ありのままのまま

硫黄泉最高💖

九州旅行 黒川温泉 いこい旅館(混浴1)

2017年05月11日 11時03分51秒 | 混浴・温泉(DT禁)



5月5日金曜日

黒川温泉トップバッターの混浴はいこい旅館さんへ


温泉街中心から徒歩5分位かな










囲炉裏に火が入っていたから暑かった

冬は心地良さそうですよ




足湯に先に浸かりました

身体が冷えていたからか熱く感じたけど…

5分経たずに汗が…





それではいよいよ混浴へ

いこい旅館さんは、お湯巡りの人が入れる混浴は3つありました

あと、タイミング合えば貸切風呂が借りれます(湯巡りの人は4種類)

宿泊している方には他にあと3つの貸し切り風呂が…

(この宿は全部で12のお風呂がありますが、混浴に入れない女性はその数が減ります)




私達が行った時、だーれもいなかった

超ラッキー






一番入口の滝の湯
落ち葉は露天の味なので気にしない…






奥の打たせ湯に行くにはここをペタペタ歩きます

10歩位かな?





うたせ湯です

左右で水圧が違いますが…

ツボにあたると、とにかく気持ちいい

髪をばっさり切ったのはこの打たせ湯を心置きなく堪能する為でもある

立って肩に当てるので当然丸見えでございますね…






箱湯(内湯)






サウナ5分だけ入りました


サウナは内湯の中にあるので、私が出たら内湯に入っていた男性にびっくりされました






サウナ横には水風呂





お湯は湯の花がうっすら浮かぶ最高の状態

なんとなく硫黄の臭いはするけど…ほんとにかすかにって感じ

とろみがあって肌に吸い付く感じがあり…

もうすぐ50の私でもお湯をはじく…

源泉温度も高く80度

女性専用のお風呂に美肌の湯というのがあるのですが…

美肌というだけあって…

とにかく素晴らしい泉質です

誰もいなかったので、とにかくゆっくりのんびり入れました

成分的には硫黄、ミョウバン、塩って書いてあったかな







せっかくなので女性風呂にある立ち湯だけ試しに入ってきました



女性風呂は某国の団体様(約30人位)がドバーッと入っていらしてとても撮影できる状態ではなかったので
立ち湯画像は拾いですが…


身長150cmの私が頑張ってつま先立ちして顔が水面に出る水深130cm
もう少し深い位の方が楽しいかもなと個人的には思いました




しかし…とにかくどこそこ芋洗い状態だったので、女性風呂の方はゆっくり堪能できませんでした

脱衣所も某国の言葉が飛び交い

とにかくうるさかったです



温泉ってどちらかというと

静かに目を閉じてお湯が素肌に沁み入る感覚を堪能する場所なんだけど…



日本人も某国人もとにかくおばさんは団体になるとうるさい

私もおばさんだけど…

だから早々に退散しました

ちなみに某国の人達湯上がりに脱衣所で、文句言いながらストッキングを頑張って履いてましたw

あんなペタペタするもの、いきなり履くとか

私には真似できん










湯上がりに玄関先で作成の温泉たまごのおやつを

たまごのサイズはS

小さめなので2つずつ買いました

剥き方に性格が出てますね…www







お湯はかなり上質なので、

静かに入れるならまたリピートしたいかなぁ




実はここ宿泊の予約をしていたのですが…

諸事情により宿泊はキャンセルしたんですわ

こんなにうるさい某国人が泊まるなら、結果的に宿泊キャンセルは正解だったという事です…





確か混浴の方に、日本名泉100選に選ばれたとの記載の看板があったような…

今までの経験上、混浴にいる男性で大騒ぎしている人ってそういえば見かけないかな

それもあるから静かに入れる混浴の方が心地良かったりするんですよね



上がろうかなって時に割と人が来はじめたんだけど…

皆さんとにかく私を見ないよう目を逸らしてくださいました

黒川温泉に来る男性は多分温泉通の方ばかりだろうって事で

マナーがいいですね



ガン見は私と目が合わない時にお願いしますwww

(*ノωノ)


いこい旅館HP



続く…









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州旅行 番外編 神社との相性 | トップ | 九州旅行 黒川温泉 奥の湯(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。