+ NDD DISC REVIEW +

ndd a.k.a NO-DOUBTによるレビュー。音楽中心に徒然と。微力でもアーチストや表現者への還元に繋がれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■空気公団 / "あざやか"

2006年02月20日 | J-POP
あざやか

空気公団 / "あざやか"
(J-POP)
評価:★★★★☆

なんかメンバーが二人になったらしい空気公団の2nd。最初は正直「地味やな~」と思っていたけど聴き込むうちになんかとても良い作品だと思ってきましたですよ。

本当に地味なポップスなんだけど、とても優しくてほのぼのとしていて日だまりのような暖かい作品。SUGAR BABE・矢野顕子的な雰囲気もありつつオーソドックスなアレンジといい意味で癖のない等身大の歌、じわ~っと来る。お茶と和菓子と縁側な感じです。

M-4「みんなお誕生日」M-8「風に乗った言葉」M-10「あざやか」などは特に好きです。ラストの「あざやか」の出だしのイントロが泣けますね。

すごく良いんだけど、あんま売れなさそう。でもこういうのが普通に評価されたりすると嬉しいんだけど。

空気公団/あざやか
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■エミリー・シモン / SAME | トップ | ■安藤裕子/ \"Merry Andrew\" »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2006.2.20 矢野顕子 @すみだトリフォニーホール (鈴木貴久 Music Times)
今日は朝から雨。 静岡から電車でホールへ直行となる。 会場はすみだトリフォニーホールというコンサートホール。 初の鑑賞となる矢野顕子のコンサートはピアノでの弾き語りだ。 会場がまだ明るいうちに矢野顕子登場。 一礼をするとピアノの前に座り、弾きはじめる。 映画