濱の与太郎

祭り!!ベイスターズ!!!そして写真が大好きだア~~

寒露(かんろ)

2016年10月11日 | ひとりごと・・
3連休の2日間は生憎の天気・・・しかし、農耕民族にとって春と秋の雨は恵みの雨
アジアの広い地域ではそう云われている。好天が続いて干ばつになると大変!!
とくに、春と秋の雨は“天からの恵み”そう受け止めなきゃいけないそうだ

さて、先週末から24節気は「寒露」夜が長くなり、露が冷たく感じられる頃である
その言葉通り、一気に気温も下がり、ようやく秋めいてきた
そういえば、数日前まで鳴いていた蝉(せみ)の鳴き声も聞こえなくなった・・・

また、そろそろツバメと入れ違いに雁(ガン)が北から渡ってくる頃でもある
雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ帰っていく
毎年、初めに訪れる雁を「初雁(はつかり)」という

前に書いたが、「雁」といえば、つい、“雁風呂”の光景をイメージしてしまう
フィクションであるが、なんとも切ない物語である・・・
詳細はバックナンバーから「雁風呂」で検索していただきたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DeNA CSファイナルステージ... | トップ | 御朱印と月見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む