搬する車と言うか何か手段があればいいのですがね・・・市の職員が車で運んでいるの見ていたら、あれでは限界がある。
皆さんの支援物資が早く使われるように願うだけですね。

主催者が… (kaitouwa)
2011-03-22 10:47:30
公の立場をこういう形で利用していただけるのは安心感があり、支援する側も訪れやすいですよね。

こちら(遙かな地)では、民間(始めて聞くような名前も沢山あります)の動きが主流で、公の立場の方々はやっているけどまるで目立ちません。

目立たねばならない事じゃないでしょうが、聞いた事のない民間主催の募金活動にどうしても不安を感じてしまうので…

他人事みたいなこちらの状況ってどうなのって思いますね。
こんにちわ ! (シャロン)
2011-03-22 13:15:00
救援物資、私も数日前に近くの受付場所に預けてきましたが、いぬねこさんの書かれているように品目ごとの袋分けやその内容を表示するのってとても大事やと感じました。
どんなボランティアも気持ちばかりが先だってしまいますが冷静で細かい配慮が大切ですよね。
私もダニエルもあまり深く考えずにできることを!!と思って賛美をあげましたが、いぬねこさんの画像を使わせていただいてよかったのかなぁ、なんて反省しています。
もし、差しさわりがあるようなら画像の差し替えをしますのでコメントでもマイログへのメールでもお知らせ下さい。
私たちふたりとも単純でそそっかしくてごめんなさい
コメントありがとうございます。 (いぬねこ)
2011-03-23 09:57:57
★またたびさん★
いまだに毎日続く地震も含め、被災地ほどではないにせよ、
少なくとも怖い思いをしたならば、人ごとではなくやはり何かすべきと思う。
言葉や音楽を届けるのもいいけど、それは募金なり、なんなりしてからの話。

またたびさんの記事も読んでいて、嬉しくなるね。
全然日本と関わりのない人たちですら募金をしてくれてるんだもん、
なおさらだよね。
桜祭りの記事、楽しみにしてるよ!


★かめきちさん★
今回の災害は被災地だけでなく、東日本全体に被害が及んだこともあり、
ガソリン不足は深刻化していますね。
昨日あたりから、地震の影響でストップしていた油槽所や出荷基地の機能が復活したとのこと。
緊急車両等優先のため一般にまわるのはもう少し時間がかかるかもしれませんが
少しだけ明るいニュースです。


★yukioさん★
全体からみたら、取るに足りないことですが、
それでも何もやらないよりはと思い、行動してみました。
集めたものが無駄にならないよう、うまく分配してほしいです。


★kaitouwaさん★
いろいろなところで救援物資の受け付けをやってはいますが、
一番恐れているのは、不要なものを送りつけてしまうこと。
これはお互いにとって、何のメリットもありませんからね。
そうならないためにも、公の機関でまとめてやってくれれば、
必要なところに必要なものを送るというコントロールができるような期待が持てますよね。


★シャロンさん★
救援物資はやはり時間との問題もありますから、いかに迅速に作業ができるかも
重要なポイントだと思います。
小さなことですが、たくさん物資が集まるところは特にですね。

画像の件ですが、全然問題ないですよ!
コメントにも記しましたが、お二人の讃美歌ととてもしっくりきていて、
画像からも祈りの気持ちが伝わってきましたよ。
Unknown (ちびた)
2011-03-23 13:25:00
こんにちは

さすがフットワークが軽いですね!

こういうところでボランティアで
活躍している方がたくさんいるんですね、
頭が下がります。
★ちびたさん★ (いぬねこ)
2011-03-24 11:46:39
なんでしょうね、
今回の災害は、人ごとではいられないというか、
何かしなければ!!という衝動にかられましたね。
こうやって表立たない方々の協力あってこそ、
支援は成り立っていると思います。
Unknown (たーたん)
2011-03-26 14:27:43
このブログを見て、少ない支援しかできないけど家にあるカイロ全部と
買占めにならない程度の物資を薬局で
購入してこれから都庁へ行ってきます!
★たーたんさん★ (いぬねこ)
2011-03-27 10:01:23
この記事を読み、実際に行動してくれる方がひとりでもいたことに、
記事にしてよかったと心から思います。
全体から見ると微々たるものだと思いますが、
まだまだ物質は足りていない現状。
一人でも多くの方がたーたんさんのように行動してくれたら、
ACじゃありませんが、大きな力になると思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL