社長ノート

社長が見たこと、聞いたこと、考えたこと、読んだこと、

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

筆洗 東京新聞

2016-10-31 08:25:52 | 日記
     *

 貧しい小学生の兄妹。兄がたった一足しかない妹の運動靴をなくしてしまう。ごみを回収するおじさんが間違って、持っていってしまった。イラン映画の「運動靴と赤い金魚」(一九九七年)である。
 兄妹は必死に捜すが見つからない。妹が自分の靴を履いた女の子を学校でたまたま見かける。兄と後をつける。小さな家から、あの靴を履いた女の子がお父さんの手を引いて出てくる。お父さんは目が見えない。兄と妹はどうしたか。靴を返せとは言わなかった。黙って、手をつないで帰ってくる。
 俳優の高倉健さんがこの場面についてかつて語っている。「貧しくて靴を買うお金もない兄妹なのに、それでも他人に優しくする心。それに僕は打たれてしまう」。
 正反対の嘆かわしい話である。国税庁によると、二〇一五事務年度に行った調査の結果、有価証券や不動産の大口所有者、高額所得者らの「富裕層」に指摘した申告漏れ所得は、前同年度比で約32%増の五百十六億円。富裕層対策を強化した効果だそうだが、現在の集計方法となった〇九同年度以降、過去最高である。
 税金によって社会は回っている。そのお金が貧しき人を助けもするが、富裕層に税を渋る傾向があるとすれば、社会の仕組みは成り立たぬ。
 お金はある。されど人や社会のためになる税金は…。あの貧しくも心美しい兄妹ならば、なぜと首をひねるか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自宅で夕食、牡蠣ご飯 | トップ | 今日も自宅で牡蠣三昧、石巻... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。