ぶろぐ猫の目

笑う門には福来る・・
実験中

インベーダーゲーム

2016-10-16 05:15:12 | どうでもいい話

こち亀読みなおしてるんですけど

105巻にインベーダーゲームの話が載ってました

テレビゲームのはしり

一番最初は、ピンポンゲームでしたね

中学のころかな、

親戚の叔父さんにゲームセンターかどこかで

やらせてもらったんですけど

玉を棒にあてて跳ね返らせるだけのゲームなのに

なかなか棒に当たらなくて

いらいらした記憶がありますw

それからしばらくして

高校の時にインベーダーゲームが

爆発的に流行りました

ピコピコピコってインベーダーが動く音

チューンっていう砲撃の電子音が

いまでも耳によみがえります

名古屋撃ちってのが流行ってね

最後の列までインベーダーを進めると

攻撃してこないっていうやつ

わかるか?

そんなことはどうでもいいんですよ

まあ50年も生きてると

悪いこともしてますけど

悪いことのはしりが、

100円玉偽造w

当時のインベーダーゲーム、1回100円しました

小遣い3000円くらいの高校生が

なかなかできるもんじゃないのです

そんなとき

クラスの悪がき、前田君が

箕面の駅前のゲーセンだったら

偽造100円使えるでとか

いう悪魔のささやきをするわけですよ

偽造100円てのは

5円玉を重ねて棒にしたやつに

セロファンテープをふちにぐるぐる巻いて

100円玉と同じ直径にします

それを1枚ずつ、カミソリで切り離すと

5円玉のふちにセロファンテープが巻かれて

100円玉と同じ直径のコインが出来上がります

(前田君直伝)

んで、それをポケットにしのばし

箕面の駅前のゲーセンまでいって

店員の目を盗んで

偽造100円を投入するのですけど

前田君いわく

「勢いをつけて、投入!すべし」ですって

ふん!!て

投入すると・・・

3回に1回くらい成功しましたなあ

なつかしい

まあ、見つかるかもってびくびくしてたんで

あんまりやってても

たのしく無かったっすね

いい子のみんなは

そんなことやっちゃだめだぞ

いまの機械は優秀だから

そんなことできないでしょうけどね

40年も前の話、ゆるしてねー

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツコの知らない世界 LCC で... | トップ | ポケモンGOで長生きですって »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (猫太郎)
2016-10-16 19:16:49
猫太郎が小学生時代の80年代後半から90年代ね初め頃にもそんな類いの話がありましたね(^^;

ヌルヌルの洗剤入れたら金が出てくる(本当か謎)とか、なんかニュースで100円か500円幅のリング(ピンク色とかやたらカラフル)を使った偽造硬貨(硬貨ではないw)見たような?

韓国の500ウォン硬貨が当時の自販機では認識出来ず500円として成り立ち韓国人が荒稼ぎしたとかもなかったでしたっけ(;^ω^)

猫太郎達は丁度その頃流行ったガンダムのカードダス(PPカードって言ってたっけ)から2枚取りが出来るとか出来ないとかやってましたねw

う〜ん、純粋にアホだったあの頃に戻りたい(^・ェ・)



PS
どうでもいいですけど昨日ベストキッド4やってましたw
Re:Unknown (ねこ)
2016-10-17 04:48:20
まいろです~
ほんとに、あのころに戻りたいですね
いいかげんでアバウトで
なんでも楽しかったあのころ
嫌なこともあったでしょうけど
嫌なことは、わすれてますねw
もう一度小学生に戻りたいです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL