安倍首相夫人日記

アメリカではトランプ親子が頭痛の種ですが、日本では安倍首相夫妻の甘さが問題

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

酷暑列島 猛暑日は今年最多 夏休み前に水着を着てプール事情をチェック

2017-07-22 15:27:01 | 日記
ことしは世界的に気候不安定ですね。

北日本では大雨ですが、九州ではこないだ大雨。
今日は関西では35度以上の猛暑日で熱中症に注意が必要。

ちなみに先日は中国で洪水、ギリシャでは地震。
さらにふだん雨が降らないアリゾナ州で鉄砲水で家族がまるごと流される事件。
神戸でも昔、鉄砲水がありましたけど、あんな海のそばで鉄砲水って
外人には説明してもなかなかつたわらないだろうなぁ。

サメとかワニの事件も多いですよね。
特にカリフォルニアではサメがビーチの沖で見つかって、夏休み中の
水着を着た子供たちのサマースクールに影響があったらしいです。
あーyoutube動画があったのに貼り付けできない

夏休みといえばプールは地域によっては普通の中流階級でも必需品。
日本みたいなくうきでふくらますのじゃないですよ!
それだけにプールで子供がおぼれた事件や、
プールにサソリやヘビが現れた!というニュースも日常茶飯事。
赤ちゃん用のプールも10ドルくらいで買えますけど、浅いだけで、
どうやって運ぶ??のっていう大きさです。直径3mくらい
水着着て大喜びしている子供は可愛いんですけどね。
水着通販2017で最新の水着をチェックして欲しいと思います。

ちなみにアメリカの夏休みは6-7月のだいたい2ヶ月。
8月からは学校が始まるらしいんですけど、まだまだ暑いですよね?
絶対。いくら6月が夏至といっても、乾燥してる場所ばっかりではないし、
ニューヨークとかボストンでは今年、東海岸では高温多湿で汗でべとべとらしいですよ。

いやいやいや大変ですよ。

外人といえば民進党の蓮舫代表。
本名は村田 レンホウでカタカナみたいです。
二重国籍問題は残念でしたねぇ。
まえからこの人の発言は日本人?日本の国会議員?って思ってたけど。
別に右寄りになる必要もないけど、でも、外国人って国政選挙では
投票権はないし、そんなもの議論も起きないくらい
ですから。

戸籍の開示も求められてたわけではないけど、まぁ一つの明確に説明する方法だった
んでしょうけど、これも戸籍による差別と戦ってきた人たちからはすこぶる評判が悪い。
まぁ住民票とは違いますからね。いろいろ履歴が出ちゃうし、家族の情報も出ちゃうし。
人に見せるものではないことは確か。

で、結局去年まで二重国籍だったらしく、過去参院選で「日本に気化済み」と書いてあったのが
虚偽記載だったと訴えられる始末

いいとか悪いとかじゃなくて、虚偽記載ってなるとそこは分が悪いですよね。


「長期間にわたり国籍法違反だった」ということも認めています。

ちなみに、オーストラリアでは二人の上院(元老院 )議員が二重国籍の違反(直訳)で
辞職しています。今年の7月。
蓮舫氏は最低でも代表は辞任するんでしょうかね??


http://www.cnn.com/2017/07/18/asia/australia-senators-resign/index.html

豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目 - BBCニュース
www.bbc.com/japanese/40640285

「オーストラリア緑の党のラリッサ・ウォーターズ上院議員は18日、二重国籍を理由に議員辞職を表明した。先週末にも、同じ緑の党のスコット・ラドラム上院議員が同様に、二重国籍のために辞職している。」

オーストラリアはアメリカのように連邦制で、「上院は、有
権者数に関係なく各州から12名ずつ議員を選出」(州は6つ)
下院(小選挙区)が人口に比例しているので、
特にオーストラリアでは大都市選出の議員
が多数を占めるので、バランスを取る必要性からこんな風になっています。

上院は比例代表というふうに制度的にもバランスを取っていますよね。
ここは日本でも取り戻したいところ。
だめなんですよ。衆議院と参議院でほとんど同じ選挙制度じゃぁ。


ちなみに、オーストラリアでも
オーストラリア上院慰安婦問題和解提言決議 - Wikipedia
なんてのが決議されてて、ビックリしますよね。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相夫人の英語力は?ど... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。