ぶろぐ猫の目

笑う門には福来る・・
実験中

デジカメ

2016-10-18 04:28:04 | どうでもいい話

こち亀読み直してて106巻でしたか、デジカメの話がありました

1997年のころの話

今では考えられないでしょうけど

デジカメが普及してきた当時は、画素数も10万単位で

撮れる枚数も50枚とかが限度でしたね

わかります?w

そして、非常に高価なものでした。

私が、最初に使ったのが、フロッピーディスクを記憶媒体にした

ソニーのマビカでしたね

フロッピーディスクですよww

もう若い人は知らないでしょうね

3.5インチのフロッピーディスクが

当時の記憶媒体の雄だったんです

フラッシュメモリーなんか高すぎて手が出なかったっすよ

3.5インチのFDの容量が1.44MBですから

どんだけやねんって話ですけど

カラーの写真で(画素数もあるでしょうから一概に言えませんが)

5~60枚入ったでしょうか?

忘れちゃった

土曜日の夜になると、通信費の安くなる21時以降

っていうか、家族が寝静まる23時以降に、

パソコンを開いて、エッチなサイトをひらき

「裏本大全集」とかいうサムネイルを開いてですね

1冊の裏本を1ページから順番に見ていくのですけど

1枚開くのに

じーこじーこってじわじわ上から開いてきて

開き切るのに5分くらいかかるのに

中見たら、表紙とぜんぜんモデルが違ってて

表紙が、松下奈緒なのに

顔が出てきたら、ゆりやんれとりばーとかだったら

やりなおし!!!って

んで、ようやく、気に入ったモデルの本が見つかって

その、本の中から

重要な部分の映ったページを探し出して

開いて、ようやくそれをダウンロードして

3.5インチのFDに落とし込む作業・・

そうやって、何日も何週間も何か月もかかって

集めた、あの3.5インチのFD

いったいどこへ行ってしまったのでしょう

あの青春の情熱を一身に集めたあのFD


母さん、僕のあのFD、どうしたんでしょうねえ?

ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで

谷底へ落としたあの3.5インチのFDですよ

母さん、あれは好きなFDでしたよ

僕はあのときずいぶんくやしかった

だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから・・


そんなことはどうでもいいんですよ

ソニーの3.5インチFDを使うデジカメ

マビカは重宝しましたね、

写真を撮ってそのまま

FDをパソコンに突っ込めばよかったですから

よけいなソフトとか必要無かったですからね(たぶんw)

しかし

その後、どんどんカメラは進歩して、

安くなり、小型化され、画素数が増え、記憶媒体も小さくなり

驚く進化を遂げてますね

私も、何台か買い換えましたが

いまでは、海水浴に行ったときに

防水のペンタックスオプティオを愛用してますが

それ以外は、スマホのカメラで十二分ですもんね


でも、男の子はやっぱ、デジカメ

それも一眼レフに憧れます

いつか、デジイチでとった作品で

このブログを飾れるようになればいいですね

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポケモンGOで長生きですって | トップ | おそるべし、ずんだシェイク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL