星・物語・趣味

天体写真やSF・その他の趣味の記録

M42わずかな雲と霧の切れ間から

2016-10-16 18:41:28 | 天体写真
10月11日は、GPV予報を見ると、夜半には晴れそうでした。20時ごろ一眠りに入って、23時ごろ起きました。これで朝まで大丈夫でしょう。
さあ、出撃です。外に出て見ると、真っ白な暗さ(変な表現です)です。霧です。全く空は見えません。星どころか月も見えません。昨年はすぐ諦めていましたが、これだけ撮影できる日が少ないと、諦めるわけにはいきません。車で、まず、霧の様子の確認と撮影できそうな場所の探索です。しかし、これだけ濃い霧だともしかしたら全部だめかもしれません。そこで、近場で一番高い北の丘に向かいました。前にここから霧・靄の写真を撮影したことがありました。徐々に上っていくと、次第に霧が薄れていき、一番上の駐車場からは、オリオン座も見えています。しかし、ここは上って来る途中に夜間の照明が3~4箇所あって、駐車場を照らしています。見晴らしのよいところを諦めて山際に下がっていくとロッジの方の照明がものすごく明るくてとても撮影できません。仕方なく見晴らしのよい場所で撮影するしかありません。南の丘や展望台が見えたので双眼鏡で確認すると今にも霧に包まれそうです。選択の余地はありません。すぐに帰って一式持って設営しました。まずは、オリオンの大星雲です。撮れるうちに撮っておかないと、11月後半から全く撮影できない場合もあるからです。雪国はつらいのです。
6枚目に雲の来襲、一時的に霧に覆われたり、結局5枚しか撮影できませんでした。3分5枚の外に30秒5枚も撮影したのですが、どう処理したらよいか考え中(多段階露光は初めて)なので、出来上がったら次回載せたいと思います。今日は、3分5枚だけのコンポジ・処理です。
3分でよいので、16枚ぐらい撮影したいですね。

FSQ85 レデューサーあり 327㎜ EOS6D(SEO-SP4)iso1600
SXP赤道儀 アドバンスユニット
3分×5枚 ステライメージ7 フォトショップCC トリミングして拡大
2016 10/12 0:56~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月4日もチョイ晴れ | トップ | M42画像処理30秒入れてみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。