ANCIENT METAL NATION

She is a member of Demolition Team

Sex or Die !

2017-03-07 21:59:47 | 与太話


今日の店内ヘヴィーローテーションはこれでした!
「BLUE BLOODまでやな~」「デルゲスのヴォーカルに声質が似てる」「ノイズの入り方が昭和で最高」「ディスドメスティック・ヴァイオレンス!」「ソドムのカバーってどれ?」 等々 色んな意見が飛び交い、ここまで熱くみんなであーだこーだと語り合える作品もそうそう無いかと思います! キャッチーでセクシー、危険で妖艶なメタルコアを是非!今まで聴いたことのあるあの曲やこの曲が華麗に蘇ります! 改めて推薦盤とさせていただきます!


SEX VIRGIN KILLER / Vazinism  ¥2592
ビジュアルショックスを今に継承する、SEX VIRGIN KILLER ファーストアルバム出ました!Xファンはモチロンのこと、メロディックパワーファンや、スピードコアなどのファンの方もまとめて魅了する甘く危険な作品!是非御一聴のほどを!過去の名曲の多く再録されています!ゲストも多彩!

(レーベルインフォメーション)
SEX VIRGIN KILLERはVo,Gt/Gt/Ba/Drからなる四人編成。 ヴィジュアル、メタル、パンク/ハードコアを基軸にノイズまでをも飲み込んでいく特殊生命体。 メンバーがGASTUNKからの影響を公言しているように日本のメタルハードコアの中でも異端中の異端の遺伝子を受け継ぎ、ヴィジュアル・メタル・ハードコアをより拡張させ、この2010年代において唯一無二の存在感を放っている。 今作「VAZINISM」は既発曲(全て新録ver)「I・BA・RA」、「SEX or DIE」、「Zero(0)」、「Virgin Killer」、「悪魔の歌 -Devil Song-」の5曲とソドムのカヴァー「Rock Out」を含む全13曲入り。前回シングル「crimson red ep」(♂盤、♀盤、2枚同時リリース)では、バンドの中枢神経"masa(Vo,Gt)"が追及する"泣き"の要素が露わになったが、今作においてもその美しいメロディは随所に散りばめられている。 近年ではAtsuo(Boris)がサウンド・プロデューサーとして携わっており、今作「VAZINISM」においてもレコーディング/ミックスを行いその手腕をいかんなく発揮している。マスタリングには前作に引き続き中村宗一郎(ピース・ミュージック)を起用。カヴァー・アートを「大友克洋GENGA展」のメインビジュアルなどで知られる河村康輔が担当。さらに歌詞提供としてBAKI(GASTUNK、MOSQUITO SPIRAL)、Takeshi(Boris)が参加するなど各方面の異彩を放つアーティスト達がゲスト参加している。

Vo,Gt - masa/Gt - Tozie/Ba - GAKI/Dr - Osamu

01. Dead End Breaker
02. I・BA・RA
03. Under The Hopeless World
04. Zero
05. Overkill
06. In Blue Eyes
07. 悪魔の歌 -Devil Song-
08. カリソメノイズ
09. Virgin Killer
10. Night Walker
11. Rock Out
12. サヨナラ 幻の君へ
13. SEX or DIE

こちらはオリジナルバージョン。再録されています!

 

VANISHING, 流血ブリザードとのツアーも控えています!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/7 | トップ | そしてCONFESSのニュー! »

コメントを投稿

与太話」カテゴリの最新記事