まだむ日記

マダムの日常生活と大好きな旅行の日記です。

巨石文化

2017-07-18 | Weblog
観光初日の最初に訪れたのは
世界遺産にも登録されている
ニューグレイジは細長い通路と
その奥の広まった埋葬室からなる
通路付墳墓


墳墓正面の入り口の礎石は
5トン以上ある巨石
渦巻き模様が刻み込まれたいます。




埋葬室までの通路は20~30メートルあり
1年に1度夏至の日に太陽が墓室を
照らすように設計されている。
エジプトのアプシンベル神殿と
同じである。


通路は狭く 手荷物は小さなバック
のみ それもお腹の前に抱えて・・・
との御達し、
脇にかけると側面が擦れて
傷めるから・・・・と
太った人は 絶対両脇が擦れる
狭さ、身体は柔らかいからいいんだ。

確かに狭い、それも曲がっている
電気光を使って夏至の日を再現して
くれたが 曲がった通路を
反射しながら?か 墓室を照らした。

この巨石の渦巻き模様が
ミネラルウオーターのペットボトルに
模してあった。






 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイルランド共和国とは | トップ | タラの丘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事