ありのままのまま

硫黄泉最高💖

犯罪者と呼ばれて 統合失調症患者 その1

2017年04月22日 16時00分37秒 | ツイッター




前回の話 プロローグ




統合失調症患者と仲良くなったきっかけは、なんだったか、正直良く覚えていなかったのだが

当時のスクショを見返していて

ああ、彼から歩み寄られたから私は受け入れたんだなと改めて認識







統合失調症患者とのやり取りを話す前に

前置きを…

統合失調症患者は私の友人とキャスで揉めた


内容なんかどうでもいい

とにかく私の友人が罵倒したのは事実だから


しかし、病気に詳しい人が、統合失調症とはどういう病気かを説明してくれ

罵倒した私の友人も、しっかり病気を理解して、

次の日統合失調症患者に『きちんと謝罪して、2人は和解している』




にもかかわらず、その『私の友人が統合失調症患者を罵倒したという事実』を

『私の友人を貶める手段』に使っていた人達がいた事実があり…

まあそれはまた、後のブログにて詳しく述べます





和解後

『統合失調症患者自身』が自分の好きな人を集めた、グループDMを作成した

招待された時のスクショが残っていた

もちろん罵倒した友人も招待されていた



ツイッター
ライン
フェイスブック


全部グループ作成者は、統合失調症患者自身

そこに私も招待された、というのが仲良くなるまでの経緯です








仲良くなったある日、彼が明日作業所に行くけど、朝起きれるか心配…

と漏らしてきたので、モーニングコールして起こしてあげるよ

と、電話番号を交換した

この当時、統合失調症とはいえ、かなり回復の兆しが見えていて

そんな病気を抱えているようには思えない位、元気だった


作業所へは3日間頑張って通い抜き

毎日、朝の通勤途中も〇〇へ着きました等マメに連絡がきていた

昼休みや休憩時間にも様子を伝えてきてくれ

これから働く準備=社会復帰に向けて頑張ると、かなり意欲をみせていた

もちろん私も応援していたし、励ましていた


休みの日には近所を散歩しながらキャスをしたり

………、一番印象に残っているのは1人で鎌倉まで出かけてキャスをしていた事


私とも、社会復帰したら一緒に出掛ける約束をしていた



しかし、3日間の作業所が終わってから徐々に、昼夜逆転の生活に移行してしまった…


何故なら、作業所の継続勤務に合格出来なかったので、少し自暴自棄になっていた…




普通の人だって転職したりする時の面接がダメになったら凹むよな?…

あれだけ頑張ると意気込んでいたのだから、相当なダメージを心に受けた事だろう…


せっかく朝起きて夜寝る生活が出来ていたのに…




当時、同じグループにいた皆が、それを直そうと手助けしていた


・昼はお散歩などして身体を動かす

・キャスは22時以降は禁止

・明け方にグループラインに通話しない

などなどの決まり事を作った




皆、普通に勤労する社会人の集まりだ

毎日毎日、明け方3時4時に、誰か話しませんか?なんてラインきたら、いい加減辟易するのも仕方ないだろう…


私も統合失調症患者に、呼吸が浅い事を指摘して

電話しながら掛け声を掛けてやり、一緒に深呼吸をして

気持ちを整えるやり方を教えたりしていた


自分を擁護する訳ではないけど…

私が出来る範囲でその時できる事をやってきた




ちょうどそんな頃、統合失調症で通院していた先の、担当医や受付の方と何かあったようで

転院したりして彼の精神はますます病んでいった

転院した事により薬の種類が更に増えた

これは処方箋の写メを統合失調症患者が送ってきて愚痴っていた


決められた約束を、守る事ができない統合失調症患者を、励まし、なだめすかし、時には怒り…

そんな感じのやり取りをグループ内みんなでしていたが……


精神を病んでいる統合失調症患者の彼に、それは『集団でいじめられている』と感じたのだろう


統合失調症患者は、とにかく夜中にキャスが、したくてしたくて

だったらこれからは1人でやりますと…

ある日

自分が作成したグループを、自分から抜けた


そして統合失調症患者は私達をブロックした

自分から関係を終わりにした


統合失調症患者自身が作成したそのグループは、たった1ヶ月しかもたなかった





グループを抜けた統合失調症患者は、以前から親しくしていた女性達に、

どういう内容でどう話をしたか不明だが

私達からいじめられていると話したようだ




ここで件の『電話番号掲載事件』が発生するのである



彼が私達と決別した後の、ある日の晩

統合失調症患者の携帯に、私の携帯番号から着信があったようで

それについて私は、間に入ってきた女性から文句を言われた記憶がある

正直どんな言い回しだったか、はっきりとは思い出せないが

とにかくしつこくつきまとうな

って感じの話だったと思う


しかし私はその時間『他人とライン通話』の最中で、統合失調症患者には電話などしていない

確かその女性に

『嘘つき‼️だったら証拠を見せろ』だか『証拠を出せ』だか

とにかく罵倒する言葉で言われ

私もカッとなり


それで統合失調症患者の、電話帳のページを電話番号を消さずにそのままツイッター上に、掲載してしまった


なんて浅はかで、罪深い事をしたんだろうと、今でもそれは反省しています


で、その着信履歴に残っていた私からの着信なんですが…

アイフォンのフェイスタイムという、アプリの誤作動でなる事があるらしく…


フェイスタイム誤作動参考記事



フェイスタイム誤作動参考記事


確かにたまに母からも

『電話した?何?』なんてかかってくる事があったので

なんで?とは思っていたが大して気にしてなかった


そして、そのフェイスタイムとやらを使うのをやめたら

母への誤発信も無くなった…


正直そういうのには疎いので、詳しい友人に教わるまで知らなかった


たまたま当時、一番通話回数が多かった、統合失調症患者の番号を勝手に選んでしまった

なんとも間が悪い誤作動だ



私を今迄犯罪者扱いしてきたグループ・団体には、未だに信じて貰ってないようだが




自分から嫌だと私の元を去った人を、私がわざわざ、追いかける性格ではないのは

私が今まで書き記してきている、他のジャンルのブログを、読んで頂ければ理解出来るはずなんだが…




まあ十人十色って事で、それは読んでいる人の主観にお任せします


そして統合失調症患者が駆け込んだ先のグループから、私は恫喝を受け始める


電話番号を載せた統合失調症患者本人からではなく

統合失調症患者を庇う人達・グループから…

私がツイートした統合失調症患者の、電話番号が掲載されたツイートのスクショを

こういう事をしていますとほうぼうに配る

欲しい人はDM下さい

実名出しますか?

この人こういう事してますので、お付き合い考えたらどうですか?

などなど

関係ない人達まで巻き込む…




統合失調症患者には

ツイッターも着信もなにもかもブロック等で拒否されていたので

改めて彼に届くよう声でキャスから謝罪

ツイッターで文字でも謝罪した





続き その2


















ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 犯罪者と呼ばれて 統合失調症... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
季節の変わり目君たち (企画屋)
2017-04-22 16:31:12
統合失調症の人は、私から見ると
精神病では無く物理的脳障害を罹患しています。
精神病の場合、一貫性が無くなったり、連続行動(意識無く)が主ですしw

まあ、何かの用心で当局を味方につけておき
生暖かい目で放置がよろしいかとw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツイッター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。