空梅雨の名古屋城

2017-06-18 | ◆名城フォトスケッチ

▲ 青空の下の紫陽花はちょっと不似合いかも



ここのところ、ちょっと名城散歩に行けなくて、
お堀のガチョウ夫婦とホシハジロがどうなっているか気になって、
週末に散歩してきました。

今年の名古屋の梅雨は梅雨入りの宣言時に降っただけで、
後は快晴の日が多く、6月って雨が降らないと朝夕涼しくて、
こんなに過ごしやすいものかとちょっとビックリしています。

お城の入り口には、早速放送されたばかりの
ブラタモリの宣伝看板が出ていました。
当然放送も見ましたが、地形(熱田台地)と城造り(名古屋の街も)の
関係が分かりやすく紹介されていて、
なかなか興味深く見られました。
と言うか、当時ここまで地形(台地)を理解して
城と街が造られていたことにちょっと驚きました。



話は逸れましたが城内は特に気になることもなく、
小鳥も観察できずで早足に通り抜け、
北側のお堀に向かうとすぐにホシハジロと
もう一羽、羽根がちょっと変形したマガモが見つかりました。
以前見たキンクロハジロはいませんでしたが、
この日見かけたカモはこの二羽だけでした。

そして西側のお堀に向かうと
やはりガチョウの姿はありませんでした。
多分どこかで保護されているんだろうと信じて、
また可愛いガチョウ夫婦が戻ってくるのを待ちましょう…


▲ もう完全にお堀の住人になったホシハジロ


▲ 羽根がちょっと変形?したマガモ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウルトラマン半世紀 | トップ | 名古屋城 七月のガチョウと狸 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。