韓日合弁企業のバイオ医薬品生産施設完工=仁川?松島

2017-06-19 20:54:11 | 日記





 【仁川聯合ニュース】韓国の仁川経済自由区域庁は30日、仁川?松島国際都市でDMバイオ社の医薬品生産施設完工式を行った。

 同社は東亜ソシオグループと日本のMeijiSeikaファルマがバイオ医薬品分野でグローバル市場へ進出するために作った合弁企業。

 今回完成した第1段階の施設は、3万3000平方メートルの敷地に延べ面積2万1577平方メートルの規模で建設され、抗体バイオ医薬品が生産される。今後14万4810平方メートルの敷地に、段階的に設備規模を拡大していく。

 同社はまず、韓日市場への進出を念頭にバイオシミラーと呼ばれるバイオ医薬品の後続品を生産する。初めての製品として、2018年に乳がん治療剤を発売することを目標にしている。

 仁川経済自由区域庁の関係者は「世界水準のインフラを備えたDMバイオが韓国のバイオ経済をリードし、松島がバイオ先進都市になることを希望する」と述べた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「かける一膳分<トマト&a... | トップ | 北朝鮮、党代表者会控え市?郡... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。