ジューンベリーに忘れ物

シンボルツリーはジューンベリー
どこかに沢山の忘れ物をしてきた気がして


エッ! そんなことって

2017-05-05 19:59:48 | あの頃
 NHKの朝ドラ『ひよっこ』に、夢中だ。
みね子の澄んだ心、すっかりファンになってしまった。

 今週は、みね子が集団就職で東京に着き、
初めての仕事に、悪戦苦闘する日々が続いていた。
 『頑張れ、みね子!』

 高校を卒業してすぐ、
列車で上野駅に降り立ったみね子。
 その不安げな表情と、
駅の壁に大きく張ってあった
『きょうからは東京の人です』のスローガンに、
もう45年以上も前の私が、共感していた。

 それはさておき、みね子と同じように、
私の友人の1人も、高校を卒業するとすぐ、
東京に就職した。

 彼のことを、幼友だちと言うのだろうが、
私はそう思っていない。
 彼に改めて尋ねたことはないが、
彼は、同じ保育所に私がいたことさえ、
記憶にないと思う。

 3歳児から保育所生活をしていた私だが、
彼=T君は、5歳児つまり年長さんの時に、
保育所に通い始めた。

 だから、私の方がはるかに先輩なはずなのに、
その待遇は全く違っていた。

 T君とY子ちゃんの2人は、
すべての子どもが登所してから、いつもやって来た。
 しかも、当時としては大変珍しく、
乗用車での登所だった。

 2人は、なかよく手をつないで車から降りた。
T君は、ワイシャツに上下そろいの半ズボンと上着、
Y子ちゃんは、ひだスカートにブラウス、ベレー帽だった。

 2人が玄関に着くと、沢山の子が出迎えた。
私も大勢の1人として、その集団の最後尾あたりにいた。

 帰りも、誰よりも早かった。
迎えの車が来ると、先生が声を張り上げた。
 「T君とY子ちゃんが帰りますよ。
さよならしましょう。」

 遊んでいた子ども達が、一斉に玄関へ集まった。
「T君、さようなら。」「Y子ちゃん、また明日!」
めいめい声を張り上げた。
 その時も、私は最後尾あたりで、
その様子を見ていた。

 Y子ちゃんはもちろん、
T君とも遊んだことも、言葉を交わしたこともなかった。
 すごく賢そうな2人を、遠くからだけ、
そっと見ていた。

 それから約10年後だ。
『若くして逝った友』と題してこのブログにも書いたが、
「中学3年の時だった。
担任が替わり、学級の雰囲気が一変した。
 それまで、さほど交流がなかったクラスメイトが、
打ち解け合った。
 自然、気の合った者同士が、さらに交流を深め、友情が芽生えた。」

 その時、私には、5人グループができた。
その1人が、なんとT君だった。

 1年後、彼と私は、同じ高校へ進学した。
彼は放送部、私は生徒会で充実した高校生活を過ごした。
 学級は違ったが、行動を共にすることが多かった。
夏のキャンプ、冬のスキーを一緒に楽しんだ。
 
 保育所の頃の近寄りがたさは、ウソのよう。
彼は、気さくで遠慮など不要な人柄だった。

 高校3年になった。
当然、私立大学への進学だって可能な家庭環境に、彼はいた。
 しかし、突然、東京のガソリンスタンドで働くと宣言し、
大学受験を回避した。

 何故、大きく進路を変更したのか。
その真意を知る機会はなかったが、
「東京で頑張るよ。」
彼は明るく言い残し、旅立っていった。

 そんな彼との再会は、大学を卒業し、
東京の小学校に赴任してからだった。

 彼は、その4年間で、
車整備等仕事に関する様々な資格を取得した。
 そして、会社からは、大きなガソリンスタンドの店長を、
任されるようになっていた。

 それだけではない。
その働きぶりは、
そこのガソリンスタンドを利用するお客さんからも、
高い評価を受けていた。

 数年後、遂にお客さんの1人であった、
車関係の会社社長から誘われた。
 結婚を機に、彼は好条件でその会社へ転職した。

 「こうして体を動かして働くのが好き。」
時々、顔を合わせ、酒を酌み交わすたびに、
彼が口にした言葉だ。

 会うごとに、彼らしさに輝きが増した。
人当たりのよさに、私も惹かれた。
 並みの努力ではないと思った。
保育所のエリート、そんな面影などどこにもなかった。
 誠実に仕事と向き合うビジネスマンだった。

 まったく職種は違ったが、大きな刺激を受けた。
併せて、自慢の友人として、胸を張った。

 30歳を少し越えた頃だった。
彼も私も、2人の子どもに恵まれていた。
 世間では、しきりに団地住宅の分譲販売があった。

 私は、思い切って人生初の、
大きな買い物を決断した。 
 
 その分譲団地の完成を待って、引っ越しをすることにした。
彼には、事前に転居を知らせるべきかどうか、迷った。
 
 私より4年も早く働き始めた彼である。
その彼より先に、分譲団地とはいえ家を持つ。
 余分な気遣いと言えなくもないが、私はためらった。
結局は、無事に引っ越しを終えてから、
知らせることに決めた。

 引っ越しの日が来た。
私は、5階建ての団地の1階を選んだ。
 多くの家族が、同時に引っ越し作業をしていた。

 急に、前の棟の同じ5階建てに、目が止まった。
心臓も止まりそうになった。

 引っ越し荷物を積んだトラックと、
芝生の広場を越えた、すぐそこに、
見憶えのある顔があった。

 「何、してるの?」
かけ寄って、声をかけた。

 ビックリした顔が答えた。
「君こそ、何、してるの?」
 「エッ!俺?・・・引っ越し!」
「どこに?」
 「そこ、目の前。・・・T君は?」
「エッ!俺?・・・引っ越し!」
 「どこに?}
「ここに。」

 同じ間取りの分譲団地の真向かいの棟。
しかも同じ1階を彼は選んだ。

 転居の知らせについては、
私と同じ思いでいたことを後で知った。
 その余分な気遣いに、
二人で手を叩いて大笑いをした。

 それにしても、北海道から東京へ。
そして、それぞれの道を歩んできた二人が、
再び、間近な所で暮らすことに。

 偶然とは言え、遠くて長い旅の途中、
そこでの出会いに、
 『エッ! そんなことって』と、
思うのは、私だけでしょうか。

 人生には、こんな面白いことがあるんだ。





  ジューンベリー 『開花宣言』
 
『友達』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しい店 み~つけた! | トップ | 想いは 色あせることなく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あの頃」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。