いぬねこのおさんぽ〜御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

寿司処こうや 仙台駅中すし通り店

2016年05月31日 | ⇒東北・北海道 おさんぽ

仙台駅3階のすし通りに店を構える寿司処こうや

前回、同じくすし通り店に店を構える立鮨北辰鮨(記事こちら)がそうでもなかったので、
新幹線の時間調整に、知人に紹介されたこちらへ足を運ぶ。

 

店の外に貼られたメニューを見ていたら、良い所を少し召し上がりたいお客様に★という魅力的なメニューが
通常1650円のところ1290円に値下げされている。
ちょこっと寿司をつまみたい派としては価格的にもこれはイイ。

 

店内はカウンター席とテーブル席があり、ショーケースには見るからに質のよさそうな刺身が並び期待も膨らむ。

 

こちらのお店、地酒のラインナップもなかなかよいとのことだったので、ビールではなく、日本酒にしてみることに。
メニューは宮城のみならず東北を代表する有名銘柄の他、初めて目にするものもあり。

 


特別純米辛口原酒 大沼屋:900円


これがうまかった。
濃厚な味わいで、辛口とは言え、ドライすぎることなく、でも後味はスッキリ。クイクイススム。

そんな日本酒のお通しは、予想に反し、こんな立派な盛合せが出てきた。



ほんのりと下味がつけられた海老にめかぶと山菜。




五六八(いろは):1290円


本まぐろ中とろ、鯛、ホタテ、ぶり、いくらの盛り合わせ。

見た目キレイな本まぐろの中とろは期待していた中とろ感はなく、あっさりめ。



鯛はフツー。



ほたてはそれなりに厚みも感じられる。



ぶりは上に乗っている薬味がちょっと主張しすぎかな。



意外なことにというか、残念な話ではあるが一番おいしく感じたのがイクラ。
プチプチとクチの中ではじける。



いいところを少しずつねぇ。
コレ、通常価格より安くしてる風な書き方だけど、満足度的には割引価格の値段相応と言うか、ちょっと高いというか・・・。
三陸産というこだわりをなくせば、ここじゃなくても食べられるレベルかなという印象。



お酒を飲んだとは言え、結局3000円近くのお支払となったわけだが、
うーん、うまい酒に巡り合えたけど、お通し代が思ったよりも高く、寿司の印象も薄かっただけに満足度低く店を出ることとなった。

ここは寿司目的で足を運ぶより、寿司居酒屋の位置づけで足を運べば、また満足度も変わるかもしれないな。


【記事:いぬ♀】 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大衆酒場かぶら屋@池袋

2016年05月30日 | ⇒居酒屋/立ち飲み/お酒

サンシャイン60から東池袋方面へ向かっていたら、目にとまった大衆酒場かぶら屋の「立ち飲み」の文字。



店に近寄ってみると、店頭は立ち飲みだが、店内は椅子が用意されており、
ちょうどカウンター席が空いていたので、店内で飲むことに。

アサヒスーパードライ:380円


メニューを見ると、全体的にかなり価格が安い。




黒おでん(大根、黒はんぺん、玉子、昆布)


おでんの上には魚粉がたっぷりかかっている。



黒おでんというだけあり、色合いは濃いが、味はしょっぱいということもなく、
魚粉もかかっているので、味に深みも加わりそれなりにいける。



静岡では駄菓子屋でも売られているとの話を聞いたことがあるが、チープな味というわけではないが、なんか納得。


肉屋のメンチカツ:130円


アツアツメンチカツは玉ねぎも程よく入り、ジューシーで、味もよい。
ソースいらずのメンチカツ。




黒はんぺんフライ:100円


月島のレバーフライのように串に刺さって出される。
黒はんぺん自体に味もついており、これはハズレなしなつまみメニュー。




ニッカハイボール:280円


ちょい薄めなので、ついついおかわり。


もつ煮:280円


フツー。


もやしナムル:100円


一番人気メニューらしい。
男子は好きなんだねぇ、コレ。


鳥から揚げ串:150円



カシラ(赤・白):@100円


カシラ白は脂身のように見えるが頭肉とのことで、ヘビーさはない。
カシラ赤はこめかみとのことで、サクサク。

レバー:80円


しっとりさも残された焼き具合。



価格が安いので全然期待していなかったけど、安いけど、質が悪いと言う感じもなく、またボリュームも少ないということもない。

都内を中心に店舗をどんどん増やしているみたいだけど、ちょい呑み気分を満たすのに懐にも優しく、
仕事帰り、ちょっと一杯ひっかけて帰りたいおぢさんには特に使い勝手がよさそうな店だな。


大衆酒場かぶら屋 4号店
住所:東京都豊島区東池袋4-8-8

【記事:いぬ♀】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kishi Bashi / PHILOSOPHIZE IN IT! CHEMICALIZE WITH IT!

2016年05月29日 | ⇒音楽


2014/04/23リリース アルバム『Lighght』収録

キシ・バシはアメリカのバイオリニストでもあるKaoru Ishibashiのソロプロジェクト。
この曲をきいてると、なんだか心が跳ねてきて楽しくなってくる!


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

METAFIVE / Don’t Move

2016年05月28日 | ⇒音楽

高橋幸宏率いるユニット。

自然と体が揺れてくるカックいぃ〜グルーヴが魅力的。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チリパーラーナイン@九段下

2016年05月27日 | ⇒パン/バーガー/カフェ

ホットドッグ気分のこの日、靖国神社そばに店を構えるChili Parlor 9チリパーラー ナイン)へ行ってみた。



こちらのお店、店名からもわかる通り、チリにこだわりあり。



メニューはホットドッグの他、サンドウィッチやチリボールなどがある。
ファストフードではあるけれど、ジャンクフードではないことを謳っている。



こじんまりとした、ちょっと古びた雰囲気を醸し出している店内は雑然としながらもどこかオシャレにまとまっている。



2人掛けテーブルが3卓と4人掛けテーブルが2卓、窓際にカウンター席がある。



各テーブルには後述するコールスローとピカリリが置かれている。



ホットドッグにはやっぱりビールでしょ。
生ビールはカールスバーグでメイソンジャーに注がれる。



ホットドッグは4種類。
犬の名前だw。




ジョン:630円


ナインのすぐそばに店を構えるパン屋、FACTORYの全粒粉ロールに自家製ポークソーセージとトマトサルサにハラペーニョ。



自家製のポークソーセージは単品で食べても十分おいしいと感じる食感と味。
トマトサルサもトマトの濃厚さが感じられ、ほどよくハラペーニョが効いていて、素材のうまみがうまくまとまっている。



楽しみにしていたFACTORYの全粒粉ロールはソーセージに負けてしまったようで、存在感は発揮されず。
ただ、噛みきりやすいので、具がボロボロと下に落ちたりせずに食べることができた。


スヌープ:630円


こちらは、ベジタブルかミートのチリが選べるので、今回はベジタリアンで注文。
た〜っぷりとチリがかかっている。



チリと言うと、ちょっと辛いものを想像するが、ここのチリは辛さはない。
主役はあくまでも豆で、やわらかな豆は香りがクチいっぱいに広がる。
ソーセージも香りよいので、ベジタリアンチリとは言え、物足りなさなし。



コールスローは酸味控えめで、レーズンなど入り甘さもあるものだが、おいしくってついついおかわり。
そのままでもよいし、ジョンにトッピングしてもまたうまい。



ピカリリとは要はマスタードのピクルスのことらしいのだが、色合いからカレー風味の煮込み野菜と思っていたので、
すっぱくてびっくりしたが、カリフラワーや玉ねぎ、きゅうりなど入り、ヘルシー感あり。



野菜たっぷりのこの2品がお替り自由というのは非常に太っ腹。
嬉しいサービスだ。



ホットドッグというとジャンクフードなイメージがあるけど、確かにここのホットドッグはそれを一切感じさせず、
きちんと手がかけられた大人が楽しめるホットドッグであった。


チリパーラーナイン
住所:東京都千代田区九段南3-7-12


【記事:いぬ♀】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加