necock日誌

日々あったことや趣味をつらつらと書き綴るブログ

初めての弔電

2017-07-17 17:20:07 | 航海日誌
先日不幸があり、初めての弔電なるものを送りました。弔電て電報でしょ?って具合になめてたんですが、危うく告別式にも間に合わないかもしれない事態になり、焦りました(>_<)
結局、お通夜に間に合ったと聞き、業者さんに感謝です(^_^;)

弔電て、委託が主流のようです。
私は初めてでよくわからないからと電話したんですが、メッセージカードとメッセージ、オプションで線香とかつけるようです。ケチるものではないと思ったのですが、何故かプリザーブトフラワーもつけることになりました。最近流行りだそうです(笑)。結局祭壇に一緒に飾ってもらえたようで、一応一安心。
利用した業者は某電話会社で、お通夜のあった日の最終便19時に出発し、19時開始のお通夜に間に合ったとか…
「マジか?」とは思いましたが、一般的にはお通夜に間に合う方がよいとのことで、業者さんには感謝しかないです。
いくつかサイトを見ましたが、大体が14時までの受付でその日の夜のお通夜に間に合うというもののようです。

よく知りもしないのにギリギリに頼んでしまい、危うく間に合わないところでした。私が電話したのはお通夜の日の18時半…。まぁ催事場の住所がわかったのは15時頃でしたが、それでもすぐに動いていれば業者さんも焦らずに済んだはず…

とにかく勉強になりました。
そして喪服はあるけど、靴がないことにも気づきました(-""-;)こういったことは急にあるから準備を怠ると危険ですね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引っ越しからまもなく1ヶ月 | トップ | ソファを購入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。