まだむ日記

マダムの日常生活と大好きな旅行の日記です。

ヴィア・ドロローサ

2016-12-28 | Weblog
ヴィア・ドロローサとは
イエスが十字架を背負ってゴルゴだの丘まで
歩いた悲しみの道のことである。





イエスがよろめいて手をついたところ
石壁に手形がのこっているが??




女性がイエスの額の汗を拭いた所
そのハンカチにイエスの顔形がついた??





聖墳墓教会はあまりの人の多さに
イエスの十字架を立てた所の
近くには行けなかった。


ダビデ王の墓
エルサレムを中心とした国家を
作った伝承の王の墓である。
が 建物の中に大きな石棺に布がかけられて
置いてあるがその石棺の下の地中に
埋葬されているとのこと。


最後の晩餐の部屋
イエスが12人の弟子と最後の食事をした部屋は
レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐の絵」にある
部屋より随分狭い感じである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリーブ山から | トップ | キリスト生誕教会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事