濱の与太郎

祭り!!ベイスターズ!!!そして写真が大好きだア~~

きょうの暦

2016年11月08日 | ひとりごと・・
11月8日(火)東京は朝のうち晴れていたが、薄い雲がどんどん広がってきた
予報では、午後から曇り。夜遅くから「雨」だったが、雨の降りだしが予報より早そう
きのうから暦のうえでは「立冬」、これからは、ひと雨ごとに気温が下がっていく



さて、日中の時間がどんどん短くなってきた
普段、オイラの生活の中心は関東であるが、北海道と福岡に転勤していた時期がある
その際、地域によって“日中の時間”に大きな差がある!ってーことを実感してきた

ちなみに、きょう、11月8日、3地点の「日の出」「日の入」時間を比較してみた

根室=日の出6:02、日の入 16:01
東京=日の出6:10、日の入 16:39
那覇=日の出6:43、日の入 17:43

北海道の最東端である根室と東京を比較した場合、日の出の時間に大差はない
しかし、日没に関して、根室は東京より約40分も早く日が暮れる

また、根室と那覇とでは大きな差がある
日の出で40分、日の入に至っては、1時間40分の差があり、那覇の日中の時間は
根室よりも約1時間も長いってことになる



日中の時間が1時間も違うと、ライフスタイル、レジャー、仕事など、いろんな面で
行動パターンが異なってくると思われる

ちなみに、これは、オイラの率直な感想であるが、
冬期、福岡の場合、日の出時間は那覇と大差がない。それ故、まだ薄暗いなかを車で
出勤していく。その光景は、まるで夕方の帰宅ラッシュのように感じた

北海道はその反対で、午後3時を過ぎると一気に薄暗くなり、ポツポツと街灯が点きだす
そのため、そろそろ帰宅時間!?と勘違いをする。一度、帰宅スイッチ!?が入ると最悪、
正直、早く帰りたい!という衝動にかられ、以降、まったく仕事に身が入らない・・・



さて、冬場はこうしたことばかりじゃない
関東の場合、これからしばらくの間は空気が澄んで富士山をクリアに見ることができるし、
DeNAの秋季キャンプが行われている奄美では、横浜より約1時間長く練習できる
選手にとって辛いかもしんないけどね・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« U-23W杯「侍ジャパン」が初代... | トップ | 男気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと・・」カテゴリの最新記事