まだむ日記

マダムの日常生活と大好きな旅行の日記です。

下山

2017-02-13 | Weblog
夜中の3時半モーニングコール
いや モーニング声がけにて起床
4時15分暗い中下山です。

溶岩の岩場を下るのは
登るときより神経を使います。
滑り落ちたり、転んだりしたら大変です。

6時半ごろから日の出です。
一面の溶岩台地は地球上とは思えない
光景です。




歩けど、歩けど、なかなか小屋が
見えてきません。
足は何となく千鳥足になったような感じ。


やっと かすかに小屋が見えてきましたが
これまた なかなか辿りつけません。








やっとの思いで小屋に着いた時には
抱き合って喜びの歓声でした。


小屋に着くと 我々を追い越して
帰ったチュチュさんがパンケーキの
朝ごはんを用意してくれていました。

火山頂上までの往復 よくも我が足で
歩き切ったものだと信じられない
気持ちである。
これも 押したり引いたりしてくれた
目に見えない大きな支えがあったからだと
思わずにはいられません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頂上の一日 | トップ | 砂漠の民 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む