+ NDD DISC REVIEW +

ndd a.k.a NO-DOUBTによるレビュー。音楽中心に徒然と。微力でもアーチストや表現者への還元に繋がれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■BILL EVANS / "Waltz for Debby"

2005年11月09日 | JAZZ/FUSION
Waltz for Debby

BILL EVANS / "Waltz for Debby"
(JAZZ)
評価:★★★★★

ビル・エヴァンス・トリオが61年にヴィレッジ・ヴァンガードに出演した際の歴史的ライヴ録音でもありJAZZ親父からカフェ男までみんな大好きなこの作品。

なんと言っても数々のカヴァーが存在するもいまだオリジナルを誰も超えることが出来ないJAZZ史上に残るクラシックM-2「Waltz for Debby」が素晴らしすぎます。タイトルどうりエヴァンスの兄娘デビイのために書かれたワルツ。ピアノだけで始まりベースとドラムが入ってくる出だしは鳥肌モノです。これほどの名演に説明は要りません。

またライブ録音ならではの客のフォークをカチャカチャ鳴らす音がこれまたいい具合に臨場感を出しています。この名演を目の前に飯を食ってるなんて贅沢すぎだろ~オイ!目をつむり目の前でトリオが演奏している様子を思い浮かべて聴くべし。

Waltz for Debby
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■冨田ラボ / \"シップビルデ... | トップ | ■Renato Motha & Patricia Lo... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
5 stars indeed !!! (Luxx)
2005-12-09 02:41:04
もうこれは傑作以上の傑作ですね。

私も大好きな一枚です。



★★★★★確かに!!
>Luxxさん (ndd)
2005-12-09 15:02:07
まさしく同感。

たまにむしょうに聴きたくなります。

美しすぎるよねこの曲。
Thanks for TB (og)
2005-12-09 23:23:56
トラックバックありがとうございます。

この作品をきっかけに、ビル・エバンスが好きになりました。

でも、レンタルCDを覗いたら、

スゴイ沢山CDがあるんでビックリです。

どれから手を出してよいのやら、、、迷います。
ありがとうございます (yamasan)
2005-12-10 02:48:16
TBありがとうございます。



映画を見たあと、部屋を真っ暗にし、ろうそくに火をつけて、ビル・エバンスのこのCDを聞きました。

映画などで使われると改めて、いい音楽だなあと

感じました。

結構、ジャズのCD持ってますが、また聴きなおさないと。

はじめまして (ノブさん)
2006-01-03 16:08:43
TBさせて頂きました。



お客の笑い声やグラスの音までが音楽の一部になっている、このアルバムは別格ですね。



分かりやすいのに奥が深いジャズの世界が大好きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
1961年6月25日、日曜日。 (アングルのバイオリン)
1961年6月25日、日曜日。 この日、ヴィレッジ・ヴァンガードにいた人たちは、今も生きているのだろうか。 ビル・エヴァンスは、この日、スコット・ラファロ、ポール・モチアンとの、
Waltz for Debby : Bill Evans (虹の彼方に三十路のおやつ)
Waltz for Debby ラジオで『Waltz for Debby』を聞いて、 とても心に残ったので、先日レンタルして見ました。 ジャズピアノです。 ライブ収録らしく、 拍手はもとより、時折聞こえる食器の音(と思われる)などが、 より雰囲気を演出しているようで、素敵です。
大停電の夜に~こんなイブも良いかもしれない (Osaka-cinema-cafe)
普段ロウソクはいつ使いますか? 誕生日に、仏壇(墓参りなども入れて)に、そして停電に。 本当にごくわずかしかないと思います。 この小さなロウソクの火が、こんなにも美しく、暖かく、 見る人を包み込んでくれるんだと、この映画を見て実感しました。 映画「大停電
ワルツ・フォーデェビー (音楽浸りの日々)
超大名盤のビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デェビー』 この印象的なジャッケットは何処かで見覚えがあるかもしれません。 ジャズクラブ「ビレッジ・ウ