ぶろぐ猫の目

笑う門には福来る・・
実験中

ライフ 見ました。ラストが秀逸

2017-07-11 04:40:21 | 映画

ライフ

まずはYAHOOから

解説

『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサが

メガホンを取ったSFスリラー。

国際宇宙ステーションを舞台に、

火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を追う。

『ナイトクローラー』などのジェイク・ギレンホール、

エスピノーサ監督作『デンジャラス・ラン』にも出演した

ライアン・レイノルズ、

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

などのレベッカ・ファーガソンらが出演。

宇宙船内での手に汗握る展開に息をのむ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、

火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。

まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、

細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。

やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、

宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、

ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。


ここから先はネタバレ注意

見に行くつもりの人は読まないように

ストーリーは単純明快

ひねりもなく素直な展開

火星から採取したサンプルから生命体を発見し

それが、生存本能で人間を襲うという話

エイリアンと同じ

なもんで、2番煎じの感がぬぐいきれません

エイリアンソフトバージョンっていう感じです

どこかで見たような話です

最初に人間を襲うシーンも

エイリアンの様な、腹を食い破って出てくるというような

下品なことはしません

もっと上品に襲ってきます

見た目も、クリオネのように可憐な感じ

密室での追いかけっこもまあ

特段突飛な展開もなく

想定の範囲内。

しかしラストが秀逸

そうくるか~

でも内心、そうだと思ったんだ~

想定の範囲内w

真田さんは安定の格好よさ

もうハリウッド俳優ですね

エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワセダ三畳青春期 なんだ... | トップ | 冷えたギョーザも美味いんで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL