男の子育てと車との葛藤

3, 8歳息子達の育児の傍らカーライフも楽しみたい。育休修了するも手の痛み継続…

次男との付き合い

2017年03月21日 08時26分57秒 | 独り言
次男が生まれたのは4年前。前から決めていましたので初めての育児休職を一年間取り、次男と毎日向き合いました。復職後も休みの日の接する時間は妻より多かったと、言えます。お風呂に寝かしつけは勿論、離乳食に外での遊びやら… そうした事で次男へ思うことは多く、

父親でも濃密に子供と過ごせば一番になれる!

… なんて思ってました。しかし、現実はそんな甘いものではなく、4歳になってから特に顕著に、

今までの借りを返すかのように、

私との付き合いは我慢してたかのように、

母親にベタベタです。平日はともかく休日まで… ただ、私は子供を溺愛してるってわけではないのでそれならそれでも!と思うのですが、

現実はそう甘いものではなく、

次男が母親にベッタリ

妻がヘトヘトになる

私が叱る

ますます「お母さんお母さん」に

妻がイライラし、私にあたる
挙句、私は暇な役立たずに


もしかしたら、そう思われることを受け入れれば楽になるのかも? 世の虐げられている?お父さん達はそうなのかも? と考えたりもしますが、

それじゃ、私の人生の目的が達成できない。つまり、

凡人の私が仕事で偉業!どころか出世は全く見込めないし私も望んでいない。その代わり、出来ることなら

日本一の父親になりたい!

そう思ってます! これは本気。

しかし、日本一への道のりはホント険しい… 素直な子供達だけに下手な小細工は通用せずストレートに頑張るしかない。

その点、妻はとても上手いと感じます。

今朝も毎日だらだらしてる朝の風景に、

私が朝食のことでボケっとしてる次男を叱る

泣きながら母親に告げ口

早出の妻が遅刻しそうになりため息。次男なだめる

私、仕方なく無言

… こんな朝だけでどんだけ続いたのかな?

しかし、ただの愚痴。なんの解決にもならない。なんとか突破口を見つけます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻への気持ち | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。