ぶろぐ猫の目

笑う門には福来る・・
実験中

大歩危から祖谷のかずら橋へ

2017-06-02 04:42:30 | どうでもいい話



吉野川ハイウェイオアシスを出発し大歩危へ向かいます


「はい大歩危つきました」って添乗員におろされたのが

モンベルのラフティングの基地、WESTWESTっていう

施設でした

なんやねんこれ

いきった田舎のねーちゃんが、えらそうに

門を開くと、そこから河原に降りるんですけど

なんやねんこれ

武庫川の渓谷の方がよっぽど迫力があるわ

大歩危って秘境だと思ってましたけど

全然ですね

そこから上流に大歩危駅があるのですけど

バスの車窓からみてたら

まだ駅の近くの市営の駐車場の方が

よっぽど渓谷らしい様相でしたよ


旅行会社とモンベルが提携してるのか

ラフティングもしない、じじばばのツアーなのに・・・

なんでこんな中途半端なところで「大歩危」ですよて言われてもね

また、この施設が、トイレは有料スペースにあって

普通にトイレ出来ないんですよ

しょうもない

わしは、もっと秘境中の秘境で

草木をかき分けていくのかと思ったら

県道沿いでした

しょうもない

んで、つぎにむかったのが

祖谷のかずら橋

祖谷とかいて「いや」と読みます

かずら橋も、県道沿いに大きな駐車場があって

そこから徒歩5分wwwwww

かずらで編んだ50mくらいの釣り橋です

一方通行で渡るんですけど

わたるのに金いるんですねw

笑える

渡ってみると、あしもとの隙間から下が見えて

結構怖い

揺れるし

なにが怖いって、スマホで自撮りしながらわたってて

もし、なにかのはずみでスマホ落としたらどうしようって

それだけが怖いw

おばちゃん連中は、マジで怖がってたわ

このメインイベントもまあ10分で終わりですわ

あっという間に終わってしまったこのツアー

見学らしい見学は

さっきの大歩危のWESTWESTで30分

祖谷のつり橋で30分

しょうみこれだけ

あとは、トイレ休憩と食事休憩だけ

すーーーとバスに座ってました

難波に帰ってきたのは夜の8時

ちょうど半日のツアーでした

バスが狭くて疲れたわ

あと、中国人ご一行は、おとなしくしてたけど

最後にバスを下りるとき

網棚に置いてあった、わしのお土産を

平気な顔して、もって帰ろうとしてました

「おい!」っていったら

「ソーリーソーリー」って謝ってたけど

なんやねんあいつら

そんなことはどうでもいいんですけど

今度行くときは、ラフティングしに行きたいですわ

祖谷かずら橋―高橋毅写真集
クリエーター情報なし
東方出版
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大歩危ツアー行きました | トップ | スギちゃん、飼い犬虐待か?説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どうでもいい話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL