ミジュマルにごめんなさいしなさい

ミジュマルグッズと小並感のレポートだよ

刀剣乱舞-ONLINE- アイライナー6種セット

2017年08月09日 | おもちゃ・グッズ

プレミアムバンダイにて2017年7月25日発売の
刀剣乱舞-ONLINE- アイライナー6種セット 6,156円(税込)を買ってみました。

プレミアムバンダイの商品ページ(販売終了しています)

審神者ようつくしくあれ
2015年にリリースされて以来、人気の留まるところを知らないブラウザ・スマホゲーム『刀剣乱舞』がコスメメーカーのクレアボーテとコラボ。6振りの刀剣男士をイメージしたアイライナーが、プレミアムバンダイで販売されました。


刀剣乱舞は、プレイヤーが日本刀を人の形に変えられる能力を持つ『審神者(さにわ)』となり、その力で顕現させた『刀剣男士』の中から自由に6振りで部隊を組んで、敵である歴史修正主義者が過去に送り込むモンスター・時間遡行軍と戦わせて倒してもらって、その野望を阻止し歴史を守るみたいなゲームです。
6振りでパーティを組んで敵と戦う、という部分はポケモンと通じるものがあります。ヒットポイントがゼロになったら、そいつは二度と戻ってこないところは違うけど…。
この記事を書いている2017年8月現在、『活撃/刀剣乱舞』というアニメが放送中で、それがわりかしハードテイストで上記のストーリーをなぞっているので気になった方は観てみるといいかもです。ゲームでは淡々と進んで1分もしないで戦闘が終わるけど、実際にはこんな過酷なことをさせているのかも?と思うとかなり申し訳なくなりますね。


そんな通称とうらぶですが、キャラクターがイケメン揃いということで女性に絶大な人気をもっており、そのためこのアイライナーのようなコスメから、バッグなどのファッションアイテム、さらにはジュエリーまで、女性をターゲットとしたコラボアイテムが数多く発売されています。
とうらぶのコスメはこれが初ではなく、以前に秘色というブランドからアイシャドウが2度出ていますが、そちらは推しのアイシャドウと同系統の色のアイシャドウを既に持っていたため、泣く泣く購入を見送り……。アイシャドウへらない!アイシャドウへらない!!
でもアイライナーだったら、使い切るのに年単位の時間がかかるアイシャドウに比べると、使い切って買い替えるサイクルがかなり早いのでこれならと思い今回購入に踏み切ってみました。アイライナーを6本同時購入というのはまず無い経験なんでおもしろいですね。お値段も一見高いように見えるけど、六等分したら1本あたり1000円ほどと、ドラッグストアで売っているものと大差ない価格なので、まとめ買いしたと思えば痛くない…かも。




パッケージはお菓子のお土産のようなしっかりした箱になっていて、一番上のフタをあけるとまずアイライナーのモデルになった6振りのイラストがババンとでてきます。アッこれ捨てたくない箱だ……!
キャラクターと色味は燭台切光忠・鶴丸国永(ブラック)、大俱利伽羅・ソハヤノツルキ(ブラウン)、加州清光・太郎太刀(ボルドー)で3色がそれぞれ2本ずつという構成。
ド定番色で普通に使えるのでありがたいです。ボルドー色は使った事がないので、どんな感じなのかが楽しみ。冬とかに活躍しそう。
鶴丸さんと清光はネットの方とシェアしました。




イラストが印刷された部分をめくるとアイライナーが現れます。店頭で売られているアイライナーのように個別に包装されているかと思いきや、そのまま箱にぶっ刺さっている!驚いたじぇ…
キャラクターの戦装束をもとにしたデザインがあしらわれ、各々の紋も入っています。とうらぶを知らない人からすると不思議なデザインかもですが、審神者がみれば紋と衣装であの刀剣だと一目で分かっちゃいますね。使い切ってもこれも捨てられない気がする。




今はようやく以前紹介したポケモンのラブライナーを使い始めたばかりで、このとうらぶアイライナーはまだ使っていないため使用してみた感想がかけないのですが、クレアボーテのアイライナーは評判よさそうなので心配とかはないです!
使いきりそうな頃合いに、第2弾が出てくれたり、そしてそこにもまた推しキャラがいてくれたりなんかすると良いなぁ。
ポケモンしかりとうらぶしかり、好きな作品のコラボ化粧品ほんとうにうれしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イオン GET!! POKE PINS ツ... | トップ | ピカチュウ大量発生チュウ!2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おもちゃ・グッズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。