いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

KICK THE CAN CREW / 千%

2017年06月25日 | ⇒音楽


2017/08/30リリース NEWアルバム収録

復活!キック!力強いリリックがたまんね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡崎体育 / Natural Lips

2017年06月24日 | ⇒音楽


2017/06/14リリース アルバム『XXL』リリース

かっこいいんだよ、かっこいいファンクなんだけど、
しょうもない日本語歌詞なんだよ、これww
うますぎるww




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミーズカフェアンドキッチン@銀座

2017年06月23日 | ⇒カフェ飯

鳴り物入りでオープンした割には今一つ飛べない東急プラザ銀座。



銀座シックスに客を持って行かれたのか、東急プラザ銀座内にあるMEToA GINZAのカフェ、
Me's CAFE & KITCHEN
ミーズカフェアンドキッチン)は週末のランチタイムだというのに空席あり。



オープン当初にここで夜カフェした時、ランチの内容がよさげな印象があったのでランチ利用で入ってみたのだが、
この空席は銀座シックスは全然関係ないことが判明する。



店内は窓際の日向エリアに2~4人掛けのテーブル席があり、日陰エリアはカウンター席と大テーブル席となる。
日陰エリアは満席のため、一旦は窓際の席に着いた客のほどんどが、早々に席移動をスタッフに告げるか、
店を後にするという事態w。

そりゃそうだ、窓ガラスが大きいから夏の日差しがギラギラ。
夏日だったこの日、もちろん店内はクーラーを効かせているが、この日差しには勝てず。汗がジワリ。



そんな日差しギラギラのテーブル席をあえて陣取るw。



こうも暑いとデトックスウォーターが目に涼やかでめちゃくちゃおいしそう。



ランチタイムは6種類あるパドルバーガー(ミニバーガー)の中から3種、もしくは全種チョイスできるものの他、
ワンプレートメニューが数種あり。



ランチタイムのワンプレートメニューはドリンクサービスがありとのことで、
ミネラルウォーター、炭酸水、デトックスウォーターから選ぶことができ、
2人であれば十分な量とのことだったので、デトックスウォーターにする。



ラズベリーベースのデトックスウォーターはラズベリーの甘酸っぱさが広がり、なかなかよい。




パドルバーガー ピックスリー:1480円


サイズはかわいらしいが、それなりにボリュームある感じに食材が挟まれている。

ビーフステーキはそれ自体さっぱりしたものだがアリオリソースがたっぷりなことで、コクをプラス。
野菜とのバランスもよい。



本日のホワイトフィッシュはメカジキ。
厚みがあることもあり、まるでチキンのような食感で、サクサクした衣といい、これはうまい。



小さなパンジーが添えられているソフトシェルクラブはバンズが小さいとは言え、
ソフトシェルクラブがはみ出している感じがイイ感じ。



こちらはカレー味で、3種3様異なるタイプのパドルバーガーはボリュームとしては少ないが食べていて楽しいメニュー。



一方、こちらのメニューは切なかったなぁ。

ランチステーキプレート:1580円


こちらのプレートはライスかパンが選べるので今回はライスにしたのだが、カフェ飯で白米は頼んじゃダメなパターンか?



ステーキはまずそのまま食べてみると、まぁ味がない。下味もそうだが、肉自体に味がない。
オージービーフなので淡泊なのは仕方ないにしても、これは切ない。



添えられた甘めな醤油のタレをかけると、今度はそのタレが主張してくる。
切なさに輪をかける・・・。
先のバーガーみたくアリオリソースでも添えてくれればまた印象は異なったのかもしれないが。



唯一おいしかったのはかぼちゃのスープ。
これはおいしかったけど、このランチステーキは失敗。
デトックスウォーターがサービスでよかったよ。



こちらのお店、オーストラリアのカフェ&レストランのこと。
オープン当初、特にそのことを知らずにここでお茶をしたのだが、フラットホワイトがあるなぁと注文したコーヒーは、
オールプレス・エスプレッソのものだったようだ。


フラットホワイト:580円 / オーガニックアールグレイ:680円


どおりでおいしかったわけだが、一緒に頼んだオーガニックのアールグレイも香り高くおいしかった。
ビーフステーキはともかく、それ以外に関してはどれもおいしく、もっと流行ってもよさそうに感じたのだが、ふと思いだした。



そう言えば、前回足を運んだのは冬で、その時も窓際の席だったわけだが、窓が大きいこともありかなり寒く、
ひざ掛けなどの用意もないので、長居するのキツイなぁってw。



窓際に限るが、夏は暑く、冬は寒いカフェw。
環境がいいエリアは大テーブルもしくはカウンター・・・。
東急の意向もあるのだろうが、なんかしらの手立て打てないのかね。
なんかもったいない。

ミーズカフェアンドキッチン
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 METoA 1F


【記事:いぬ♀】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BBQ@若洲海浜公園 2017初夏(1)

2017年06月22日 | ⇒動画/遊び/テケトー/その他

6月7日に梅雨入りした東京だが、この日は快晴、BBQ日和。
朝からワクワク、江東区立若洲公園キャンプ場へ向かう。(要予約



こちらのキャンプ場は利用料300円/人・日。
日帰りバーベキューと宿泊キャンプができる。
日帰りバーベキューは朝の10:15から21:00まで滞在できるので、日帰りでも思う存分BBQを楽しむことができる。



利用料が安いこともあり、週末の予約はなかなか難しい。



サービスセンターにて受付を済ませ、リヤカーを借りる。



指定されたサイトへ向かう。全部で117サイト。
利用人数や使用する機材等でサイトの大きさが変わる。



キャンプ場内には炊事場が5か所。
トイレが4か所ある。



また、キャンプ場手前には若洲アウトドアセンターがあり、
キャンプグッズのあれこれをレンタルしたり食材やドリンクなどを購入することもできる。



手ぶらでBBQセットはもちろんのこと、手ぶらでキャンプセットなんかもあり。
手ぶらでキャンプセットに魅力を感じたが、どうやら3人以上でないと利用できないようだ。残念!



また、以前にはなかったような気がするが、コインシャワーもできたようだ。
この日は利用時間が17:00までだったが、7月~9月までは利用時間も延び、宿泊する人にはありがたい設備。



じゃ、早速準備に取り掛かりますか!



今回もBBQコンロとケリーケトルの併用。
この日はほどよく風が吹いており、難なく炭に火が着く。



その炭をケリーケトルの火種となる松ぼっくりの上に乗せ着火。



水を注いでお湯を沸かす。
松ぼっくりのバワーはやっぱりスゴイ。すぐにストームが起こり、お湯が沸く。
※ケリーケトルの使い方などの詳細はこちら



準備完了、まず乾杯。



今回のBBQはナイスバーベ!でお馴染み(?)、だけだバーベキューを参考にアレコレやってみた。
また、さよならカールということで、カールも使ってみた。



まずはおつまみ作りから。
一品目は鮎の塩焼き。



塩で鮎のぬめりを取り、尾びれなどに化粧塩をし、全体に軽く塩をまぶしたら、
ちょっと雰囲気出すために串でクネクネとさせてみる。



遠火でじっくり焼くつもりで、炭のない場所に置いていたのだが、鮎の脂がスゴクッて、火が回る。



鮎じゃなくって、片面がニジマスみたいになっちゃったよw。



半面は細心の注意を払ったので、おいしそ~に焼きあがる。



アツアツホクホクの鮎、うまいな~♪

つづく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなと食堂@福浦浜 ~おさんぽin湯河原(5)~

2017年06月21日 | ⇒和食/洋食

前回のつづき。

らぁ麺屋飯田商店同様、オープン前から行列ができるという福浦漁港に店を構えるみなと食堂へ、
いろいろな意味での物足りなさを埋めるため、ランチのハシゴをすることに。



住所的には湯河原だが、真鶴に近いこちらの漁港は釣りを楽しむ人の姿も多い。

元気のいいおじいさんが駐車場案内をした後、どこへまず行くか案内をしてくれる。



席待ちの名前を書いた後、注文を聞かれる。



定食メニューがずらりと並ぶ。



なんとなく、漁港の定食屋ということで、そこそこリーズナブルなメニューが並ぶのかと思いきや、
2000円前後と単価としてはなかなかいい値段。



ま、それでも鮮度がいいならヨシとしようと、席が空くのをしばし待つ。

20分ほどして、外のカウンター席に案内される。



目の前が駐車場なので絶景が広がるわけではないが、それでも海を臨め、心地よい風を感じながら食事ができる。




特得定食:1950円


カサゴの唐揚げ、ミニしらす丼、おまかせフライ、ミニ刺身のセット。
カサゴはサイズ的には小さ目だが、パリパリに揚っていてビールが飲みたくなる。



ミニしらす丼はどこがミニなんだかさっぱりわからない普通盛りの丼だがw、ふっくらやわらかなしらすがたっぷり乗っている。
ほどよい塩加減なので醤油いらず。



丼には小鯵のフライがトッピング。これがまた、脇役でいながらうまかったりする。



おまかせフライはイナダ。
ふっくらと厚みあり。



ミニ刺身はちょっと色が悪いな。




金目鯛定食:2300円


こちらは半身の金目鯛の煮つけ、イナダ刺身、サバフライのセット。
どうしても金目鯛の煮つけと言うと、安房鴨川の食事処池田(過去記事こちら)を思い出すため、ちょっとしょぼく感じる。

タレの味は濃すぎず悪くないが、生姜が効き過ぎなのが残念。
魚にクサミがあるわけじゃないのだから、もうちょっと控えたほうが魚もおいしく食べられそうなのに。



サバのフライはサバ自体にあまり味なし。
先のイナダのフライのほうがおいしかった。



イナダの刺身はほどよく脂が乗っている。



こちらは鮮度は悪くない。



漁港の食堂とは言え、観光客相手の店なのと、ボリュームもあるので、価格含めこんなもんかなとは思うが、
魚のおいしさを期待してしまうと、ちょっと違うような気がする、そんな満足度のお店であった。


みなと食堂
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町福浦浜109−2


おさんぽin湯河原 その他記事
 リビングバーはまなす@土肥こちら
 石澤商店@土肥こちら
 らぁ麺屋 飯田商店 前編(醤油わんたん麺)@土肥こちら
 らぁ麺屋 飯田商店 後編(つけ麺)@土肥こちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加