いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

トナリ 丸の内店

2016年07月29日 | ⇒ラーメン

東京ビルTOKIA 地下1階に行列の絶えないタンメン屋、トナリ丸の内店



とは言え、近くにある「つるとんたん」(うどん)や、「きじ」(お好み焼き)ほど常に行列ということはなく、その行列は時間帯によるようだ。



この日、閉店間際ということもあり、客はまばら。
タンメンがウリということもあり、女性おひとり様がタンギョウ(タンメン&餃子)を食べる姿もあり。



トナリについては、江東区の東陽町にオープン当初に足を運んだことがあるものの、また食べたいというほどの衝動には駆られず、
まして行列に並んでまで、という気にはならない店であったのだが、この日は『つけめん』の文字に惹かれ、再訪。



オーダー後、しょうがを乗せるか確認される。



たんめん:730円



麺の量は並で150gらしいので、量が少ないわけではないと思うが、最近、丼が大きい店が続いていたからかな、なんだか小ぶりに感じる。
その分、野菜の盛りがすごく多く感じる。



野菜、と言ってもほぼもやし。その山をかきわけ麺を取り出す。
平打ちの麺は短め。



まずはひたすらもやしを食べる。
時折、うっすくてちっちゃい豚肉などに遭遇。



スープは塩ベース。
あいかわらずしょっぱいなww


タンつけ:850円 



麺の量並:200g



たんめんを単に麺を別で添えた感じ。
玉ねぎのみじん切りが添えられているところが違う点か。



なので、つけ汁のほうにたっぷりと野菜がはいっているため、麺がつけにくい。



スープもつけめんとの違いはわからず。



このつけめんの存在、味の違いを楽しませる、というものではなく、
つけめんなので、タンメンのようにフーフーしなくても食べられますよ、というだけの話。



うーむ…、なぜここで行列ができるのかやっぱりさっぱりわからない。
単に値段か、濃い味か、それとも野菜たっぷり(といってもほぼもやし)とってる錯覚からか。



結局は好みの問題だが、再訪はまたしばらく間を空けてからだな。


住 所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
営 業:11:00 ~ 21:45 無休
最寄り:東京駅(京葉線改札)より徒歩約3分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大蔵運動公園@大蔵 ~おさんぽin祖師ヶ谷大蔵(4)~

2016年07月28日 | ⇒東京 おさんぽ

前回のつづき。

東京都立砧公園の目の前に世田谷区立大蔵運動公園という大きな公園があったので、
何かアテがあったわけではないか立ち寄ってみた。

 

ここは運動公園というだけあり、野球場やテニスコート、体育館やプール、ゴルフ練習場に陸上競技場といった運動施設が集まっている。

 

この日、陸上競技場では世田谷区内の私立高校の予選会が開催されていたようで、当時を思い出し、観覧させてもらう。
予選会に参加している当時の自分目線と、親目線を交えながらの観覧は時間が経つのも忘れるほど。



キリがないので、適当に席を立ったが、スポーツはやっぱりいいな。
ここから未来のオリンピック選手が登場するかもしれないな。



大蔵運動公園は運動施設があるだけでなく、小さな子供たちが楽しめるスペースが充実。



ブランコやすべり台、鉄棒やジャングルジムだったり、



必ず外に出られるようになっている迷路だったり、



本物の蒸気機関車もあったりする。



この蒸気機関車は昭和13年(1938年)に誕生し、東海道、山陽、東北の主要幹線から徐々にローカル線へと走る場を移し、
昭和51年(1976年)に廃業。現在に至る。
保存展示と言うよりは、子供の遊具の一つとなっている。



最寄駅の祖師ヶ谷大蔵駅及び成城学園前駅、二子玉川駅のどの駅からも少し離れているので、
車がないと不便な場所ではあるが、砧公園とセットでお弁当持参で足を運ぶのも楽しい公園に感じた。

ちなみに、夏季は流れるプールとウォータースライダーのある屋外プールも営業中。
1日券:大人1080円/小中学生450円
午後券:大人600円/小中学生250円

世田谷区立大蔵運動公園
住所:東京都世田谷区大蔵4-6-1

 
おさんぽin祖師ヶ谷大蔵 その他記事
 ウルトラマン商店街こちら
 バインミー アンディ@砧こちら
 東京都立砧公園@砧こちら
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パラダイスアンドブレッドカンパニー@小町 ~おさんぽin鎌倉 小町・雪ノ下(6)~

2016年07月27日 | ⇒パン/バーガー/カフェ

鎌倉野菜が購入できる鎌倉市農協連即売所がある鎌倉中央食品市場の一角に店を構える
PARADISE ALLEY BREAD & COパラダイスアンドブレッドカンパニー)。

こちらのお店、パンの販売だけでなく、カフェも併設している。
先客はなく、店主らしき人物がテーブルで作業中であったが、カフェとしてオープンはしていたようだったので入ってみる。



店内はどこか東南アジアの定食屋の雰囲気。
もともと市場の事務所や倉庫として利用していたスペースだったんだろうな。



店内には4~5人が席につけそうなぐらいの大テーブルが一つ。
朝はまだパンは焼けていないのか、否応なしにモーニングメニュー。



サーフィン趣味です的なマイク真木風オヤジがパンをカットし、それをフライパンで焼き、コーヒーを淹れてくれる。




モーニングセット:600円


実にシンプル。
店の看板商品でもある食パンのトーストにカルピスバターといちごジャムとゆで卵、それにコーヒーがつく。



なんてことのない一皿なのだが、運ばれると同時に酵母の酸味あるいい香りが広がる。

パンは表面カリサクで中もっちり。
バターなしでも十分うまい。



ゆで卵は半熟。



コーヒーは苦味がしっかり効いている。



本当はカッコよくデコレーションされた竹炭入りのパンや他のパン目的で訪れたものの、
朝はモーニングメニューのみでそれらを注文することはできなかったが、
シンプルな食パンがうまかったのだから、竹炭入りはもちろんおそらく他のパンもうまいとみた。



敢えての(?)地味なモーニングがパンのおいしさをより惹きたてていて、
ちょっとチャライ感じを漂わせつつも、本物を感じさせるパンであった。


パラダイス アレイ ブレッドカンパニー 
住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10


おさんぽin鎌倉 小町・雪ノ下
 鶴岡八幡宮@雪ノ下(前編)こちら
 鶴岡八幡宮@雪ノ下(後編)こちら
 鎌倉市農協連即売所@小町こちら
 デイリーbyロングトラックフーズ@小町こちら
 ハーブ&アロマ ハーツイーズ@小町こちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カテリーナ東京恵比寿

2016年07月26日 | ⇒スイーツ/カフェ

白地にステンレスを基調とした店舗が目を惹くCATERINA東京恵比寿カテリーナ)。
ここは神戸に本店があるというアイスクリームと焼き菓子のショップ。



店内には6席ほどイートインスペースもあったので、食後のデザートにと立ち寄ってみた。



奥のカウンターで注文。



アイスクリームメニューは20種類近くあり豊富だが、どんな色でどんな質感(アイスなのかソルベなのか)か目で見て確認ができないのが、
選ぶ楽しみを奪われた気分かつ、いちいち文字(メニュー名)で判断をしなければならない面倒さを感じる。

アイスって、抹茶が食べたいとか、バニラが食べたいという目的がない場合、実は見た目で選んでいることが多いんだな。



アイスクリームはカップかコーンを選び、1種もしくは2種盛りで420円。3種盛りだと480円となる。



ドリンクはコーヒーの用意もあり。




左)プラムとブラッドオレンジ 右)マスカルポーネアプリコットとラズベリー


マスカルポーネアプリコットに関しては、アプリコットというワードに惹かれ注文したが、見た目もそうだが、アプリコットの存在薄し。
きっと、目でそのアイスを見ていたら注文しなかっただろうな。



そんなマスカルポーネアプリコットはキャラメルのような濃厚さがあるので、
酸味のあるラズベリーソルベと一緒に合わせて食べるとちょうどよい。
ラズベリーは粒粒食感も残っている。



ブラッドオレンジはソルベでこれは間違いないおいしさ。さっぱりとする。



プラムは桃っぽい香りよりも梅感のほうが強い。こちらもソルベ。



う~ん、なんだろうな。
なんか満足度が低いんだよな。

それは先に記した通り目で見て注文できなかったこともあるが、盛りがしょぼい感じがしちゃうからかなぁ。



気温が高く、冷たいものが恋しい季節なのにお客がいないっていうことが腑に落ちるというか、
神戸では人気店かもしれないけど、同じく恵比寿にあるジャパニーズアイス櫻花(記事こちら)との差は大きい気がするなぁ。

カテリーナ東京恵比寿
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-12-10


【記事:いぬ♀】 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もんじゃ つきしま小町@月島

2016年07月25日 | ⇒B級グルメ

月島の大衆酒場岸田屋(記事こちら)で順番を待っている際、斜向かいに店を構えるつきしま小町という店がやたらめったら、人の出入りがあるのを思い出し、
ちょっくら行ってみるかと足を運んでみた。
ちなみに岸田屋は、軒を連ねるどのもんじゃ屋よりも待ち時間は長い。相変わらず長い。



この日は商店街の夏まつりが開催されていたからか、どの店もさほど混雑の雰囲気はなく、
こちらの店も一組待ちであったが、別店舗があるのか、先客はそちらへと案内されていく。

店内は鉄板がついたテーブルが10卓ほどでこじんまりとしている。



客層は家族連れ、カップル、友達同士と他店同様いろいろ。



この日はバカルディのキャンペーンをやっていたが、もんじゃはやっぱ生でしょ。



メニューはもんじゃの他、お好み焼き、鉄板焼き等。



まずはもちめんたいもんじゃを注文するも、チーズなしでいいですかと確認される。
一番人気はもちめんたいチーズなので再確認してくれたのだと思うが、チーズなしがよいのです。

もちめんたいもんじゃ:1200円


思ったよりもボリューム満点。
こちらのお店では頼めば店員がもんじゃを作ってくれるが、いぬねこは自分たちのやり方でもんじゃ作りを楽しむ。

まずはめんたいこを別皿に待機。



丼内に入っている、サキイカ、サクラエビ、キャベツ、もち、天かすなどザザッと鉄板へ移動。



その際、できるだけ液体は流さないよう注意。



ザクザクとキャベツやもちをカットしながら全体の具を炒める。
サキイカがかたまりやすいので、バランスよくほぐす。



別に避けていた明太子を加え、もう一度具材を混ぜる。



いよいよ土手作り。



中央から穴をあけ、ドーナツ状に形作る。



土手が完成したら、決壊しないよう、ゆっくりと生地を流し込む。



なんとか決壊を補修し、生地がグツグツとし出したら、全体を外から中へ混ぜこむ。



おこげができやすいよう、鉄板全体に生地をのばす。



できあがり!

いい具合におこげもできた。ビールがススム。



もちめんたいにチーズを入れるのは確かにおいしいけど、結構しょっぱくなっちゃうから、チーズなしのほうが飽きないんだよね。




たこキムチもんじゃ:1200円?


キムチと言えば豚が相性いいのだが、個人的に豚肉はもんじゃに合わない気がしたので、今回はタコにしてみた。

まずはタコとキムチを先に炒め、そこから残りの具材を合わせ炒める。



こちらもも決壊しないよう土手作り。



成功!



と言っても、すぐに崩すんだけどね。
たことキムチの組み合わせ、ハズレなわけがない。やっぱビールススムなぁ~、クゥ~。



何故ここが人気なのか。
もんじゃとしては味はフツーで特別秀でたものは感じなかったが、丼が運ばれた際に他店よりもボリュームがあるように感じた。
それもあってか、いつもなら3品ほど注文するところ2品だったこともあり、お会計の際安く感じた。

もんじゃという食べ物はおやつや酒のつまみみたいな食べ物の割に、意外といい値段になる食べ物だったりするだけに
ここは良心的に感じた。


つきしま小町
住所:東京都中央区月島3-20-4


【記事:いぬ♀】 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加