ねぎ置き場~ひっそり貯えるネタの貯蔵庫~

(自称!)青春系ダンスユニット○~まる~の左。ダンスやったり、表現したがりな三十路が送るブログエンターテイメント

切り絵の木々

2017-02-12 06:55:00 | ねぎ詩


コントラストを100%にした
木の部分と空の部分
全か無かの境目は明確
シャープな形を明らかにする

どちらが実態で
どちらが手に触れられない存在なのか
もはやわからない

空が切り取られたのか
木が切り取られたのか
もはやわからない

ただ無数の線たちが
美しい造形になり
冬の朝のハッキリとした空気と
マッチングして
何かの決断を僕たちに迫っているようにもみえる

どちらが本当で
どちらが虚なのか

もう少しすれば
薄いピンクに染められる季節がやってくる
そうなると日本の心に馴染んで
ちょうどよくの精神が蔓延する

ハッキリとした季節は頭をシャープにする
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日の親友に贈る詩 | トップ | 舞台上の散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ねぎ詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL